It is not possible to live if there is no whisky.


by sakelife

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
日記~日々の思いを綴る~
酒蔵~酒への思いを綴る~
遊戯~趣味に関して綴る~
特攻~挑戦した事を綴る~
時事~気になる事を綴る~
議題~私的意見を綴る~
酒樽~酒の貯蔵所~
住処~Richardson place~
事件簿~日々の事件を綴る~
Success story~転職記~
Tokimeki Memorrial
Shadow Run Report
Marmalade Boy Report
Madara2 Report
DS

Link

粗茶の水博士のとろけるナトリウム
~粗茶さんの仲間の寄り合い所~

Uoo!Haa
~ゆる氏のmixi主婦日記~

はんてん屋
~日記をほぼ毎日更新する神~

へっぽこ戦記
~夫婦で三国志TCG生活~

天声人語風メーカー
~〇日新聞社風社説作れます~

mixi入口
~やっている人は使って下さい~



以前の記事

2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

欲望の解放

仕事は人員が減りながらの期末で、ようやくサマルトリアの王子に鉄の槍を買ってやらいには落ち着いてきた所です。
景気がこれ以上ヤバくなければ年末辺りにはロンダルギアに突入しますが、して欲しいようなして欲しくないような微妙な気分です。

私生活は子供の水疱瘡、喘息、発熱のコンボに有給休暇は削られ虫の息です。あとはもう欠勤までフォーゼの変身カウントダウンしかない状況です。

これ以上の有給を消化しない為には、先週遊んで頂いた方々のおかげでこどもたちがハマってしまった暗黒神にお願いするしかないのでしょうかと考えていたら先日の嵐です。
「台風かきたら休校するからね。」という脅迫電話に戦々恐々しながらの出社。
辛うじて呼び出しもなく帰れると安堵してれば、本社が台風で午後から閉鎖したと水を指される始末。
何やらイラっと来ますが台風の風の中を自転車で爆走するのは楽しいかったので良しとしましょう。

そんな日々の愚痴はここから辺にして、ここからが本題です。

昨年の夏から今年にかけて取り組んできた家作りもいよいよゴールが見えてきました。
その過程については、明後日あたりから勢力的に更新していこうと思います。

この過程は素敵な事であり、貴重な体験でしたが、このの期間はかに我が家では後回しにしてきた事があります。

遊びまわっていないのです。

家作りの打ち合わせなどの為にどうしても休日を裂く事が多かったのです。
そこに子ども達も体調不良になったりするから、五回の内に四回位は計画しても駄目になったりします。
つまりはほぼ何処にも行けないってことです。

ですが我慢もそろそろ限界です。

遊びにでます。
とりあえず明日からです。

第一弾としてここに行ってみます。

モンベルクラブ フレンドフェア 2011 横浜



目的は自転車通勤用にそれなりの上着を買いつつ子供を遊ばせることです。

で、そこまで行くのでついでにこっちも行きたいわけです。

横浜赤レンガオクトーバーフェスト2011

決してこちらがメインではないのですがまあついでですからね。
こちらは午後二時ぐらいにプラっといってみるつもりです。

突然ですが予定が合う(もしくはもともと行くつもりだった)方とかとご一緒できれば嬉しいです。
そんな奇特な方はコメントとかでご連絡下さい。

では本日も仕事に精を出します。
[PR]
# by sakelife | 2011-09-30 05:55 | 日記~日々の思いを綴る~

光吸収100倍の太陽電池を開発 岡山大、生活排熱で発電も

酸化鉄化合物「グリーンフェライト」を金属板に吹き付けた太陽電池の試作品

酸化鉄化合物「グリーンフェライト」を金属板に吹き付けた太陽電池の試作品

 光の吸収率が従来のシリコン製の100倍以上の太陽電池を、岡山大大学院自然科学研究科の池田直教授のチームが「グリーンフェライト(GF)」と名付けた酸化鉄化合物を使って開発している。

 この太陽電池はこれまで吸収できなかった赤外線も発電に利用できる可能性がある。池田教授は「赤外線は熱を持つものから出ている。太陽光以外に、火を扱う台所の天井など家中、街中の排熱でも発電できるかも」としており、2013年の実用化を目指す。

