It is not possible to live if there is no whisky.


by sakelife

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
日記~日々の思いを綴る~
酒蔵~酒への思いを綴る~
遊戯~趣味に関して綴る~
特攻~挑戦した事を綴る~
時事~気になる事を綴る~
議題~私的意見を綴る~
酒樽~酒の貯蔵所~
住処~Richardson place~
事件簿~日々の事件を綴る~
Success story~転職記~
Tokimeki Memorrial
Shadow Run Report
Marmalade Boy Report
Madara2 Report
DS

Link

粗茶の水博士のとろけるナトリウム
~粗茶さんの仲間の寄り合い所~

Uoo!Haa
~ゆる氏のmixi主婦日記~

はんてん屋
~日記をほぼ毎日更新する神~

へっぽこ戦記
~夫婦で三国志TCG生活~

天声人語風メーカー
~〇日新聞社風社説作れます~

mixi入口
~やっている人は使って下さい~



以前の記事

2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2006年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧

サントリー、ウイスキー販売でロシア進出



サントリーは、ロシアでの酒類事業に本格参入することを明らかにした。
9月上旬までに現地の輸入販売代理店「VELD21」(本社・モスクワ)と契約を結び、10月中旬からウイスキーの「響」「山崎」など11ブランドの販売を始める。
ロシア市場で、日本のウイスキーが本格的に販売されるのは初めて。

ロシアの酒類市場では、アルコール度数が高く低価格のウオツカから、ビールやワイン、ウイスキーなどへの需要の移行が急速に進んでいる。
特に富裕層の男性を中心にウイスキー人気が高まっており、ウイスキー市場はこの5年間、毎年平均して対前年比5割前後の伸びを見せている。

サントリーは初年度は1万ケース(1ケースは750ミリリットル瓶で12本換算)で2億円の売り上げを見込み、3年目には年間10万ケース、20億円の売り上げをめざす。
当面はウイスキーのほかリキュールなど洋酒の販売に集中するが、軌道に乗ればビールや清涼飲料の販売も検討する。

http://www.asahi.com/business/update/0830/062.html


まあ、進出するのはいいとして売れるのかね?

ロシアならスコッチを知っているだろうし、日本製のウイスキーじゃ力不足なんではないだろうか?
ん、待てよ。
ひょっとしてウォッカから高級ウィスキーにてを出せない私のような連中をオールドとトリスで取り込もうという試みか!!
だとしたら、エゲツナイな・・・
まあどのブランドを販売するかが分かったらそこら辺は検討するとしよう。

でも、ロシアに進出するとしたら本場のウォッカをサントリーが販売するのかな?

それは私の肝臓にとっては良いことではありませんね。

これ以上のアルコール摂取は


生命の危機です!

[PR]
by sakelife | 2006-08-31 12:39 | 酒蔵~酒への思いを綴る~

理想のカツカレーランキング



カツカレー“スペック”の最高水準の目安は15並び――。メジャー片手にフードコートへ乗り込み、カレーに鎮座するトンカツを測って得た結論だ。

分厚さの1位は、常磐道の中郷(上り)が叩き出した17mm。長さの1位は、関越道の越後川口(上り)が記録した15・5cm。
ランキングで上位に入ったカツは、厚さが15mm前後、長さはほぼ15cmと、“15”が並んだ。

厚ければいいのか、長ければいいのか。そんな声が聞こえてきそうだが、答えはイエスだ。
カツカレーの満足度は、カツ自体の満足度にかなり引っ張られる。実際、上記のなかにはルーの味が普通より劣るものもあったが、カツに救われて、カツカレーの評価は底上げされた。
それほど影響力は大きい。
なお、カツの厚さは、豚肉の厚さこそが重要と考え、衣は除いて計測した。

だからこそ、せめて、カツの厚さや長さには十分な配慮をしてほしい。

http://nikkei.hi-ho.ne.jp/SA/feature/0608/



くだらない調査ですが、カツカレー大好きなんで取り上げてみました。

長さには異論はないのですね。
ですが、私としては衣が5mmぐらいでサクサクして肉は10mmがベストです。
サクサクの衣にカレーが絡むとなんと美味いことか!

