It is not possible to live if there is no whisky.


by sakelife

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
日記~日々の思いを綴る~
酒蔵~酒への思いを綴る~
遊戯~趣味に関して綴る~
特攻~挑戦した事を綴る~
時事~気になる事を綴る~
議題~私的意見を綴る~
酒樽~酒の貯蔵所~
住処~Richardson place~
事件簿~日々の事件を綴る~
Success story~転職記~
Tokimeki Memorrial
Shadow Run Report
Marmalade Boy Report
Madara2 Report
DS

Link

粗茶の水博士のとろけるナトリウム
~粗茶さんの仲間の寄り合い所~

Uoo!Haa
~ゆる氏のmixi主婦日記~

はんてん屋
~日記をほぼ毎日更新する神~

へっぽこ戦記
~夫婦で三国志TCG生活~

天声人語風メーカー
~〇日新聞社風社説作れます~

mixi入口
~やっている人は使って下さい~



以前の記事

2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2007年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

本日最終日


たまたま最終日というのに修理返却品が帰ってきたので処理をする事にしました。
作業的には三分で終わるのでどうでもいいのですが上司たちは何故だか大騒ぎです。

まず、返却品の梱包箱が破損していたためです。

その時点で運送屋が悪いと写真をとりだしたので、一応指摘しておきました。


「客先の精密機器の取り扱い指示表記がないですよ。」


上司はなんとも不満そうですが納得したフリをしてくれました。
それなのにまだ運送屋に責任を求めそうなんですが、それをやったら本当にどうしようもない会社だよな。・・・しそうだけどね。

そして修理依頼を出すために管理番号等を取っていると、またまた上司が騒ぎ出します。


「この管理番号ってうち(会社)の出荷記録にないぞ!どうしてだ!!」

もう慣れているのでクールに答えます。


「その管理番号は納入元の番号なんで気にしないで下さい。」



「じゃあ、納入元とうちの番号を共通にしないといけないじゃないか!」


さらにクールに答えます。


「・・・うちの番号はうちの番号で取ってありますから問題ないですよ。」



「問題ないってどういうことだ!!別の番号で依頼が来てるんだぞ!うちの番号はどこで確認するんだ!」


心の中で「クールクールクール」と叫びつつ


「だから裏に番号がありますよね?」


いや、もうこのやり取りはここ数日ウンザリです。
なんで理解していただけないのか私にはまるで分かりません。
ここまでの会話の流れで分かりにくい所ありませんよね?

更に驚くべきは二種類の番号を確認してからの上司の台詞です。


「どうやって番号を見分ければいいんだ?
 
   だいたい気にするななんていわないで

  『番号を確認してください。』

 と最初から言えば分かり易いだろう!

お前の言うことはいちいち難しすぎるんだよ!」


こう一言いたかったな。
確認しろよ!

最初に確認していないのがそもそもおかしいのですが、この上司への最後の引継ぎはこれで終わりだと思うので忘れるとしましょう。

別れの言葉は心の中にしまっておきます。

糞ったれめ!


この後は午後に突入するのですが、更に問題の上司に製品の組み立て実演しないといけないのです。

ここ数日の引継ぎで分かったのですが、この上司はせっかく作った資料なんて見てもしませんし、出力すらしていません。

別件で二週間以上前に渡した資料を平然と無くしておいて「もらってない」と言い張ります。
私の眼前でUSBメモリーで開いていたのにな・・・。
ちなみにそのメモリーからデータを消していたようで中を見たけどもらっていないと言い張る始末です。

で、出力しないし見ても居ないので実物見せたりするのですがここにも難関があります。
検査方法とか見せるのですが、上記のようにすこし分かり図らい説明をするといちいちふざけた台詞を一言ずついいます。


「君と違って、この年になって新しいこと覚えるのは大変だよ!」


逆ギレなんてどうでもいいのてず。
いつものことです。私の心はこう叫びたいのです。

手前はいつも丸投げしてるだろ!