 GFは粉末状で、土台となる金属に薄く塗る。1キロワット発電する電池を作るコストは約千円が目標で、約100万円かかる従来のシリコン製に比べて大幅に安い。パネル状になっている従来型では難しい曲げ伸ばしができ、煙突や電柱に巻き付けるなど設置場所は幅広い。


という記事を見たのですが実に夢が膨らみますね。

私は寝ているときにどうやら相当量の熱を発散しているらしく、夏場は一緒に寝ている人たちにあっちにいけと言われます。

クーラーがついていても状況は変わらず悲しい思いを何度もしましたがコレがあれば寝ている間に発電できるという心の拠り所ができるから早く実現して欲しいものです。

まあ後、十五年位早かったら右手(人により左)で本当の自家発電
をできたのが悔しいです。
[PR]
# by sakelife | 2011-09-22 00:53 | 時事~気になる事を綴る~

時間価値という話題

「時間価値」~年収1千万円の人はなぜ郊外に家を買ってはいけないか

「都心に比べ、郊外の家は安い」
 確かに値段だけを比較すればその通りだが、実はこれが大間違い。なぜなら「時間価値」という概念がすっぽり抜け落ちているからだ。

 時間価値とは「時は金なり」ということだ。サラリーマンは労働時間を売っている。もし年収1000万円の人が通勤に往復3時間かけているとしたらどうだろう。年間250日働くとして、1日の稼ぎは4万円。1日8時間労働とすれば時給は5000円。時給5000円の人が通勤に3時間かけているということは、毎日1万5000円を浪費しているに等しい。通勤時間を少しでも有効に使おうと確実に座れる始発駅の近くでの住居を狙うと、かなり遠い場所になる。茨城県の牛久や埼玉県の鳩ヶ谷、熊谷あたりだ。このように地名に動物の名前がつく“動物園都市”をはじめとした郊外が、この先悲惨なことになっていくのは確実だ。

 わが国の人口は今後、減少の一途をたどる。ということは家が余る。いまでも全国で760万戸が供給過剰だ。したがって今後は住宅価格が下がり、いままで手を出せなかった都心の物件に住む人が増える。わざわざ不便な郊外に住む人はいなくなる。また住宅を持っているだけで値上がりするのは、完全に過去の話。この先値上がりするとしたら超都心の物件1%程度だろう。

 自分が通勤するわけではないから、都心から遠くても広い家がほしいという“昭和妻”の言いなりに郊外に家を買ってしまった人には気の毒だが、いまや埼玉や千葉の家は資産としての価値が激減している。売ろうにも売れずローンだけが残る“生涯監獄”となっているのだ。
 それでも「郊外は緑が豊かで環境がいい」とか、「物価が安い」と思うかもしれない。しかし緑が豊かということは、土地の利用価値が少ないということ。物価は安いかもしれないが野菜が10円や20円安いくらいでは、ローンの含み損にはとても追いつかない。

 しかもこれから郊外は不便になる。小売りのチェーン店が撤退していく兆しがあるからだ。現状でも郊外のスーパーは供給過剰だし、決して高所得とはいえない郊外の住人を相手にするのは商売として合理的ではないからだ。郊外からチェーン店が少なくなると離れた場所に買い物に行かねばならず、いちいちガソリン代やタクシー代、電車賃がかかる。むしろ高くつくのだ。
 また企業は急速に福利厚生を廃止している。全額払われるのが当然だった通勤手当も例えば「一律5000円まで」となる可能性もある。そうなれば昭和妻を説得してパートに出そうとしても近所に働き口もなく、通勤すればかえって交通費がかかってしまう。

 そして意外な盲点が子供の大学だ。郊外の自宅から通える大学は限られる。下宿させればまた出費が増えてしまう。
「トリレンマ世代」と呼ばれる現在30代後半の人たちは特に危険だ。彼らは晩婚だから、これから結婚して家を買おうという人が多い。彼らが定年を迎えるころは、年金支給開始年齢が70歳に引き上げられるだろうから10年間は収入ゼロになる。
 それなのに、そのころ子供が大学に進学する。しかも親の介護問題も起こる。ということは無収入のところへ、ローン、学費、介護のトリレンマ(三重苦)を抱えることになってしまう。