まあ、それはともかくとしてカツカレーってにとって一番重要なのはカレーではないかと思います。
カレーが辛すぎたり、味の種類が違ったりするとどんなにトンカツが美味くても駄目ですしね。

トマトベースのビーフカレー作って、三日後ぐらいにカツカレーにしようと食べたのですが失敗した。
別にカレー単品は美味いのですが、時々ハンバーグみたいな味が口の中に広がったのはビックリしました。

まあ、そんな訳で昼飯はカツカレー喰いたい気分です。
[PR]
by sakelife | 2006-08-30 12:09 | 日記~日々の思いを綴る~

まくはりタマゴ


正式名称は『コロンブスシティ』というらしいです。
詳細は ↓

ttp://www.m896.com/index_2.html
※ 無駄に重い作りになっていました。


先週末から大々的にコマーシャルしているので、ご存知の方もおられると思います。
私としてはちょっと興味深かったので検索をしてみました。
なんといっても職場から近いのです。

そんな訳で見たのですが、ちょっと住めないかなとガッカリしました。
あそこら辺は立地は悪いです。
年中渋滞の高速道路沿いとか色々とありますね。
まあ、町一つ作るような計画だからそこら辺も考慮にいれて改善されるかも知れませんがね。

まあ、否定的な意見はともかくとしてマンションの施設とか羨ましい限りです。

マンション住民専用の体育館とかあるんですよ。
集まってスポーツとか楽なんだろうな~。

思いついたその日とかには出来るでしょうしね。
でもそんな理由で引っ越しても、幕張にある時点で私の参加させてもらっているチーム面子では集まれないのかな?

でも、面子の一人暮らしの誰かが住んでいれば実は集ったりするのかな?
もしそんなことになったら嬉しいので・・・・・


誰か住んで!!

[PR]
by sakelife | 2006-08-29 12:14 | 時事~気になる事を綴る~

失望


このブログを熱心に更新するようになったにはとある経緯があります。


理由は昼休みの番組に失望したからです。


職場に居るときは昼休みにはテレ東の再放送を楽しみにしていたのですが、ここ数ヶ月というものどうでもいい作品が放映されていました。
ここの常連の方はご存知だと思いますが、


韓国ドラマです。



別に私が嫌韓だからドラマを見たくないというだけの理由ではありません。

基本的に話が駄目なんですよ。
では、いままで昼休みの時間に放映された韓国ドラマのあらすじを並べてみましょう。


『ごめん、愛してる』
映画や小説、マンガの世界でしかあり得そうにない、悲しく切ないラブ・ストーリー。
ある男女が背負う運命と苦しみ、互いを愛する激しい想いと愛のパワーを描いた物語でもある。
幼い頃オーストラリアへ養子に出されるものの、養父母にも捨てられ、ストリート・チルドレンとして野生児のように育ったチャ・ムヒョク。初恋の人の命を救ったときに撃たれて銃弾は、彼の勲章になっている。
だが、彼を支えてくれていた初恋の人は、メルボルンの彼女のもとを離れ、彼を捨てた非情な祖国へ帰れと言い放つ。
そして韓国に戻ったムヒョクは彼の出生にまつわる事実を知ることになる。
そこから運命的な復讐劇が始まる。
一方でウンチェには想い続けてきたユンがいた。
どんなに好きでも見つめることしかできないユン。
想いを告白したいけれど、いつかユンが気づいてくれるだろうと思い、じっと待ち続けているけな気な娘。
ところがある日、最悪な男が彼女の前に現れる。
ユンのマネージャーだという。
身勝手でマナーなどとは縁がなく、うんざりしながらも彼から目が離せなくなる。


『ウェディング』
外交官のスンウと音大出身でコンサートホールで働くセナは、お見合いで出会う。
お見合いの席でスンウはセナに結婚で一番大事なこと」を尋ねるが、セナは答えられない。
貧しい家庭で生まれ、母親の女手1つで育てられたスンウと、裕福な家庭で何一つ不自由なく育ったお嬢様のセナ。
環境の違いを感じながらも、小学校の頃に好きだった男の子に似ているスンウのことをセナは気に入るが、スンウは乗り気ではなかった。
実はスンウの心の中には幼なじみで家族のように育ってきた女性、ユンスの存在があったのだ。


