It is not possible to live if there is no whisky.


by sakelife

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
日記~日々の思いを綴る~
酒蔵~酒への思いを綴る~
遊戯~趣味に関して綴る~
特攻~挑戦した事を綴る~
時事~気になる事を綴る~
議題~私的意見を綴る~
酒樽~酒の貯蔵所~
住処~Richardson place~
事件簿~日々の事件を綴る~
Success story~転職記~
Tokimeki Memorrial
Shadow Run Report
Marmalade Boy Report
Madara2 Report
DS

Link

粗茶の水博士のとろけるナトリウム
~粗茶さんの仲間の寄り合い所~

Uoo!Haa
~ゆる氏のmixi主婦日記~

はんてん屋
~日記をほぼ毎日更新する神~

へっぽこ戦記
~夫婦で三国志TCG生活~

天声人語風メーカー
~〇日新聞社風社説作れます~

mixi入口
~やっている人は使って下さい~



以前の記事

2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2006年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

アサヒビール、「プライムタイム」100万ケース突破…プレミアムビール市場、需要が拡大


■年内200万ケース達成へ販促強化[06/09/25]

 アサヒビールが6月28日に発売したプレミアムビール「プライムタイム」の累計販売数量が、
15日の出荷分で100万ケース(1ケースは大瓶20本)を超えた。

 アサヒでは、「発売から約2ヵ月半での100万ケースの大台突破は、近年発売されたプレミアム
ビールの新商品の中では最も早い」としており、年内の販売目標200万ケース達成に向けて、今後
さらに販促活動を強化する。

 「プライムタイム」は、現代人のゆとりや時間への渇望感に着目して、ゆったりと楽しめる豊かさを
提案するビールとして家庭用市場に投入した。素材や仕込みにこだわったビールという位置づけだ。

 発売と同時に、“極上の時間”を楽しむ生活シーンを提案する賞品が当たるキャンペーンを実施。
8月末締め切りで、商品購入者の10%を超える51万口の応募があったという。

 9月中旬からは、テレビCMを再び流し、商品の認知度アップに力を入れたほか、自慢の
“こだわりの泡”を実感してもらうための特製グラスを使用した販促などを、店頭で展開している。

 アサヒでは、04年3月にプレミアムビール「熟撰」を業務用市場向けに発売した。「熟撰」の今年の
販売数量は8月までの累計で前年同期比8割増の51万ケースと好調に推移している。

 プレミアムビールは、ビールに求める価値観の多様化や景気の回復感などから、ビール市場に
占める割合は小さいながらも、需要が拡大している。(財川典男)



売れてるんだね。

これで私の好みと世の中の流れが如何に合わないかをつくづく思い知らされます。

でもまあ、要因はアサヒの販売の上手さなんでしょうね。
キャンペーンの時とか、酒屋行けばとりあえず販促がいるもんな。

個人的には美味いとは思わないけど、癖になるのかな?

喉でビールを味わうってスタイルを確立したアサヒならではの部分もあまり感じられない一品だったんだけどな・・・。
[PR]
by sakelife | 2006-09-30 22:34 | 酒蔵~酒への思いを綴る~

ビッグ・ベン


名前だけならもう美味しさを保障されてる一品です。
近所の大型量販店で子供が悪さをしていたら偶然見かけたものです。
しかも、価格は


1000円!!


しかもお釣りもきますぜ旦那!

もう不味い事が容易に想像できますが、そこはそれとして初めての銘柄です。
買うしかありません。
そして紹介にいたりました。

飲み前にこのラベルに書かれていた会社にいってみたのですが、


会社のホームページにも存在していない一品です。


ネタで飲むにしてもヤバイ、ヤバすぎる一品だ。

この事実を知ったときの私の心境は ↓ のような状態。

d0052701_14471986.jpg


で、そう思いつつ飲んでみます。

空けたときの匂いはアルコールの匂い以外はしません。
そして、口に含むとアルコールの強い口当たり意外は何も感じられません。

不味いこともなく、美味いことも無いウィスキー。

これは前に飲んだオールド・ブリッジに通じるものがあります。

安酒には違いないのですがそこまでは酷くないです。
そのために表現しがたい代物です。

なんとか例を挙げるならジョニ赤が甘くなくて、深さがない感じです。
もうウィスキーぽい飲み物とでもいいましょうか・・・。

実に謎に満ちた一品でした。

ただし、このウィスキーには後遺症が残ります。
飲んだ後の口臭を嗅いでみてください。
安い酒を飲んだ後ってのはちょっと不快な匂いになるものですが、こいつはかなりのものです。