 もうおわかりだろう。郊外の家ほど高い買い物はない。それでもどうしても郊外に家を持ちたいという人を止めはしない。このマイナス成長時代に家を持つのは田舎にダムを造るようなもので、いわば“一人公共事業”。ある意味、立派な心がけだからである。



という記事がありました。
戸建を買おうという人間だとちょっと気になることが書いてあり目を通しました。
年収はそんなにないからこの定義には私はあてはまらないと思うのですが、ムカっときてしまいました。

目上視線とかはそういった記事を書く方なんでいいとは思うのです。
おっしゃっていることは至極当然。
間違った事も言っていないでしょう。

だというのにムカっときたのはこの記事を書かれている人が絶対に同じ所から同じ所に通勤なんてしていないだろとうのがヒシヒシと伝わってくることです。

通勤時間を無駄にしている?

自営業やっていて居住スペースが併設している方だけがこの定義では浪費がしていないになるでしょう。
ですが会社の近くに住むというストレスをこの人は一切考えていません。

ストレスで体調を崩すことで失われる時間とかはこの記事では仮定に含まれていません。

朝起きて朝食を終えたら数分で会社に到着。
仕事を終えて数分で帰宅。

こうなってくるとサービス残業させられ放題です。
休日だってなにかあったら対応に駆り出されること請け合いです。

仕事に生きる人はそれでいいでしょう。
でも郊外に家を買う方は果たしてそうなのでしょうか?

仕事に生きるために郊外に家を買ったのでしょうか?

それに対してこの方の記事の締めはどうでしょう。
そんなわけでムカっときたのですが所詮は負け犬の遠吠っててことですかね。
[PR]
# by sakelife | 2011-09-17 18:22 | 時事~気になる事を綴る~

欲望の塊


d0052701_19185146.jpg


ついに仮面ライダーオーズが終わってしまいましたね。

Wとオーズと楽しませていただいたので非常に残念ですが致し方ありません。
特に今回のオーズは玩具がストライクでした。
そんなわけで上記の画像な感じでいろいろと大人げなくガチャガチャをしたりしてしまいました。

昔からメダルとか大好きだったのでついつい買い与えたり、もらってきたりといつの間にやら結構投資してしまいました。

一番のヒットはダイキャスト製のセルメダル。
こいつが普通のコアメダルサイズで初回の放送あたりから販売されていたらと思うとぞっとします。

来週からイカライダーが始まりますからそっちの玩具には手を出さないように自重しようかと思います。
[PR]
# by sakelife | 2011-08-30 19:20 | 遊戯~趣味に関して綴る~

Land Hunter 2

希望通りの土地は見つからないまま次の打ち合わせの日がきてしまいました。


土地が無いわけでは有りません。
やはり価格が高いのです。

仮に資金が潤沢だとしても買うのは躊躇うような物件ばかりです。
間違いなく建物より土地の方が高くなります。

理想としては

   土地 : 建物  = 4 :  6

現実としては

   土地 : 建物  = 7 :  3

購入したとしてもこのような物件になりそうです。
資産の考え方として、土地は価値が大幅に下がることがないが建物は20年で資産価値がなくなるようです。
ですので土地に資金をつぎ込むのは間違いではないというのが一般的な考えなのでしょう。

しかし土地に幾らつぎ込んでもそのままでは住むことはできません。
建物にも資金を使わなくては快適な生活はできません。

では建物は幾らで建てる事ができるのでしょう。
調べてみると安価でなら1300万円辺りが平均と妥当なようです。
それ以下だと何処かがヤバい物件になり、以上ならどんどんこだわる家にできるようです。

この考えで物件価格を考えていくと以下のようになりました。


   7 : 3 = 土地 3034万円 : 建物 1300万円   

3000万円も土地につぎ込めれば希望地域の土地ならそれなりに手が出そうですね。
一安心です。

んなわけがない。

総額が可笑しい事になっています。
この金額で買うには年収750万円でギリギリ返済できる金額です。

絵に書いた餅とはこのことです。

そもそも私たちが欲しいハウスメーカーは1300万円では建てられません。
最低の仕様でも1800万円位は考えておかなくてはなりません。
現実に当てはめると恐ろしい額になりますね。