『太陽に向かって』
両親を早くに亡くし、親代わりとなって妹を育ててきたソンミン(クォン・サンウ)は、父の遺志を継いで海軍に入隊した。
スマートな外見とは裏腹に、考えるよりも先に行動してしまう熱血漢のソンミンは、周囲との衝突も多かったが、一度引き受けたことは必ず成し遂げるという、義理堅い一面もあった。
そんなある日、女医のへリン(ミョン・セビン)に一目惚れしてしまったソンミン。
気持ちを打ち明けるものの、へリンはソンミンに心を許さない。
へリンには、悲しい過去があったのだ…。



・・・しかしなんだ。ちょっと検索しだけですごい数が引っかるな・・・

まあ、そんなわけで昼のマッタリタイムには向かないものばかりなんですよね。
あらすじでおなかイッパイな気分ですよ。

しかし、今週からはちょっとちがっていたのです。


特捜刑事マイアミ・バイス(再)[月~水 12時30分~13時25分]


しかし気になる事が・・・


木曜は?


もう嫌な予感がしていました。
金曜日は旅番組とかの再放送と予想できるのですが、ひょっとしてとテレ欄をみると・・・



韓国ドラマ・アイルランド[木 12時30分~13時25分]




いいかげんしてくれ



水曜日までをマイアミ・バイスにしたのにこれでは台無しですよ。

第一マイアミ・バイスは大抵が前編・後編の編成のはず。
その証拠に今日は後編とかテロップ出てたよ!
月曜から木曜までにした方が見るほうも効率がいいというのに何を考えているのやら・・・

そんなわけで、まだまだ熱心に更新する日々は続きます。

私の情熱が尽きるのが先か、
韓国ドラマがテレ東から消えるのが先か・・・


無駄な戦いは続く

[PR]
by sakelife | 2006-08-28 12:55 | 日記~日々の思いを綴る~

優柔不断な子連れ

知り合いの方々が宴をしている最中、私は何をしていたかというと子守りでした。
いつも通りの休日で非常に疲れる一日でした。

まあ、そんなわけですが、先日にインストールとかして、私のパソコンからデータを奥方のパソコンに移したりするのに、CDを焼いたりするのがの面倒になってきたので、容量の大きいUSBディスクが欲しくなったので散歩がてらにヨドバシまで子連れで行きました。
今まで使っていたのもが壊れていたので良い機会でもありました。

三年以上使っていたので、純粋に寿命だと思います。
そんなに使い倒すなといういわれるかも知れませんが、まあ優柔不断なんで買い直せずにいたのです。

まあ、それはいいのですが私の買い物は優柔不断ゆえ長いです。
子供も何度かヨドバシに行っているのでそこら辺は慣れたものなので助かります。

店員と客たちの『いつまで迷ってんだ?』みたいな視線を無視しつつ、ようやく商品を決めるまで要した時間は


実に一時間!


いや、時間を掛けすぎましたね。
それは店員も不審に思うわけです。
あと千円出すと、256Mが512Mになるというだけでかなり迷ったのに、メーカーから出ている種類とか持ち運びを考えてとかでいろいろと悩みました。

で、なんとか決めていざレジへ・・・


ポイントだけで購入


さぞ、店員も呆れたことでしょう・・・
[PR]
by sakelife | 2006-08-27 16:01 | 日記~日々の思いを綴る~

ホワイト&マッカイ ブルーラベル


d0052701_11534633.jpg

有名な一品です。
で、ホワイト&マッカイについて調べてみました。


スコットランドを代表するスタンダードスコッチ。
150年以上の長い歴史を持っています。
同社は1844年名で創業。その後1882年、現社名となりこの年、“ダブルマリッジ”という独自の製法から“スペシャル”ブランドが誕生し成功を収めました。
現在100カ国以上に輸出されている。



ふむふむ。
ほとんどは酒屋で書いてあった通りの内容でしたが、“ダブルマリッジ”は馴染みがない単語だと思います。
私も細かい分類は知らないのですが、一度ブレンデッドを行ってから再び寝かせるというものだったと思います。
念のために調べるとけっこう違っていました。



