It is not possible to live if there is no whisky.


by sakelife

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
日記~日々の思いを綴る~
酒蔵~酒への思いを綴る~
遊戯~趣味に関して綴る~
特攻~挑戦した事を綴る~
時事~気になる事を綴る~
議題~私的意見を綴る~
酒樽~酒の貯蔵所~
住処~Richardson place~
事件簿~日々の事件を綴る~
Success story~転職記~
Tokimeki Memorrial
Shadow Run Report
Marmalade Boy Report
Madara2 Report
DS

Link

粗茶の水博士のとろけるナトリウム
~粗茶さんの仲間の寄り合い所~

Uoo!Haa
~ゆる氏のmixi主婦日記~

はんてん屋
~日記をほぼ毎日更新する神~

へっぽこ戦記
~夫婦で三国志TCG生活~

天声人語風メーカー
~〇日新聞社風社説作れます~

mixi入口
~やっている人は使って下さい~



以前の記事

2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2008年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

そして一年が過ぎた

転職して一年が経過しました。
どうにかこうにか一年間は辞める事も、切られる事なく過ごすことが出来ました。

この一年でプライベートでの大きな変化としては子宝にも恵まれ、念願だったTRPGもなんとかやれるようになり充実してきたといえましょう。

転職をして一年が経過した時点での感想を言えば非常に成功だったと言えます。

会社への出社時間は一時間早くなりましたが、帰宅は二時間以上早くなりました。
残業は月平均60時間から10時間程度になりました。
休日日数は実質50日程度から実質120日となりました。
年収は100万円近く増えましたが支出は子供一人分増えたので差し引きは微妙です。
有給休暇は子供が熱を出たという理由でも取れるようになりました。
個人的に貯蔵している洋酒の数は倍近くになりました。
晩酌は会社でする事はなくなりました。
体重は6㎏減り、メタボリックの最終コーナーの心配は無くなりましたが腰痛が心配されます。

こんな感じで良い事が多いのですが、煩わしい事もそれなりにあります。
資格試験とか年間を通じての能力開発目標とかミーティングとか健康診断と棚卸がニ回もあるとかそういった文句を言うのもどうかという微妙な点です。

確実に前の職業より将来的な不安は少ないですし、気が楽です。
口だけのIT企業より工場勤務はなんとも気楽です。
毎日が同じような事の繰り返しだからつまらない生き方だと前職の上司は言っていましたが、口だけのIT企業より面白いです。
毎日同じ事をしていても毎日上手く事が運ぶことなんて無いのです。
そこにはファンブルもあればクリティカルもありますし、予定の変更もあります。
楽な一日だと思っていたのが忙しくなったり、忙しい一日が暇になったりとイベントには事欠きません。

今日の時点でどれくらい前の会社との差があるかを明確にする為に、転職直前にゃった会社の相性診断と、現職での相性診断を下記に並べてみます。


前会社の相性は 9% でした。

残り91%は不満です。

「ハブとマングース」級
~まさに天敵です~

不満指数
努力で改善できる不満

指数 82 /100
努力で改善できない不満

指数 100 /100


総合評価
不満だらけ、しかも努力で解決できない類のものだらけ。自力解決に限界があるため環境を変えるのも手だが、性格的にも状況からも動きづらいタイプ。
sakeさんにとって現在の会社は、相性が良いどころか天敵に値するほどの不満を抱いているように見受けられます。
状況はといえば、仕事では脂がのってきたころ、恋愛で言えば二十歳前後でしょうか。
その仕事バリバリの今なのに、これだけの不満に意識がいってしまっている現状は不健全だと言わざるを得ません。
まるで遠足の日に風邪をひいてしまう子の様相を呈しています。
軽々しく動ける立場ではないでしょうが、努力では変わらない不満が多い現状からしても、「次の恋人」という選択肢も持つべきでしょう。