ですので土地は諦めず探すとしてとりあえずは問題点を解決していきましょうというのが今回の議題です。
そこでハウスメーカーからの提案でマンションの売却についての話し合いがもたれる事になりました。

既にローンがあるからスッキリしましょうという事です。

そうして頂けると助かります。
端的に言うと我が家を売りに出しましょうという事で、ハウスメーカーが売却の相談になってくださるそうです。

当然ながらハウスメーカーの仲介事業部が出てくるのであろうと思っていたのですが、打ち合わせに現れたT氏と一緒に現れたのがM氏という方でした。
名刺を見ると全く別の大手ハウスメーカーの仲介部でした。

あれっ?

ハウスメーカーにも仲介部ぐらいはあるはず何ですがここで他社が出てくるとは思いませんでした。

しかもこの他社というのが今のマンションを仲介してもらった会社です。

妙な因縁を感じますね。

今のマンションを買ったのは以前の職場に務めている頃です。
たまたま上司がその大手ハウスメーカーで自宅を購入し、時折その営業が社内に出入りしていた流れで紹介して貰い購入まで進みました。

そして今回の営業M氏は当時我が家を担当た営業S氏の直属の部下だったそうです。
持ってきていたマンション購入時の資料を確認してみると確かにM氏の表記もあります。

当時は新人として関わったM氏。こうして同じ物件に出会うというのはなかなかないそうです。
そんな訳で頑張らせてもらいますとありがたいご返答です。
そこでふとよぎるものがあります。

なんでしょう・・・・

d0052701_10214922.jpg


   前職からの解放

これもテーマに含むべきではないかと考えてしまいました。
かんがえてみれば前職の手を借りている家に住んでいるというのは何となく釈然としないものがあります。
でもそれだけの理由で戸建てを買ったり、住み替えまで考える必要性はまるでありません。
所詮は細かい不満の一つにすぎません。
ですが買い換えれば間違いなく無くなる不満点の一つです。

ならば戸建てを買い換える意志の原動力の一つとして使ってしまうべきなのではないのでしょうか。
そんな事を思いつつ、後日査定にくるお約束をしました。

幾らになるでしょうかね?
[PR]
# by sakelife | 2011-08-27 10:24 | 住処~Richardson place~

崇高なスポーツ

前回の日記を書いてからは衝撃的なことばかりでした。

会社ではやれ「復興だ!」「節電だ!」と騒いでいて結局は経費節減です。
リストラしないだけマシなんでしょうが退職者の穴を現在の人間で埋めるべく現場から人を引き上げるのは勘弁して欲しいです。

ドラクエ3的に言えば4人編成の冒険が3人編成になったので遊び人なんて育てられんわけです。
実際にはすでに遊び人は社長命令で数人現場に飛ばされて来ているので勇者と僧侶(一般社員と事務)は遊んでいられないという辛い状況になりました。

私生活では子供が夏休みというのでいろいろと個人的な都合がつかなくて辛いです。
学校から解放された上が暴れまわって風邪で倒れたと思ったら下も倒れてみたり。
気がつけば自分も倒れていたりとそりゃーもう毎日はイベント盛り沢山です。
少し夏休みを短くしてもらえないものでしょうか?


何よりも衝撃的だったのはネズミの海に行った事です。
夏気分と兼ねてからの娘希望と親の欲望を満たすために県民の割引を利用して行ってきました。

当日はパレート見たりとかそんなことはするつもりがないので適度に楽しんで帰るつもりでした。
意外と並ぶこともなくすんなりと楽しめたのですがで事件は起こりました。


息子が人気アトラクションに乗ろうと思いファストパスというものを利用していました。
ですが身長制限で引っかかりました。
案内図だと110cmは大丈夫だったのですが実測ポールはどう見ても120cmほどです。
敢え無く轟沈した息子と別の人気アトラクションに並ぶことにしたのですが流石に待ち時間が長い。

