It is not possible to live if there is no whisky.


by sakelife

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
日記~日々の思いを綴る~
酒蔵~酒への思いを綴る~
遊戯~趣味に関して綴る~
特攻~挑戦した事を綴る~
時事~気になる事を綴る~
議題~私的意見を綴る~
酒樽~酒の貯蔵所~
住処~Richardson place~
事件簿~日々の事件を綴る~
Success story~転職記~
Tokimeki Memorrial
Shadow Run Report
Marmalade Boy Report
Madara2 Report
DS

Link

粗茶の水博士のとろけるナトリウム
~粗茶さんの仲間の寄り合い所~

Uoo!Haa
~ゆる氏のmixi主婦日記~

はんてん屋
~日記をほぼ毎日更新する神~

へっぽこ戦記
~夫婦で三国志TCG生活~

天声人語風メーカー
~〇日新聞社風社説作れます~

mixi入口
~やっている人は使って下さい~



以前の記事

2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2010年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

納涼会のお知らせ

会社で納涼会が行われました。

この開催は二週間前になんの前触れもなく本社から電話とメールでの通達がきました。
社長及び役員十名が来る為、当日の仕事を調整してでも接待しろという事でした。

そこで納涼会の準備に当日は仕事を減らすから数人接待要員を出すように命令されました。

実際問題としてそんな理由で客が仕事を減らしてくれる訳はもつろんありません。
当日の仕事を調整する立場にいる奴はファーストフードの注文と勘違いしているのか二時間おきに当日のスケジュールを変える人物。
そのうえ材料の調達はしていなかったりといういわゆるだらしない人間です。

そのため毎日現場はバタバタしています。
当日も結局は誰かが手伝いに行くことになると思っていました。

結局は残った人が接待準備をしている人分だけ負担がかかるだけです。

そんなわけで係長とからの特命で一人の部署の私がボランティアとして参加する事になりました。

別にここまでは不思議な流れではありません。
偉い人達が会社の金で下々も食べさせてやるから接待しろというだけなのですから至って普通ですね。

ですがすでに問題があったのです。
実はこの企画を言い出したのはA氏という人物でそれに研究所長のB氏が同調して社長に声を掛けたのが始まりでした。
この噂は研究所の若手から一ヶ月前ほどからリーク(吐かせた)した情報でした。

そのA氏は当日の手伝いに参加表明していませんでした。

部署に問題児を抱えている為、とてもじゃないけど相棒のC氏を見捨てて手伝いにいけないというのが理由でしたがなにやらきな臭かったのは否めません。


で翌日からこの話がやはり変になりました。

突然、当日は人数が増えたので是非ともA氏に手伝ってもらいたいと会社が言い出しました。

まあ言い出した本人ですから強制的に駆り出されたのでしょう。

その数時間後。
A氏が愛して病まない部下C氏も強制的に駆り出されました。

そしてボランティア組である係長と私は実質首になりました。

ここ迄でも多分怒るには十分だと思います。
馬鹿にしています。
お前たちみたいな役立たずはいらねぇと言われているようで気分は悪いです。
係長は馬鹿にしていると憤慨し乾杯したら帰ると決意していました。
でも当日のA氏とB氏の抜けた分の仕事は係長が担当するというので結局は接待要員と変わらないわけです。

私は首になりましたが当日ぐらいは手伝ってやろうと心の広い大人を演じて好感度を上げておこうと決めたのです。
決して酔っ払って偉い人たちに絡む事を心配したわけではありません。
あくまでも出世の為、金のためです。

でもそこら辺は良い大人ですから手伝うのが筋でしょう。
そんなわけで腹は立たないのですがモヤモヤはしていました。

この納涼会の実施予定については一部の人間のでしか計画していない点。
会社のイベントだから参加しろ。
用意は自分たちがやるけど口は出すな。
手は仕事あっても貸せ。

これが気分悪いですね。
しかも突然決まったかの如く納涼会の話しを出しだのも最悪です。

そんなドロドロな納涼会でしたが買い出しやら準備やらを終えて始まれば楽しいものです。
鱈腹食べて飲んでの一時は格別です。
それは良かった。

ただ終わり間際にA氏の一言が頂けなかった。
当日の手伝いで買い出しに同行したので私は手羽先を要求しました。
既に予定の肉は買った後でしたのでA氏にはぐだくだ要らないだろうと言われました。
ですがどうしても柚子胡椒かけて焼いて食べたいと力説して一人一本分は買い足してもらいました。

食べてもらった受けは良く手羽先は終盤だというのにあっという間に捌けました。
嬉しい限りです。
そこにA氏はこう世辞を述べました。
「酒君。やはりもっと買うべきだったんだよ」
なかなかの一言でした。

翌年もあるとしたら私は手伝いたくありません。
ない事を祈りつつこの休みは心と体を休める事にします。
[PR]
by sakelife | 2010-09-25 22:36 | 日記~日々の思いを綴る~