そんな上司はいつも分からないことがあったら出来る人に聞けと私にいいます。
自分はいつもそうしていると言い放ち、更にはお前は人に聞くのが下手すぎるといわれ続けておりました。

で、実際に私が聞くとこういうのです。


「素人じゃあるまいし・・・・」


だいたいこの台詞の後は適当なことを言って、取引先の誰かに聞けといいます。
んで、上司の言ったことは間違いだったという事が分かります。
取引先がこの上司と仕事するのは嫌だとボヤいていた理由が良く分かりました。

こんな感じが午後もあると考えると世話になったけど、世話になったという感慨が一向に沸きません。

帰ってウィスキー飲む事しか考えられません。
その瞬間にきっとこう思うのです。

辞めてよかった

前職辞めたときはそんな風には思わなかったのです。
世間で言われている、零細・家族経営・IT・団塊経営者は本当にブラックなんだと思います。
そんなところに勤めている人は義理人情はともかく転職を常に考えた方がいいと思います。

それがこの転職で培った一番の教訓でした。
[PR]
by sakelife | 2007-09-28 12:45 | Success story~転職記~

退職まで・・・残り二日


ようやく引継ぎでゴタゴタやるような事もなくなり、身辺整理を始めました。

この身辺整理はかなり慎重にやらなくてはいけません。
日用品とかそんなものはどうでもいいのですがパソコンの中身が問題です。

ここの更新時間とかを見ても分かるように私は休憩中にはネットにつないだりしておりますし、いろいろとダウンロードもしたり、ブログ用にちょっとしたメモとかをいろいろと残しております。

データの内容とかは社会的にヤバイものはないのですが、個人的にはそれなりにヤバイものがあります。
具体的に言えば2chのレスを保存したものとか、転職に際して会社への不満をぶちまけたものとかです。

午前中に見ただけでもかなりのヤバイものが見つかりました。
しかも表面上だけです。

いろいろと残っているだろうふかーい所もこれから漁るつもりですがどれくらいで終わるかな?
[PR]
by sakelife | 2007-09-27 12:32 | Success story~転職記~

退職まで・・・残り三日


朝起きると会社に行きたくないというなんとも駄目駄目な退職予定者になっていました。
今日は過去に類を見ないほどやる気が出ないかったのですが何とかこうして出社して、昼休みに更新なんぞをしております。

どうにもやる気が出ないのは機能の帰り際の出来事のせいなんです。

私の退社後の製品をダンボールに入れて保管していたのですがこいつが酷いことになっていました。

なんと製品の板金を破損されていたのです。
もちろん破損では出荷できません。

私の知ったことでは無いのですが破損理由を検証してみました。

製品を置いていた横には移動式の作業台があります。
その作業台は普段は使わないオシロスコープという検査用の道具等が置いてあります。

作業台の角とダンボールのぶつけた跡は一致しているのです。

なので私は上司にこう告げました。

「この間、オシロを出したときにぶつけませんでしたか?」

上司からの解答は私の予想通りでした。

「出したがちゃなんと退かしてやったぞ。それにこの破損は相当な力を入れないと破損するわけ無いだろう!!」

上司は正直ものを退かすという発想はありません。
都合の良い時だけ(客先等)だけ急に私に注意してくる方です。
更に私がやる気がなくて運送屋から入荷した時に確認したダンボールのままで放置していたという状態です。
そしてそんなものをわざわざ退かしているなんてありえません。
その上には雑誌ゴミが詰まれていました・・・

そこは過程の域を出ないので仮説としましょう。
ではここで問題になるのは作業台の重量です。
どれくらいの重さがあるかというと120キロぐらいはあります。
恐らく変形したサイコガンダムの様に無駄に頑丈です。
それが成人男性の力で軽く引いて、角が誰かの足にでも当たった時の痛みは想像できるはずです。

私の中の結論は出ましたが上司の発想は違います。

「運送屋が何処かで投げつけたんだな。じゃないとこんな風に凹むわけが無い!!」

ご丁寧に写真まで撮っておりました。

作業台の角とダンボールのぶつけた跡は一致は一切無視です…
私が退社した後は取引先になんと言って利用されるかがよ~くわかった出来事でした。
[PR]
by sakelife | 2007-09-26 12:44 | Success story~転職記~

退職まで・・・残り四日


女房と子供の非難を浴びながらも週末は遊び倒しました。
遊んでくださった方々は本当にありがとうございます。

おかげでなんとか本日も出社する事ができました。

今日からはしばらく退職までの実況中継的なものになりますので

それにしても残り四日だと思うといろいろと感情的になるのかな~と思っていたのですが、すでに

うんざりしております。

引継ぎをいろいろとやっているのですがふざけた事ばかり言われます。
本日とりたてほやほやのふざけた質問は以下の通りです。

保守製品が何故ないんだ。
→棚卸との時に邪魔だから予備はいらないと誰が言ったんですか?