並ぶ前にトイレは済ませたはずなのに息子の膀胱は突然限界を迎えました。
しかもそのタイミングは絶妙に次には乗れるという最中です。

仕方なく乗るこの適わない娘と別の場所で待機していた女房に息子を託して私は彼の帰りを待ちました。
しかし彼は戻ってきませんでした。

私も列から出ればいいのですがポールをまたいで出ていくよりも明らかにアトラクションに乗ったほうが手っ取り早い状況です。

意を決してこのアトラクションだけはあの崇高なスポーツをしていると思い込むことにしました。
その名は 一人ディズニーランド競技


正確には海だし、ゲートインはすでに済ませていて一人じゃないけど失格です。
しかしこれはそういった記録に残らない競技としておこなうのです。


列の流れに戻りアトラクションへゲートインです。
もちろん笑顔は絶やしません。

周りからの冷たい視線と冷たい言葉にもめげません。
「やだ、一人で来てるよ。」
「本当にいるんだな。」

ちなみに子供だけではなくカップルと親子にも言われました。
本当に言われるものなのですね。
しかし笑顔です。
でなければ失格です。

孤独故にトップを独走している私に追いつく速度で追いかけてくる敵はいません。
しかしここでライバルが出現しました。

そのライバルと目が会います。
私にだけはすぐに分かります。そのひとはガチです。
私のように致し方なくなどというのはなく一人でこの崇高なスポーツに挑んでいるのです。

別の部屋に入るために並んでいる最中、その人からコメントを求められます。
しかしながらこれはこちらの得点を下げるための罠です。
そんなものには応じません。

笑顔でそのコメントを受け流しアトラクション乗ります。

アトラクション自体は普通に楽しかったです。
でも落下するものは苦手なんですよね。

一刻も早くゲートアウトを済ませようとする私に対してさてライバルは止まりません。
なんとかコメントを引き出そうと独り言のようにコメントを求めてきます。

その追求を振り払い外に出た時の太陽の眩しさ。
二度と忘れません。
ゲートアウトした時のあの開放感の清々しさといったら堪りません。

皆様もこの夏そんな思い出はいかがでしょうか?

追伸 「一人ディズニーシー」もあるのですね。
[PR]
# by sakelife | 2011-07-31 12:46 | 特攻~挑戦した事を綴る~

Land Hunter G

少々時間が空きましたが不動産は待ってはくれません。
不動産屋との打ち合わせまで毎日ネットで不動産サイトをチェックし続けました。

ここで注意して置きたいのは不動産屋に行って探してもらえば間違いなく早いです。
一つ目の不動産屋がダメなら次と手を広げていけば何処かしらで一般では流通する前の物件と出会えるでしょう。

しかしその不動産屋は本当に信頼できますか?
仮に信頼できるとしてもその土地がどうして別の不動産屋で仲介できないのでしょうか。
不動産の取引はレインズに登録されて然るべきものです。
そこに出ている物件を仲介させない。又はできないというのはバブル期の悪いイメージそのままの不動産屋としか思えません。

適正な条件での客商売をしたくない不動産屋なのは間違いありません。
ひょっとしたら売主が内密に販売したいなどの要望があるのかもしれません。しかし買い手の窓口を狭めているだけですから真面目に売る気はないのではないでしょうかと考えてしまいまいす。

ですから一般情報として出回っているネット情報で、こちらが望んでいる物件を紹介している不動産屋なら出向く価値もあるのではないかと思うのです。


と、長々と書きましたがこれは殆ど後付で考えた建前です。

実は不動産屋に足を運べない理由が我が家にはあるのです。

それは行っても微妙に取り合ってもらえない実情。

住宅ローン


こいつを片付けない事には色々と前に進みません。

既に住宅ローンを組んでいるのに土地まで含んだローンを銀行が組ませてくれるかとい事です。

銀行側からの結論。

お断りだ!