安ウィスキーの代表の一つでもある『凛』並ですのでご注意ください。

やってくれるぜ・・・やまやの野郎。



そしてイ〇ンの販売責任者は飲んでから並べとけ!
[PR]
by sakelife | 2006-09-29 14:48 | 酒蔵~酒への思いを綴る~

外務大臣杯泡盛カクテル・コンテスト


 泡盛マイスター協会の新垣勝信会長らは26日、県庁に嘉数昇明副知事を訪ね、同協会で初の海外地区本部となる米国地区本部をハワイ州ホノルルに設立し、2007年4月に「外務大臣杯泡盛カクテル・コンテスト」を開催することを報告した。
新垣会長は「泡盛を世界に広める好機」と強調し、県の積極的な取り組みを要請した。
 泡盛はアメリカでは日本の酒として焼酎や日本酒などと混同されているという。
同協会は米国地区本部設立により海外への普及を促進し、「ハワイでのヒットが世界のブームになる」ことに期待を寄せている。
10月23日に設立総会を開く。
 新垣会長は焼酎が販路を広げていることを説明。
「このままでは泡盛は九州の焼酎に負けてしまう」と訴え、現在協会が独自で行っている泡盛マイスター資格試験の県知事認可化など、県の積極的な協力を要請した。
 嘉数副知事は「ハワイと沖縄の交流は深く、ウチナーンチュ大会とのタイミングもいい」と話し、ハワイを足がかりに米本土に泡盛が広がることに期待を寄せた。


知り合いが沖縄料理美味かったと話していたので今日の話題は泡盛です。

泡盛は好きですね。
しかし焼酎とどちらがいいかと問われると難しいな。
焼酎ほど手軽さはないですね。

日本酒の味ももった焼酎ってのが私の泡盛に抱いている感想。
そんなに高いのを飲んだこと無いのでその程度にしか理解できていません。

日本酒、焼酎、泡盛と三つ並べてどれを飲むかといわれると、日本酒だしな。

そんな訳で外国の方が泡盛を混同するのは致し方ないと思います。
外国でも泡盛を知ってもらいたいという気持ちは分かりますが、もっと国内での浸透を目指すのも大切ではないかな。

居酒屋でも 日本酒=焼酎>泡盛 という品揃えが多い気がします。

この壁を越えられないで世界を夢見るのは ↓ のようにマズイ流れかと思います。


     ,.-――-、_      _,-===、
     .j __ -=ー (     / ,r'~ ̄~`ヽ
     |__,.ィテテテミL    レ' ,ィ , ,ィ;、 )
     ,r./''立 '立リ    /,、「'ェェ'~ィェ'V |
     ヽ_、" ,.__,"ノ'    Vヽ" ,._', "ノノ
      ノヘ==ィ'___    ~`iヽ二r'~
   /`「 | ゚̄~F 1 / \/~ ̄`ー┴‐'~\  カメダッ!!
   j  | .〉  | 〈 !   \,rrィヘヘヘ  ヽ  l
  |   〉 |   ! ||/  人((l _,.-'’  !  |
  「ー-/  |  || 〉゙-、(__ノ/    ,イ r'
 `r--┤_|___!__」___)   ├ー'~〔o〕┤「~「
 | ||   ゙̄ー' ̄|   / ̄ ̄ ̄ ̄\ |



        _______
     ....| T○S.東京放送|\
     ....| ロロロ . == ロロロ . |  |
     ....| ロロロ . [] ロロロ . |  |
     ...|ロロロロロ[]ロロロロロ|  |゙
     ...|ロロロロロ[]ロロロロロ|  |
      |ロロロロロ[]ロロロロロ|  |゙
      |ロロロロロ==ロロロロロ|  | ゴォッゴォッゴォーッ!!
     .|ロロロロロ[]ロロロロロ|; .|~⌒)
  ;(⌒~|ロロロロロ[]ロロロロロ|~⌒);~⌒);
 ̄ ̄(⌒;;⌒;;~⌒);;;;~⌒);;~⌒)