最も不満が際立った点は、職務内容についてです。
例えばこの仕事にそもそも興味が持てなかったりして「人生とは何ぞや」「このままで何か得られるのだろうか」と考えてしまったり、いかにも「会社の部品」といった使われ方で甲斐性を感じないことなどを表しています。
状況はなかなか変わらない類のものなので、やり場のないストレスとなっているのかもしれません。


【データ】
名前:酒
勤続年数:7年
環境変化耐性:低
フットワーク:重

仕事職務内容 ×

この仕事が向いているかといえば向いていないのでしょう。さらに、その仕事の進め方など細かいところでは強く不満を持っていて、このままでいいのかと未来にも不満を持っています。他が完璧な会社でも、この手の不満はダイレクトにストレスが溜まるので日々の仕事に疲弊するかもしれません。例えるなら、良い学校、良い指導、でも楽しくない、このように重要なところが欠けているのです。
仕事の仕方 ×
将来・キャリア形成 ×

会社・事業・知名度
イメージ ○

知名度や会社のイメージは良いかどうかは別として、あなたが不満に思っているわけではなさそうです。しかし経営や、事業内容、その将来などには不安を抱えているようで、立派な船だが舵取りも天候も不安に思っていると言えます。舵取りも天候も、おおよその場合、自力では何も変わりませんが、これが日々疲れるようなタイプのストレスでないことだけが救いです。

事業内容・将来性 ×
経営のあり方 ×
職場環境・人間関係 ×

人間関係がうまくいっていない職場というのは、通うのも憂鬱になるもの。さらに会社の雰囲気もあまり良くはなく、そもそも企業風土といったものが合っていません。普段から仲良くなれないようなタイプの人たちばかりの職場でいるのが場違いな感覚になったり、そりの合わない同僚や上司などで日々神経をすり減らしているのかもしれません。針で刺されるような痛みと蚊に刺されたようなイライラ、両方味わっていると言えるでしょう。

風土・雰囲気・物的環境 ×
組織運営 ×
待遇・雇用形態 ×

待遇面については、全滅です。肝心な給与だけでなく、その評価方法や待遇面でも全く満足いくものではなかったと言えます。恋愛に例えるならば、恋人のファッションが好きではないとか、遠距離で嫌だとかそういうレベルではなく、恋愛感情が起きないぐらいの根本問題かもしれません。ストレスとはならなくとも、仕事のエネルギーとなる根本が足りていないのですから、栄養失調気味だと言えるでしょう。

考課 ×
給与 ×
勤務条件・ワークスタイル ×

ここは完全に不満だらけだと言えます。勤務地、勤務時間、休日の取り方など、身体疲労に直接的に影響しそうな項目なので、わかりやすい不満が蓄積されていると言えるでしょう。例えるなら、恋人とのデートにお金がかかりすぎるとか、遠距離で連絡が滅多にとれないようなもの。どういう人が好みだとか愛情がどうこうとか言う前の諸条件であって、こうした負担が愛情を削る可能性もあるのではないでしょうか。

休日 ×
勤務地 ×

天職さまのお言葉
◆ 薄々勘付いているのかもしれんが、まぁその会社にとってみれば、おおよその社員は「駒」なのだろうな。
◆ この仕事を面白いとは思ってないのがわかるぞ。それでええのかの。
◆ 激務じゃのぉ。それがおぬしの成長に役立っていればええがの。
◆ 頑張ったとしても報われない無力感はあるのかもしれんのぉ。愚痴のひとつも言いたくなる状況じゃ。
◆ ほどほどに体を休めんと、結局は効率も下がるぞい。言われなくても分かっているじゃろうがな。
◆ 多少職場では空回りしている人だと思われているかもな。人一倍、仕事に真摯なのはおぬしのほうなんじゃが。