つまりは売却しないといけない。
もしくは売買が決まっていけないと駄目な訳ですが、この売却に関しては土地を探すのとは別の問題になりますので後々にします。


それでも土地だけは探しておかねばなりません。
何故ならば欲しいと思える土地は誰か買ってしまうからです。
買える買えないはともかく常に情報だけは入れていかねば相場やら手を出せる場所やらを知る事すら出来ません。

毎日飽きるぐらいに不動産サイトを回るようにしました。
おかげで更新が更に滞っていたぐらいです。
サイトに乗るのは一割と言われますが実際に見込み客にすらなれない私のような客に不動産屋は良い物件を紹介してくれるでしょうか?

d0052701_21354040.jpg


仮に尋ねたとしたらこうなりそうですね。

そんな訳で孤独な調査の結果、以下のサイトが情報を調べるのに適している事が分かりました。

不動産ジャパン

地場の不動産屋二件

近隣の大手不動産サイト二件

基本的にはメインで探すのは不動産ジャパンです。
ここが情報を見るのには適しています。
複数社の情報が乗らない上、面倒な会員登録もないのです。
更に言えば曲がりなりにも一般人でも見れるレインズ情報です。

ですがここだけは不足している事もあります。
その為に地場の不動産です。

何が不足しているかと言うと実務をやってくれる不動産屋です。
無論、仲介をしてくれる不動産屋も記載されておりますがそこが近場とは限りません。
どんな不動産屋かも分かりません。
そんな訳で地場の不動産屋も巡回する事にしました。

この地場不動産を選んだ理由はサイトへの比重です。

正直な話として私は不動産屋と言うのが好きではありません。

職業のイメージがどうのというのではなく、不動産屋に私が何かしらを相談しても実際に契約するまでタダ働きさせてしまう恐れがあるからです。
そういった事から相手に対して妙に後ろめたい気持ちになるのです。

相手はそんな事は重々承知で仕事されているのでしょうが気分的にも嫌なのです。

気分的な問題も含めて対等に話せていないのではない状態では出来るだけ不動産屋とは顔合わさないでいこうかと考えた訳です。

そして大手2社をみているのは地図検索できて便利だからです。

此処まで絞るまでだけに実に2ヶ月近く不動産サイトを回りました。
特に時間を裂いたのは地場を扱っている不動産屋です。
都会ではないから形だけサイトを持っている不動産屋なども多く、リンク無効やら最終更新が数年前やらにも多々遭遇しましたがそれなりに収穫を得ましたがそれはおいおい記述していきます。
[PR]
# by sakelife | 2011-06-27 21:45 | 住処~Richardson place~