ところで『外務大臣杯泡盛カクテル・コンテスト』ということは、今回留年した大臣が参加するのかな?
この人が出るならそれだけで特定の掲示板では盛り上がりそうなイベントですね。
楽しみにしておきます。

たまには泡盛でも呑んでみようかな。
[PR]
by sakelife | 2006-09-28 12:16 | 時事~気になる事を綴る~

蜂蜜酒


知り合いのブログで軽く紹介していましたので触発されて私もとりあげてみます。

こいつは簡単に作ることが出来ます。

必要なものは 蜂蜜・水・酵母菌。

これだけです。 

作り方を教えてくれたのは、高校時代の物理の先生。
髪型も授業内容も飛びぬけた先生だったな・・・・どうして高校生に密造酒の作り方なんて教えるんだよ。

そんな訳で実際には作っていません。


犯罪ですからね。

まあ、そんな訳で私も蜂蜜酒というのは飲んだことが無いのです。
なので感想とか書けないのですが、経済的に困っていたとある大学生の挑戦を想像できたので折角なんで書き上げてみました。


酒は飲みたいが、金が無い。
これ以上の散財は家賃を削るという事になりかねない。
そこで彼は高校の頃に習った事を思い出した。
蜂蜜酒である。
正確な分量とかはいまいち思い出せなかったのでとりあえずあるものをそろえてみた。
少し使ってある1kgの蜂蜜。
ホワイトデーの製作で余ったドライイースト。
作るために必要なものは全てあった。
空いていた1.5リットルのペットに蜂蜜を移し、そこに水道水を適当に入れて、ドライイースト一袋投入した。
ここに自分の唾液を小量投入する。
少し汚いかも知れないが、醗酵が早くなるっと聞いたからだ。
それにこれは個人的に楽しむものなのだから構わないだろう。
キャップを閉じ、こいつらをシェイクする。
良く混ざったら、キャップを緩めてシンク下に放り込んだ。
全てを終えるのには十分と掛からなかった。

あとは待つだけである。
一週間。
このときの私には非常に長い時間であった。
ウィスキーは既に一本しか残ってなく、三日と持たずに無くなるかも知れないのだ。
とにかく待つしかなかった。

一週間が過ぎ、ようやくこいつを空けるときは不覚にも泣けてきた。
こんな酒に頼らなくてはならない自分の駄目さ加減にではない。
生産者としての収穫の喜びのためだ。

いよいよ蓋を空けてみる。
そして絶望した。



パン臭い



飲む気力が失せた。
しかしそれでもこいつを飲むしか道は無かった。
意を決してドロリとした液体状のこいつをグラスに注いだ。

口に含んだ瞬間、全てが嫌になった。




甘い。とにかく甘い。



パンの匂いが鼻を付く。



微妙な炭酸。




パーフェクトハーモニーとはこの事である。
ストレートではとてもじゃないけど飲めたものではない。
水で薄めながら徐々に口を慣らしていく。

最終的にたどり着いたのは水8に対して蜂蜜酒2である。
しかし、これでは殆どジュースである。
炭酸も感じられない。
ましてやアルコールなんて一切感じられない。

時間を掛けた割には無駄だったようだ。
それを軒先に捨て、その足で実家に向かった。
弟の部屋に一本ぐらい転がっているであろう。


まあ、そんな物語が私の中で出来上がったわけですがいかがでしょうか?

正確な作り方とかはネットとかに転がっていると思うのですが、


日本でははアルコールを作るのは犯罪です。

まあ、こんなものを作るよりも梅酒とかを作った方が断然美味いと私は思っています。

それに今では市販されていますし、そちらならきっと美味しくいただけると思います。

最後にもう一言。


この作品はフィクション です。

実在の人物、団体、事件などには一切関係ありません。


d0052701_1234827.jpg


本当ですから!
[PR]
by sakelife | 2006-09-27 12:08 | 特攻~挑戦した事を綴る~

“謎の美少女”里中唯のイベントに長蛇の列…「仮面ライダーカブト」でヒロイン役[09/25]


「仮面ライダーカブト」の“謎の美少女”里中唯に長蛇の列!!

