It is not possible to live if there is no whisky.


by sakelife

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
日記~日々の思いを綴る~
酒蔵~酒への思いを綴る~
遊戯~趣味に関して綴る~
特攻~挑戦した事を綴る~
時事~気になる事を綴る~
議題~私的意見を綴る~
酒樽~酒の貯蔵所~
住処~Richardson place~
事件簿~日々の事件を綴る~
Success story~転職記~
Tokimeki Memorrial
Shadow Run Report
Marmalade Boy Report
Madara2 Report
DS

Link

粗茶の水博士のとろけるナトリウム
~粗茶さんの仲間の寄り合い所~

Uoo!Haa
~ゆる氏のmixi主婦日記~

はんてん屋
~日記をほぼ毎日更新する神~

へっぽこ戦記
~夫婦で三国志TCG生活~

天声人語風メーカー
~〇日新聞社風社説作れます~

mixi入口
~やっている人は使って下さい~



以前の記事

2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

大人の事情

親として息子にはやはりなって欲しくない人間というものがあります。

身近な人だったり、新聞やらニュースで知っただけの人物だったりとちょっと考えてみただけで私は色々と思い浮かぶのですがその一人にこういったタイプがいます。

例えば子供が音のなる玩具を欲しいと言うと

「そんなの子供騙しのつまらない玩具だろう。お前は携帯ゲームあるから良いだろう。」

経済力があって羨ましい限りですがそれでいいのでしょうか?
子供が欲しいという判断をして、それを自分が見てつまらないから買わない。
それは子供の為なのでしょうか?

ですが私も人の事は言えません。
子供と良くテレビを見ているとキャラクター玩具が欲しいと言われます。

その時私は大抵こう答えています。

「誕生日にでもばあちゃんにお願いしてみな」

こっちは更に最低な奴ですね。
言い訳としてはキャラクター玩具に6000円は財布事情からして厳しいのです。

しかし子供の欲しいという気持ちを大人の都合だけで拒否している点は変わりません。

かといって欲しいものを次々に与えるのは教育上良いはずがありません。
それこそ駄目人間確認になるでしょう。

ならばどうすれば良いのでしょう。

私の脳裏に一つの言葉が浮かびます。

無い物は作るしかない

頭中でサッポロビールの職員達が踊りながらそう告げます。

そうです。
作ればいいのです。

子供の教育的にも作ってやるのは良いはずです。

私自身も無い物を作ろうとビールやらを仕込んでいる事が楽しいのです。
この楽しさを息子にも知って欲しい。

私の心は決まりました。

息子の為に仮面ライダーディケイドベルトを作る事にしました。

長々と理由付けしましたが、要は金は出したくないだけです。

そんな訳で処女作として段ボールくり貫いて、三分ぐらいでベルト壱号を作ったのですが以外に好評でした。

あまりにひどい作品なので撮影すらしていないできばえであるにも関わらず息子の心を掴んだのはその適当さにありました。適当故にテープ止めも作品に反映されていました。息子はその隙間にカードを入れらる事に気が付き気分は完全にディケイドです。

しかし私は納得出来ません。
ディケイドベルトならやはりベルトサイドが開かなくてはいけないと思うのです。

そんな訳で腰巻き弐号を作りました。
中心部の回転構造は作成出来ませんでしたがサイドのスライドは再現出来ました。

いざ息子に渡したのですが反応はイマイチ。
理由はサイドスライドの為にカードが入れられなくなった事にあるようです。

そんな駄作は撮影する価値すらないので破棄する事にしたのですがどうしても自分も息子も納得するものを作る事にしました。

構想する事三日間。
サイドのスライド機構を無視して中心部の回転機構とカードが入れられるように仕上げなくてはなりません。
その上で我が家を徘徊する赤子がケガをしないものを作る必要があります。

難題です。

百円ショップあたりで適当に何か探せば楽に作れる気もしますがここまできて金をかけるのでは本末転倒です。

その難題をクリアして製作時間二時間をようして完成したのが下記のベルト参号です。

d0052701_2265990.jpg


正解な寸法やら一切図っていないですし、思いつくままに仕上げてみたので二度と再現できませんが材料は家にあった以下のものになります。

画用紙一枚
ビニールテープ
段ボールの切れ端少々
カラー付箋紙
磁石六個
毛糸の切れ端二本

下記の様にちゃんとカードも入れば回転もします。

d0052701_2271521.jpg


今持てる力はかなり出し尽くしました。
次に四号を作るなら改良点は有りますが今回はこれで納得できました。

こんな下らない事を真剣に取り組んでいる時が子育は以外と楽しいのかもしれません。
[PR]
by sakelife | 2009-05-09 22:18 | 特攻~挑戦した事を綴る~