酒さんと
現在の会社の相性は 86% でした。
残り14%は不満です。

「おり姫とひこ星」級
~運命の相手かも!?~
不満指数
努力で改善できる不満

指数 10 /100
努力で改善できない不満

指数 18 /100


総合評価
おおむね満足で順風満帆。年齢的にも環境を変えるなら今だが、家族もありあまり軽々しい冒険には出られない?
酒さんと現在の会社との相性は、とても良好のようです。不満は散見されますが軽度だと言えます。それなりに仕事の中核を担うような年齢になり、会社をまさに背負っていると思われます。恋愛で言えば、思春期が終わって18歳~22歳くらいの花盛りとも言えるころです。家庭や年齢を総合的に考えればあまり独断で軽々しく動ける立場でもないでしょうし、不満の少なさからしても現状維持が現実的な路線なのでしょう。あまり野心的なタイプでもないですし、波風立てる時期ではないのかもしれません。

最も不満が際立ったジャンルは「考課」についてです。つまりは会社に正当に評価されていない、またはノルマが厳しい、などという不満でしょう。通常この手の不満は給与のほうに向くものなのでしょうが、それ以上に、自分の仕事が尊重されていなかったり能力の使い方がそもそも間違っているという点が問題なのかもしれません。恋愛と同じで、パートナーにはよき理解者が必要なのでしょう。


【データ】
名前:酒
勤続年数:1年
環境変化耐性:低
フットワーク:重

仕事・職務内容 ◎

仕事の内容や、その仕事のやり方などはおおむね満足しているものと思われます。しかし、将来のキャリア形成や自分の経験などを考えた場合には不安があるようで、言ってみれば、カップラーメンはうまいが健康を考えるとどうなのだろう、という問題と近いものがあるのでしょう。今が快適なだけに余計に不安が際立つのかもしれません。仕事外で何か動くのもひとつの解決かもしれません。

仕事の仕方 ◎
将来・
キャリア形成 △
会社・事業知名度・イメージ◎

会社そのものについては不満はほぼないと言っていいでしょう。知名度や会社イメージが悪いと思っているわけでもないですし、その将来性が不安になったり経営に不満を持つこともないようです。会社を友達に言い出しづらいような人もいる中でこの点では安心です。そもそもこの点は就職前からおおよそわかっていることのはずで、今さら不満を持つべきではないのでしょうし自力で変わらないことなので、この結果は望ましいものと言えるでしょう。

事業内容・将来性 ○
経営のあり方 ◎
職場環境・人間関係 ◎

会社の雰囲気は決して悪くありません。人間関係なども良好で、居心地の良さは折り紙付き。職場環境としてはあなたにとって満足のいくものであるようです。雰囲気の良い職場というのは、日々ストレスを感じにくい職場でもあり、なかなか得られないものです。他に不満があっても離れがたい職場なのではないでしょうか。人間関係などに敏感なあなたにとっても貴重だと言えます。

風土・雰囲気・物的環境 ◎
組織運営 ◎
待遇・雇用形態 ○

自分を会社がどう評価するか、その評価方法においては納得がいかない部分があるようですが、おおよそ給与や待遇については不満がないように思われます。最低限の栄養補給がされているので、まだ走り続けることはできるのでしょう。とはいえ考課に不満を持っていれば、いずれ給与も不満ということになるかもしれません。栄養補給が充分でなくなればストレスはなくとも、走るスピードは鈍化するでしょう。

考課 △
給与 ○
勤務条件・ワークスタイル ◎
勤務条件については満足しています。勤務地やワークスタイルにあまりこだわらなかったり、単にタフなだけかもしれません。勤務条件が問題ないということは物理的にかける負担が少ないということで、恋愛で言えば、家が近いとか学校が同じでよく会える、といった状況と同じです。だからこの会社が好き、とはつながりませんが、条件としては整って欲しいものが揃っていると捉えるべきでしょう。

休日 ◎
勤務地 ◎

天職さまのお言葉
◆ その会社では昇進などという階段は絵空事じゃの。自分の重要性を認めさせることができればええのじゃが。


辞めたがっていた会社との結果を比べればどちらが良いのかは歴然ですがここまで結果に差があるとは思いませんでした。
比べてみるとよくあんなに続けていたとちょっと悲しくなりますが良い経験をしたのだと今なら思えます。

本当に転職してよかったです。
[PR]
by sakelife | 2008-10-28 23:03 | Success story~転職記~