注文があるかもしれないだろう。
→現行の別途製品が代替シリーズですよ?
 それにそいつは注文が五年無いですぜ・・・

注文はどこから取るんだ?
→聞いている製品についてはあなたが取引先は指定したんですよ?

君が辞めた以降の注文は待て
→別にいいけど「わからない」と電話掛けてくるなよ。

とこの上司との引継ぎは製品ごとに同じことを聞かれるのです。
いい加減二年以内に注文とかないものについては引継ぎとかいらないでしょうに・・・・。

でこの午前中最大の問題発言は別の上司ですね。
やり取りは以下の通りです。

この製品の出荷時に添付品は無しでいいんだろ?

ありますよ。記載されているじゃないですか。

だって別梱包しないで、製品に組み込んでいるんだから無しだろ?

いや添付品はあります。
製品内に別途袋詰めしているじゃないですか。

だからそれが組み込んでいるっと言ってんだろ。だから添付品は無しでいいはずだろ

それは組み込んでいるといいませんよ。
これはあくまで添付品ですよ。

いいんだよ。書類に添付しないんだから添付品無しでわかるだろ!ちょっとはこっちの言ってることを理解しろ!お前は難しく言い過ぎるんだよ!!ちょっとはこっちの言ってることを理解したらどうだ。

ではこの添付とかは誰がするんですか?
外注がやってくれるんですか?

じゃあ、添付品の確認はどうするんだよ!

と言われて十分ぐらい見せて説明したのですが本当に馬鹿馬鹿しいやり取りでしたね。

こんなにこじれた理由は、この上司は自分のメモ帳に自分なりに仕事内容を書いているのですが、それにどうしても「添付品無し」との表記をしたいようなんです。

でも絶対にその書き方だとこの上司は忘れます。
この人が忘れて痛い思いを私が何度したことでしょう・・・・。
忘れるからやめてくださいと言っているの了承しないのは何とかならないものでしょうか。


と十分にでウンザリしていたのですが、止めがありました。
三十分後ぐらいのことです。

書類にあるこの添付品にある、予備てのはどうするんだ?

あのやり取りでの添付品ってあんたの中ではなんだったんだよ・・・・
[PR]
by sakelife | 2007-09-25 12:52 | Success story~転職記~

引継ぎ


いよいよ転職まで二週間を切りました。
依然として引き継ぎはいないままに上司に引き継ぐ事になったのですがこいつが微妙なんですよね。

以前から私の仕事について上司は常々こう仰っていました。

受注なんて直ぐ出来るだろう。
(在庫確認して、手書きで三十品とかですよ)

二時間で出来ないのはおかしいだろ。
(どう頑張っても半日製品ですよ)

お前の検査方法は効率的じゃない。
(全て規定内容ですよ。)

つまりは
俺のほうが仕事が速いぞ!


と言いたいのですがそんな人に引き継ぐ内容なんてあるのでしょうか?

と思っていたらこんなことを言われました。

君に全て任せていたから何も分からないんだよ。


分からないのにそんな適当な事を言われていたんだな~とついつい退職まで有給を申請したくなったそんな午前中でした。
[PR]
by sakelife | 2007-09-18 12:56 | Success story~転職記~

The Catcher in the barley


世に言う三連休なんですが女房が仕事なんで子守りで引篭もりというなんても座布団全部持って入れるような精神状態です。

こうして家にいるとつくづく実感しますがことなんて
家事以外ないのです。

仕方ないのでボチボチやっているのですが、家事をしていると禁断の症状が常に付き纏うのです。

酒呑みたい病です。

でもアレです。
昼間から飲むのにはいい加減抵抗ないのですが独り呑みはいい加減飽きています。

その為、誰か明日とか一緒に昼辺りから私の家で一緒に酒に溺れたい人とかいないかな~とこんな時間に酔っ払いながら書き込んでいる始末です。

次の総裁選の後とかはもっといい意味で休日の昼からお酒の呑むのが当たり前の世の中にならないかな。
[PR]
by sakelife | 2007-09-16 23:28