 現在、テレビ朝日系「仮面ライダーカブト」のヒロイン“日下部ひより”役で出演中。
役柄から“謎の美少女”として話題の里中唯さんが、同タイトルの写真集&DVD
『I will...』(発売:竹書房/写真集:2940円、DVD:3990円)を発売した。
23日には神保町の書泉ブックマートで発売記念イベントも開かれ、参加したファンが長蛇の列を作った。

 仮面ライダーでは笑顔が極端に少ない役柄になっているため、自然に笑っている表情もポイント。
ロケは6月に沖縄で実施されているが、雨期が重なったため、曇りがちな天気が大きかったそうだ。
そんな中でのお気に入りは、しゃがみながら傘を差して空を見上げているシーン。
「ちょうど雨が降っているのですが、やまないかなぁ……って、ボーっと考えているところです」
と語った。

 タイトルの最後が「...」になっていることに関しては、
「みなさんの中で続けてもらえればいいなと思ってこの題名にしました。敢えて続かないように」
とのこと。ミステリアスな終わり方が、里中さんに似合っている印象だ。

 今後の活動についてだが、年内は仮面ライダーの収録がほとんど。
佳境を迎えて、日下部ひよりの正体がわかったところなので、
「オンエアされたものを見て、みんながびっくりしていますね」とコメント。
収録が忙しかったり、役柄が波瀾万丈だったりなので、最後は
「平和に暮らしたいです。旅行とかに行きたいですね」と思わず本音も出た。


・・・ファンが仮面ライダーオタクか、アイドルオタクは後者の比率が多そうだな。
んで、この子って二十歳越えてると思っていたら意外と未成年。
そして、出演者生年月日見てちょっと驚愕。


ひより:1986.1.10
加賀美:1984.2.22
影山:1986.5.2
ぼっちゃま:1988.1.19
大介:1984.10.7
岬さん:1982.3.29


岬さんは同い年ぐらいだと信じていたのに・・・・。

自分も随分と歳をとったもんだね。
いままでは出演者の殆どより年上なんてことは無かったのにな。

これだけのネタならいちいちブログにする必要もないし、いいかな~と思っていのですが、ついでなんで取り上げてみました。

ここからが本題なんです。

カブトでは先週はめでたく恒例のパワーアップでハイパーフォームになりましたね。
ハイパーキャストオフというネーミングは身も蓋もありませんがまあいいです。子供向けはそういうもんなんです。

んで、カブトが変身したから次はカダックなんですが、↓ を見てください。(以下ネタバレ)


d0052701_120365.jpg



・・・ ↓ を想像してしまいました。

d0052701_1212961.jpg



うむ、二段変身のネタに困っているならこの際、このままウルトラマンを見習って一般公募でもすればいいのではないでしょうか。
しかし最近のカブトはいまいち盛り上がりに掛けているな。
安定しているというより下降気味な展開。
全ての謎が解けるぞと急ピッチで物語が進んだと思ったら解決しないうちに違った謎を持ち出す。



・・・その展開は去年失敗したろう。




キックホッパーの登場には期待していたけど、存在感が全然感じられないもんな。
ヤムチャ化して消えていく感満載だし。


そろそろ来期のライダー情報流出時期かな・・・。

[PR]
by sakelife | 2006-09-26 12:16 | 遊戯~趣味に関して綴る~

ジョニーウォーカー・ブラックラベル


d0052701_1218974.jpg


有名な「ジョニーウォーカー」の一つ。
この品は12年もののスコッチです。


世界でもっとも愛されているスコラテプランド 1820年、スコットランドで小さな推賞店を営んでいたジョン・ウオーカーは、 紅茶のブレンディング技術を活かし、シングルモルトウイスキ職のブレンディン グを始めました。
ジョンのブレンディンヴへのこだわりが生んだジョニーウオー カーは、今では世界No.1のスコッチウイスキーへと発展を遂げたのです。  相0年以上に渡って代々受け継がれてきたのは味わいだけではなく、ウイス キ仙造りにかける情熱。
ジョニーウォーカーはカーデュ蒸留所で生み出される モルトを中心に、スコットランド各地域の厳選された原酒をブレンドし、時代に 迎合することなく、ブレンドが誕生した当時の味わいを頑ななまでに守り続けて います。
世界中の愛飲者は、今も昔と変わりなくその味を愛してやみません。
そして卓越したブレンディング技術を持つブレンダーの惜しみない努力によっ て、この味わいはさらに未来へと受け継がれていくのです。