ハッカ油


夏は節電でどうにかなるとか特定の世論は騒いでいますが、夏が好きな人な健康な私にはエアコンがどうのとかは気にしていなかったのですがちょとだけ困った事がありました。

一晩寝ると寝間着が汗臭い。

別に自分の匂いなので私は気にしませんが、そこは共同生活者である女房にとっては死活問題。
ちなみに洗濯も匂いに耐えられず女房がしております。

でも一ヶ月とか洗わないとかじゃないから別にいい気もしますが仕方ありません。

ですので今後の暑さ対策の一環としてこいつを購入してみました。

d0052701_21172720.jpg


園芸の虫除けとかそういった類で使用することしか知識になかったのですが、ネットでこいつと扇風機で夏を乗り切ったと豪語する強者がいたりするのに驚きましました。

そんな訳でこいつを早速ゲットして試してみました。

試しに風呂上りに1%希釈をスプレーするとすぐに暑さが和らぎました。
科学的には錯覚をしているだけだとTOKIOの城島師匠が実証していましたがかなりいい感じです。

確かにこれなら乗り切れそうですがやはり匂いが難点です。
女房は微妙にハッカの匂いが嫌いではないのでいいのですが、嫌いな人には問題があるでしょうね。


・・・・・と終わらせてもいいのですが、このハッカ油にはもっと劇的な使い方がありました。

これは特におむつをゴミ箱に捨てている人には効果的です。

う○こ臭くない


たまたまたハッカ油を拭いた雑巾を捨てたのですが、こいつを消臭できるのですからただの生ごみなんて屁の河童です。

匂いの気になるところに一滴ぐらい是非お試しください。
[PR]
# by sakelife | 2011-06-14 21:30 | 特攻~挑戦した事を綴る~

サッポロ ホップ畑の香り

暑いんだかジメジメしているのか寒いのかわからない陽気ですがいよいよ6月突入です。

本当ならビアフェスのひとつにも行きたいのですが、時間よりも小遣いが余裕が無いので自宅謹慎の日々を過ごしております。

で何が言いたいかというとついに麦酒の季節です。
最近は企業応援の為に飲むといったらヱビスか黒ラベルなんですが流石に懐が息切れです。
でも飲みたいわけです。

なのでCMもジャンルとしても気に喰わないが背に腹は変えられないのでこいつに手を出してみました。

d0052701_19125641.jpg


 サッポロビール(株)では、2011年5月18日(水)より、収穫時のホップ畑に漂う生ホップの心地よい香りを再現した新ジャンル「サッポロ ホップ畑の香り」を全国で数量限定発売します。
 「ホップ畑の香り」は、摘みたて生ホップの香りを再現できる当社の新技術「フレッシュアロマ製法」を採用し、通常の醸造方法では再現することが難しい、みずみずしい香りと爽やかな味わいを実現。この製法は、北海道・富良野にあるホップ畑に赴き、ホップの香りを分析し、2年の歳月をかけて開発しました。さらに、原料の一部にみずみずしい柑橘系の香りが特長の「フラノビューティ」(*1)を使用することで、収穫時のホップ畑に漂う生ホップの心地よい香りを再現しました。
 缶のデザインについては、ホップ畑を背景とした鮮やかなグリーンを基調とし、新緑や行楽の季節に向け、初夏の爽やかなイメージを訴求します。また、店頭の販促品やCMについても缶のカラーと連動した爽やかなグリーンで統一するカラーマーケティング(*2)を展開します。
 当社は、今までにない新しい香りとおいしさが体験できる「サッポロ ホップ畑の香り」を通して、お客様に安らぎや元気をご提供できるよう願っています。
*1 当社が北海道・富良野にある試験圃場で14年かけて開発した希少な新品種で、今回商品として初めて使用します。
*2 アメリカで生まれたヴィジュアルマーチャンダイジングのこと。「視覚的演出効果」とも訳される。

CMが気に喰わないのは扨置き、ジャンルが気に喰わない理由は後味です。
どうしても混成酒特有の偽甘味やら、苦味が受け入れられないのですが期待せずに飲んでみました。

うまい(゚д゚)!

深さやら麦酒ぽさは他の第三種と変わりませんが群を抜いて感じられるホップらしさが素晴らしい。
欲を言えばもっと苦味を出してくれれば好みとしては最高です。

しいて言えば以前の自家製麦酒づくりの際に余ったホップ汁の炭酸焼酎割りと似しているけどなんとなく麦酒飲んだ気に成れます。

良いです。

そんな訳でこれからこいつを飲みつつ夕食を作ります。
[PR]
# by sakelife | 2011-06-04 19:23 | 日記~日々の思いを綴る~

Land Hunter

土地を買うとしてどこにするのかを考えなければいけなりません。
最寄り駅を変えないのは基本としたいと思います。

我が家の場合、第一に現在利用している保育園圏内は外せません。
出ると別の園に入れるかなど考えなくてはならないので面倒です。

その範囲にある学区は3校です。

息子の通う学校は必然的にその三校から選ぶ事になりますので土地もそこを中心に見ていく事にします。

調査の結果は以下の通りです。

候補1

物件件数 少
坪単価 60万~
希望者 多

候補2
物件件数 並
坪単価 40万~
希望者 並

候補3
物件件数 多
坪単価 30万~
希望者 並




間違いなく3を選ぶべきでしょう。

そこで家族会議を実施しました。

するとそんな現実は無視されます。
子供が希望する学区に合わせて「候補 1」で探せとのお達しです。

正直そんな単価の土地を買うと家なんて建てる資金はありません。
ここで戸建て計画は挫折かという気になりますが、やるしかないと思い立ち始めたことです。
この程度の障害で諦めるわけにはいきません。

逃げ道はあります。
学区ギリギリの土地を探せばいいのです。

そんな訳で探してみました。
それでも待つのは厳しい現実です。

考える事は一緒です。
ギリギリのラインにある場所に売り地は皆無です。
ほんの数年前はそれなりにあったようですが今更です。

今でも有るには有るけど100坪からとか単位が変です。
もしくは接道なしで宅地にはならないとかなんかです。
でも夢物語だよなと思いつつ、家族にはこんな叱咤激励受けました。

d0052701_18484278.jpg



    頑張ります。

[PR]
# by sakelife | 2011-05-22 18:49 | 住処~Richardson place~