It is not possible to live if there is no whisky.


by sakelife

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

カテゴリ

全体
日記~日々の思いを綴る~
酒蔵~酒への思いを綴る~
遊戯~趣味に関して綴る~
特攻~挑戦した事を綴る~
時事~気になる事を綴る~
議題~私的意見を綴る~
酒樽~酒の貯蔵所~
住処~Richardson place~
事件簿~日々の事件を綴る~
Success story~転職記~
Tokimeki Memorrial
Shadow Run Report
Marmalade Boy Report
Madara2 Report
DS

Link

粗茶の水博士のとろけるナトリウム
~粗茶さんの仲間の寄り合い所~

Uoo!Haa
~ゆる氏のmixi主婦日記~

はんてん屋
~日記をほぼ毎日更新する神~

へっぽこ戦記
~夫婦で三国志TCG生活~

天声人語風メーカー
~〇日新聞社風社説作れます~

mixi入口
~やっている人は使って下さい~



以前の記事

2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

戸建入門 始動編③

建てたいけどどの土地住めるとかは何も決まってはいません。
けれどもハウスメーカーSHで建てたいという気持ちだけはあります。

なので連絡を取ってみることにしました。
このSHなのですが実は5年前に一時期契約交渉を進めていた事があります。

その時は以前に勤めていた会社の近場にと考えていたのですが、こうして思い返すとなんとも後ろ向きな理由で建てようと思っていたものです。

その頃の自分の状況をブログで振り返ると

こんなのやら

d0052701_22142833.jpg


あんなのやら

d0052701_22144417.jpg


まあ駄目な生活だった訳です。
この改善策として住み替えを考えていたのですがマンションでは現在の物件を超えるものは手が出ません。
でも隣の駅辺りだと戸建て買えそうだと思ったのです。

今にして思えば契約に至らずに良かったものです。
まあ契約に至らなかったのは私の年収が問題で手が出ないという事だったのですが、思い返していたらちょっとだけ不思議な事に気が付いてしまいましたがそこはまた別の話なんで割愛しておきます。

で肝心のハウスメーカーですが連絡をするにも名刺を無くしていました。
支社に電話しようかとも考えてみましたが奇しくも5月の連休中です。

展示場に突撃を試みました。

いや、迷惑だし不確かなのもわかりますが、そもそも以前の営業さんが在籍しているかも分かりませんので初心に返っての来場です。

やはり展示場に建ち並ぶ住宅はどれも立派です。
一部にローコスト住宅がありますがそういったものは決して安っぽく無いけどこの場では矢張り見劣りしますね。

目的である肝心のハウスメーカーですがこれが改めてみても立派です。

他の大手に負けない存在感があります。
まあ此方もかなり大手ですから当たり前ですけどね。

中では連休中のイベントで人がごった返しています。
その中に白々しく突入して受付を済ませて以前訪れた時と同じ様に説明を受けます。
一通り営業の方に説明を受けてからさて本題を告げます。

すると以前の営業T氏は変わらず勤めており、担当の展示場もお変わりないとの事でした。
只、本日は別のイベントを担当しておりご不在との事です。

折角なので軽くでもお話出来たらと思ったのですが仕方ありません。
帰ろかと思っていると本日担当してくれた営業さんが待ってくれと言います。

詳しい打ち合わせ出来る訳でもないですがお話だけでもとの事です。
でも随分と間が空いている私達のような客は珍しい存在の様です。

俗に言う厄介な客です。

そこで彼は他の営業と協議してとある人物に助力を仰ぎに向かいます。

客で賑わう展示場内で聞き耳を立てていると静かだけれども迫力のある声で叱りつけているのが分かります。

掻い摘んで言うとどんな客で有ろうと打ち合わせする事は同じだろう。対応した事のない事例でもきっちり営業しろとの事でした。

なかなか支店長クラスになると迫力がちがいます。

で結局その支店長さんとの打ち合わせになりましたので此方の現状を伝え、建築してみたいがどうかのを相談を近い内にしてもらう事になりました。

さてどうなる事やら…続きます。
[PR]
by sakelife | 2011-02-15 22:18 | 住処~Richardson place~

さよならAKB

毎年この時期は我侭を言って幼馴染と呑みに出かけさせてもらいます。

住んでいる場所は微妙に違うのですが首都圏内に居るので集まるときは23区のどこかしらにしています。
大抵は上野とか有楽町とかそんなところなのですがここ三年ほど秋葉原を利用していました。