というのが居酒屋のおっさんたちの説明。

会社についてはいまいち検索できなかったので気にしないで下さい。
ディアジオというところが今の販売元です。
けっこう古い蒸留所を所有していたというぐらいしか分かりませんでした。

まあそんな訳で今回は私の主観のみで書かせていただきます。
ジョニーウォーカーは世界で一番有名な紳士がおり、その名は酒飲みでなくても聞いたことがあると思います。
愛称として「ジョニ黒」と呼ばれていますが、こちらの方が馴染みがあるかもしれません。

このジョニ黒の下には、「赤」が存在します。
居酒屋のメニューでは手頃な価格で乗っていますが、「赤」を呑むなら「黒」にすることをお勧めします。

その理由は確実に「黒」は「赤」より美味いからです。
ジョニーウォーカーを呑んだ事のある方はご存知かも知れませんが、このシリーズは上位と下位の味の差が歴然としています。
ですので、上位を呑んだ後に下位を呑むと虚しくなります。

ライバルであるバランタインとかでは、そこまで酷い落差は感じられないのですが、分かりやすいといえば分かりやすいですね。
まあ、甘いのが飲みたいときは「赤」にすると割り切れば落差はそうでもないのかも知れませんが・・・



グラスに注ぐと香はほとんど感じられません。
これはジョニーウォーカー特有というわけではなくて、このクラスのスコッチは匂いがしない気がします。(もっとも、私が飲んだ種類なんてたかがしれていますが・・・)
そして、アルコール臭が殆ど感じられないのが12年熟成ものの特徴でしょう。
安酒と嗅ぎ比べればその違いに驚かざる得ません。

ですが、口に含むと豊かというよりは深い心地よい匂いが広がります。
この深さはトップクラスだと思っています。

肝心の味ですが、他のスコッチを飲んだことのある方は


これこそスコッチ


と思わずにはいられないはずです。

当然ですが口当たりはよく、味も匂いも何処までも複雑。
スコッチの真髄を体現した一品だと思います。

そして、察しの良くない方でもわかると思いますが、私が小僧だった頃にこいつを呑んでヤバイ目に合ったのは言うまでもありません。
この歳になってもお盆中に空けかけてしまうほどですから・・・・
二日で三分の二もなくなっていました・・・orz

そんな分けでこいつはお勧めの一品です。

価格帯も2400円ぐらいですのでちょっとした贅沢品感覚で購入できると思います。
こいつは本当にお勧めの一品です。
ちなみにここの常連のいっぱい氏も最近はこいつを愛飲しているそうです。

ちょっとした注意点

居酒屋で頼むならと書きましたが、この銘柄は私の親世代にとっては「ダルマ」と並んで特別な銘柄であるということを忘れてはいけません。
ウィスキー好きで年配の方がいる席でこいつを頼むと酷い目に合います。
酔っ払いの話はそれでなくても長いのに無駄な燃料投下は避けた方が無難です。
頼むならこっそりにしましょう。
[PR]
by sakelife | 2006-09-25 12:18 | 酒蔵~酒への思いを綴る~

そして神へ・・・



名古屋商科大大学院客員教授の植草一秀容疑者(45)が、電車の中で女子高校生の体を触ったとして、
東京都迷惑防止条例違反容疑で現行犯逮捕されていたことが分かった。
警視庁によると、植草容疑者は13日午後10時ごろ、京浜急行品川―蒲田駅間の下り電車内で、
女子高生(17)の下半身を触った疑い。
蒲田駅で突き出されて、現行犯逮捕された。
植草容疑者は早稲田大大学院教授を務めていた04年4月、JR品川駅で女子高生のスカートの中を
手鏡でのぞこうとしたとして同条例違反で逮捕、起訴され、罰金50万円の有罪判決を受けている。
今年4月から名古屋商科大大学院の客員教授として、教壇に復帰していた。
同大大学院事務局は「事実確認ができておらず、現段階でコメントはできない」と話している。