キリンビール作り教室を夢見て


夏の夜酔った勢いで面子を募り、十月の参加を目指しておりましたが結果は・・・・

落選でした。

皆様、スイマセンです。

懲りずに来月の11月17日参加にてに再度応募させていただきますので、宜しくお願いいたします。

早くボックを飲みたいな・・・
[PR]
by sakelife | 2007-09-11 12:25 | 日記~日々の思いを綴る~

至極の時


週末はmixiでもお世話になっている革脚絆さんのところでただ酒を飲みに行って来ました。

いや、手土産ぐらいは持っていきましたが並んでいる酒とツマミに比べればもう吹けば飛んでいくようなものなのです。

並ぶ酒は久保田の万寿とサントリーま響。

素晴らしいですね。
この二種類が並ぶ飲み会なんて当面お目にかかれないでしょう。

あの時の食卓は日本では間違いなく五指に入る素晴らしい空間だったに違いありません。

食前酒としてビールを飲んでいざ、駄目人間モードへのスイッチがいい具合に切り替わりったところで満を持して響と久保田の登場です。

決して早く出せとか要求していませんよ。


二つを注いでもらい二日酔い確定に最初の一歩を踏み出した瞬間のことです。

「おうち帰りたい」


すっかり忘れかけていましたが、私は息子を連れてきていたのです。
どうにもグズるので仕方なく注いだものだけを流し込んでその場を後にしたのですがどうにも無念で堪りらない週末でした。
[PR]
by sakelife | 2007-09-09 23:51 | 日記~日々の思いを綴る~

台風の影響


景色が変わるほどの台風はワクワクするのですが、通勤を考えるとこれほど厄介なものはありませんね。

一人で行動する分には濡れたり、電車が遅れたりぐらいで問題ないのですが、子供を保育園に連れて行くのが問題です。

現在の保育園は自宅から子歩いて十分ほどです。
駅への途中にあるのでここは問題ないのですが、最寄の駅というのが本日の台風で五割程度の運転になっております。

平日でも15分に一本とすばらしい設定なのにこれで確定で十五分は遅れます。
そして乗り換えがあと一度ある私鉄を乗り継ぐのですがこいつが運転見合わせというヘタレっぷりです。

この結果を加味して本日は車で会社まで来たのですがこいつが失敗でした。

私の会社周辺には100円パーキングがないのです。

いや、あることはあるのですが15分100円とどこの都内だという設定。
しかも周辺の駐車場とかをもっているのはこのパーキング運営している不動産屋ときます。

ここに停めると一日最低でも3200円です。
駐禁とられるよりましですがそれだったらこの価格のウィスキーを飲みたいものです。

しかたなく会社から徒歩20分ほどのところに停めましたがそれでも安売りのときのジョニ黒波の値段がとられます。

こういった時は直撃圏内の会社全体が休みとかになるといいな。
そうすれば朝から酒が呑めるのに・・・・。
[PR]
by sakelife | 2007-09-07 12:28 | 日記~日々の思いを綴る~

凄惨な夜


血豆が気がついたら出来ていました。
潰さない方がいいと言われますが、私は気になって気になって潰したくなる人間なんです。

なので昨晩もプチッと潰してやりました。

するとどうでしょう。
血豆のサイズは直径1mmに程度なのに血が出ます。

直ぐに止まるかと一分ほど放置して見たのですが一向に止まりません。

気がつくと私の股間は赤く染まっていたのです。

風呂上りの結構の良い時に血の流れが活発な場所の血豆を潰すものではありませんね。
だけど風呂上りとトイレの時とアレ以外は触りたくない場所ですので血豆が出来たら潰すタイミングは必然的に風呂上りしかないのですよね。

血が止まるまで股間は露わなままで後転の途中の姿で血を抑えるという、まさしく羞恥プレイのような格好で何故そんな所に血豆が出来たかを振り返ってみました。

一ヶ月程前の事です。

私は基本的に裸族系なので夏場はパンツだけであとは裸で過ごしておりました。
当然のことながら防御力は非常に低下します。

子供が一緒にいる時に洗濯物とかを干していると子供が構ってほしくて飛び着いて(ダッシュ頭突き)来る事があります。

子供の力なのでそこまではないはずなのですが痛いです。
その場に蹲る位です。

その日も子供はいつもの様に息子(せがれ)に飛び込んできたのですがいつもと違った痛みが襲いました。
後ろが壁だったため華麗に避ける訳にもいかず、少しだけ直撃を避ける動作をしました。
するとどうでしょう。ちょうど彼の頭は袋を直撃です。壁と間に挟まれて中に収納されている例のブツがちょっとだけグリッとされたのです。

その時の惨劇はほぼこんな状態です。

d0052701_1229785.jpg


十分間ぐらい生死の境を彷徨いながらも、特別にヤバイ様子はなかったので安心していましたがこんな事になっているとは思いもしませんでした。
皆様も怪我にはお気を付けください。
[PR]
by sakelife | 2007-09-06 12:31 | 日記~日々の思いを綴る~