面子の一人が現場が近かったのと私の趣味なんですがそれも今年で最後です。

理由としては飽きただけです。

いろいろと興味をそそる店はあるのでですが、メイド店ばかりで普通に呑むには向かない街だと気がついてしまいました。

そこに気がついたので今年でこの街は最後にする事にしました。
記念ですのでそっち系の店に行ってみました。

いった場所は『夜宴迷宮』です。

ここに決めたのは喫煙所を探していたらここのメイド(?)に声を掛けられたからです。

中に入って拙いシステムの説明やらを聞きながら最大の関心事である客層を見てみました。

そのイメージ映像を以下に並べてみます。

d0052701_1046143.jpg


d0052701_10463584.jpg


d0052701_10464881.jpg



入り口からテーブル席にはこのような方々が座っておられました。
一見さんである私たちはカウンター席に案内されました。

秋葉原という街ですからこういった人たちは当然の存在です。
こういった人たちがいる店は個人的には非常に居心地が良いのですがちょっと近親憎悪で許せない存在も降ります。

特撮組みです。
奥の二つのグループはメイドと節度を持って語り合っているのですがこの特撮組みは酷かった。

店内に響く熱いオタトークは別段誰も気にしておりません。
ですが響は渡る変身音とかはいかがなものでしょう。

楽しくメイドとハバ抜きをしているという最中にタトバやらサゴーゾとやらは甚だ迷惑です。
まあ常連さんなんで店員は一切を売れいれているようなのでいいのでしょうが何かモヤモヤします。

ちなみにこの店には40分ほどしか耐えられずにでましたが一人頭3000円オーバーの会計にはびっくりしました。
もはやキャバクラレベルの料金設定です。

メニューにやらはところどころにそれっぽいものが並んでいますが値段以外は意外と普通でした。
味はというと微妙です。

まずい訳ではないでですが値段には釣り合わないレベルです。
唯一いる男性従業員が調理されているのですが手際が悪いです。
んでこの方だけ非常に無愛想です。

つらい時間を終え、帰宅の為に駅前に行くと行列が凄かった『ガンダムカフェ』がほぼ並んでいません。

口直しに入ってみました。
メニューとかがガンダム系の名前でしたので、いろいろと頼む前に混乱しましたがとりあえず味やらは先ほどのとは比べ物にならないほどちゃんとした店でした。
最初からこの店に来ればよかったと思いつつ、先ほどの店で摂取したものの為に尿意がしてトイレにいった時には失敗しました。

入ると便座が自動であがったのは良かったのですが、ジョボジョボとしていると右手の壁にへんなボタンがあることに気がつきました。

d0052701_1151319.jpg


気になります。
全部出してから押せと思ったのですがついつい押してしまいました。

どうなるのかというとこうなります。

なんとか的を外さないで済みましたが男性の皆様は気をつけましょう。


そんな訳で秋葉原を満喫して楽しめましたが他には特に行きたい店もないので所謂卒業です。

ありがとう秋葉原。
[PR]
by sakelife | 2011-02-06 11:12 | 特攻~挑戦した事を綴る~

戸建入門 始動編②

前回からの続きですが戸建というものは私の人生において必然性はないのです。

寧ろ手を出さない方が良いものです。


現時点における戸建て購入は人生における非常に高価なオプションでしかありません。

その付加価値とは一体どれだけのものなのでしょうか。

想像できません。


なので実体験から検証してみます。

私は育ちが共同住宅です。
だから戸建ての煩わしさやら良さがピンと来ません。
でも戸建について羨ましいと思った事があります。
それは幼少の頃には友人と集まると言えば戸建て住まいの所だった事です。

思春期に入ると集まりは更に戸建て住まい限定になっていきました。
そんな集まりが出来る家に住んでいる奴から大人の階段を登っていったものです。
そんな奴らは私にこう質問してきたものです。

d0052701_205061.jpg

※映像はイメージです。特に性別年齢は脳内変換してください。

ここまで堂々とは言えていなかったですが、心の底でこう思っていました。
実に羨ましい

ついでにいうと趣味のテーブルトークやるのも戸建て住まいなら場所借りたりしなくて良いなと幾度も思いました。

既に過ぎ去った事なので致し方ないですが、これからそういった時期の来る連中がいます。

残念ながら我が家ではリフォームをしても子供部屋はリビング横の部屋しか割り当てる事ができません。
そこに友達を呼ぶのは兎も角、親密な異性との会話やら自分のプライベートな行為やらは厳しいかと思います。

これは問題ですね。

過ちを繰り返してはいけません。
過ぎ去った過去のことと忘れてはいけません。

思い出すべきなのです。

d0052701_20554468.jpg


まだこの現状を改善する時間があるうちに手を打たなくてはなりません。


親が子供からアレする機会を奪わない為に戸建てを買うべきである。

こう書くと何か哲学的な感じですね。

個人的には細かい欲望はありますがそんなものはなんとでもなります。
ですが故郷に甘酸っぱい思い出一つ位残してもらいたいという欲望は親としては我慢できないですね。

それもマンションを少しリフォームして叶う気もしますが細かい欲望も解決できるかも知れないので戸建てを買う価値はあると考えた訳です。

さした理由ではないですが思いは固まりました。
さてここからが本当に戸建てを買うためには何をすべきかを考えていかなくてはいけませんがそちらはまた次回という事で。
[PR]
by sakelife | 2011-02-01 20:57 | 住処~Richardson place~