そんな彼を応援するブログ

http://yuutama.exblog.jp/

閉鎖とかしないからなかなか胆の座った方ですね。
そして、この件に関するコメント数だけで私の一年の来場者数を軽く


ミラーマンもついに ネ申の領域に達したようですね。

しかし同じ男としてはアレです。

女子高生のスカートの中をのぞこうとした。



気持ちは痛いほど分かります。



学生の時分は同級生のを覗こうと必死にいろいろとしていました。
階段際の教室になったときは皆で歓喜したものです。

あの時でも短かったのに、今はあの頃が長く見えるんだからな・・・・


でも、本当にやったら駄目だろ・・・



しかしどうしてスカートとは覗きたくなるのだろう?
そして見てしまうと意外とどうでもよくなってしまう。

見えそうで決して見えないけど、風でも吹けば簡単に見える。
この絶妙なバランスが私の心をくすぐります。


・・・一歩間違えなくてよかった


とりあえず、犯罪はいけないという自制心と理性を大事にしていこうと心を改める出来事でした。

エロビデオの盗撮ものとか好きなんだけど自粛しておきます・・・

d0052701_332949.jpg

[PR]
by sakelife | 2006-09-23 03:33 | 日記~日々の思いを綴る~

キリン秋味<秋だけの限定醸造>

秋の夜長、皆様いかがお過ごしでしょうか?
酒飲みの秋と申しますがこんな季節にピッタリな一品を本日はご紹介させていただきます。

d0052701_12141027.jpg



秋の味覚と相性も良く、じっくり味わえる贅沢なビールとして16年間愛されています。

麦芽たっぷり1.3本分(当社比)
「秋味」がこだわり続けてきたのは「ビール本来のうまさ」
深い味わいと豊かなコクが人気です。

アルコール度数6%
ちょっと高めのアルコール度数で飲み応え十分。
ゆっくり味わえる本格ビールです。


まあ、毎年出ていて飲んでいるのですが、一向に味の落ち着かない一品です。
毎年微妙に味を変えているでしょうが、私としては薄く飲みやすくなっているイメージがあります。

それはそうと出ているなら買わなくてはいけません。
んで、グラスに注ぎます。

泡立ちは普通。
注ぎ方次第でいくらでも調整できそうです。

匂いはラガーににているかな?

口に含むと苦味が強い気がします。
甘みとかもありますが、プレミアムモルツとかにあるよりは漠然とした甘みです。
苦味は私としてはもう少しあった方がいいと思いますが、ラガーとか苦手な人には丁度良い感じです。
麦芽が1.3倍入っているとのことですが、ちょっと前は1.5倍だった気がしますから薄くなっているのは間違いない。

晩酌には向いている気がしますが、一人で飲むようなものではないと思います。
鍋を囲みながらゆっくり話す時に飲むようなそんなイメージです。
秋というより冬に向いている一品ではないでしょうか。

最後に一言。


アルコール度数の差がわかりません。

[PR]
by sakelife | 2006-09-22 12:15 | 酒蔵~酒への思いを綴る~

サッポロビール、「ヱビス」ブランド強化…最上級「琥珀(こはく)」11月22日発売


 サッポロビールは20日、高級ビール「ヱビス」の最上級商品「琥珀(こはく)ビール」を11月22日に発売し、あわせてヱビスブランドの強化に乗り出すと発表した。ブランド強化策として10月2日付でマーケティング本部のブランド戦略部から「ヱビスブランド戦略部」を独立させる。

 東京都渋谷区の本社で同日、記者会見した寺坂史明専務は、「ヱビスは日本のビールの代表だ。他社のプレミアムビールと同列で論じてほしくない」と強調し、今後、ヱビスブランドの通年製品を増やしていく方針だ。

 戦前から伝統のあるヱビスビールは戦時中にビールの全商標が廃止されて中断し、戦後の1971年に復活した。復活以来、期間限定製品を除くとヱビスブランド商品は「ヱビスビール」と2003年に発売した「ヱビス<黒>」だけだった。

 ヱビスブランド戦略部を新設することで、「色々なタイプのヱビスビールを開発して顧客の間口を広げていく」(寺坂史明専務)と話している。

 ブランド戦略部は商品開発、広告戦略、販売促進などを一貫して手がけている部署。ビール、発泡酒、第3のビール、低アルコール飲料、焼酎などのチームに分かれている。このなかでヱビスビールを担当するチームを独立させる。

 ヱビスブランド戦略部が手がける第1弾の商品が「琥珀ヱビス」。35万ケース(1ケースは大びん20本)の数量限定で全国発売する。琥珀色のビールでアルコール度数は5・5%と少し高めにした。
350ml缶と500ml缶の2種類。オープン価格だが、実勢価格は通常のヱビスビールと比べて350ml缶で約10円高い255円程度、500ml缶で約15円高い330円程度になる見通しだ。

 琥珀ヱビスは、既存商品よりも麦芽使用量を増やした。さらに麦芽の発芽工程の温度などを調整するなど工夫してアミノ酸が多い発芽麦芽を製造。それをロースト処理して製造する「クリスタル麦芽」も加えた。

 黒ビールに使用する黒麦芽は通常の製法でできあがった麦芽をローストするだけだが、クリスタル麦芽は発芽工程の工夫でアミノ酸が多い麦芽になる。これを使用すると琥珀色になる。


http://www.sapporobeer.jp/


ヱビスブランドが増えるのは嬉しいけどヱビスのプライドは維持してほしいな。
他社のプレミアムビールに押されてヱビスの売り上げ落ちてたからな・・・。
冬はヱビスがいいのだけど、春先とかはそう飲みたいと思わないんだよな。
どうにも鍋とセットのイメージがあるんですよ。


鶏の水炊きとヱビスは最強です。


とりあえず期待しているのですが、超長期熟成っていう感じの微妙な路線だけは回避してほしいかな。
飲んだのだけど、微妙に酸味が強い程度の差しか分からなかったですから。

しかしこの琥珀ってのはつまりは黒ビールが薄い色って事かな?
それともウィスキーとかの琥珀色みたいな感じなのか?
いまいちイメージが掴めないな。

飲みたいけどまだ発売は先だし、今日は普通のヱビスで我慢するかな。

・・・ん、今日は休肝日だったか・・・・

しかたない・・・・・


一本だけだな。

[PR]
by sakelife | 2006-09-21 12:14 | 酒蔵~酒への思いを綴る~

フットサル考察 5

今回の試合はチーム的な駄目だしとかは特に無かったかと思います。
それぞれが特色を生かして動いていた感があります。

前回のチーム固定したよりある意味安定したチーム分けだったのではないでしょうか。
もっとも、最初のチームはきつかったです。
なので一言だけ。


総長!趣味でチーム編成をしないでください。

   ・・・・アレはアレで楽しかったですけど


二回目のチームは意外と相性が良かったな。

そこでついたウィングの仇名はファンネル一号・二号。
もしくはマリオカーとのヨッシードンキー。

私がドンキーですなふきさんがヨッシーということだったのですが、私の弱点も浮き彫りになった気がします。

マリオカートにおけるドンキーの能力はというと、


高速安定カート クッパ、ドンキーコングJr.
最高速度が高い。重量級のため、体当たりにより相手カートを吹っ飛ばすこともできる。
クッパのカートはドンキーコングJr.より加速力があるが、ハンドルさばきはドンキーコングJr.のほうが良いし、
キャラのため加速性能が非常に悪く、ハンドルの切れもあまり良くないので、バトルモードには不向き。
上級者向きのカート。




・・・つまり瞬発力がないのです。



最高速に乗ると結構いけていると思うのですが、相手にとっては加速が遅いので楽に妨害できてしまうのです。
しかも重量級ではないため吹き飛ばされる心配もない。
いうなれば零戦ですよ。

いっぱい氏の観察によると私の加速がトップに以降するのは三歩目ぐらいだそうです。
一歩目と二歩目が私のネックということになります。



見事に瞬発力不足ですね。



私の一歩目の勢いがないので、二歩目が必然的に遅れている。
二歩目で勢いをつけ、三歩目でようやく加速が始まる。
走り出す際の一歩目は先天的な不向きがあるでしょうが、真面目に筋トレすれば改善は出来るでしょう。

ここはちっと気合を入れて瞬発力を改善する必要があるようです。
せめて二歩目から加速を上げられれば、もっと相手を振り切れるでしょうしね・・・

今月の最後のフットサルは参加できませんが、来月には少しは成長した私の加速をお見せできればいいかな・・・・。

だがちよっと待って欲しい。



腰が痛いのです。


[PR]
by sakelife | 2006-09-20 12:42 | 遊戯~趣味に関して綴る~