ダブルマリッジとはキャラクターの異なった樽で熟成されたモルト同士をバッティング(混合)後、再び樽で寝かせる行程を指し、シングルトンでは、シェリー古樽熟成のモルトとバーボン
古樽熟成のモルトをバッティングした後、最後の2年間再び熟成させている。
これら”ダブル・マリッジ方式”を採用したモルトの共通点は、甘やかでバランスが良く、まろやかで豊かなアフターテイストが楽しめる事。このバランスの妙こそ”ダブル・マリッジ”の神髄と言える。



ホワイト&マッカイが考案したものとは知りませんでした。
ここら辺はしっかり抑えておかないと、ウィスキー好きとしては恥ずかしいかも知れませんね。

まあ、薀蓄はともかくとして味の感想をば・・・

匂いはかなり甘いです。
メーカーの種別としては安酒の部類に入るのですがトリスなどに感じられるような臭さはありません。
まあ、本場のウィスキーがトリスクラスではいろいろと不味いでしょう。
これはキーとなるウィスキーの質の差ではないかと思われます。
あちらは最低でも三年だったかな?寝かさないとスコッチとは使えないらしいですから。
本場で老舗メーカーで使われるブレンド用ウィスキーとは本当にいいものですからね。

口に含むと匂いを裏切らない甘さです。
スコッチというのは全般的に癖がないので甘く感じてしまうものなのですが、こいつは抜きん出ています。

口当たりはスコッチにしては少々癖がある気がしますが、ですが甘味のおかげでその癖は帳消しになっています。
気のせいか、後味が何時までも続くような気がしますがこれは飲んだ時の体調により違ったのでいまいち確信が持てません。
ツマミは甘くなければ何でも合いそうな感じです。
ただし辛味の強いものは止めた方がいいと思います。
折角の甘みが台無しになり兼ねないです。

これだけ甘くしっかとしているのですから、上位のものは相当に美味いのではないかと思われます。
今度はこいつの上位を探してみようかと思います。
価格は高くても1600円ぐらいです。
[PR]
by sakelife | 2006-08-25 12:20 | 酒蔵~酒への思いを綴る~

ブラクラ


カミさんのパソコンが感染しました。
ウイルスソフトは入れていますし、サーバー側でも対処してあるのですがどうしても防げないときはあります。
例えば使っているブラウザが古いネスケだったり、アップデートを怠っていたりといろいろと危ない要因があります。

それでもここ数年は何事も無かったので、尋問してみました。

以下会話 ↓


酒 「ねぇ、さっき見たときにデスクトップあったフォルダ何?怪しげだったから消したんだけど」


奥 「ああ、アレは何かのエロゲーだよ?別に消してもいいよ」


酒 「ちょっと待て・・・なんでエロゲーを落とした?」



奥 「絵が綺麗だったから」




酒 「それが原因だよ!」




奥 「ええっ!
    何もウィルスソフトからの警告なかったよ?」


酒 「それを落としたサイトに行った時点でヤバイんだよ」


奥 「え~っ、そんなので又、入れ直さないといけないの・・・・」

(・・・入れ直すのは私の仕事でしょうけどね)



酒 「しかし、エロゲー落とした


    言い訳は何だ。厨房カヨ!


何処でそんな事を覚えたんだ!!」





奥 「・・・・・(無言で私を見つめる)」



・・・奥様をフォローするのが良い旦那ってやつですよね。



精一杯頑張らせていただきます。




そういえば、馬鹿みたいに無料エロサイトとか巡ってた時期があったな・・・orz
[PR]
by sakelife | 2006-08-24 12:17 | 日記~日々の思いを綴る~

落ち着きを取り戻した日々

ようやく異様なまでのアクセス数がなくなり、カウントも落ち着いてきました。

一時のような数で客が増えていったらとドキドキしたりしましたが、今ぐらいの数が私の対応能力としては精一杯ですし、純粋に楽しめます。

あんまり増えたら、なんかやってはいけないような事を書いて、有名な掲示板とにあるブログコーナーとかに紹介大変だろうなとかありますしね。

mixiでは有名なとこで『かっつ』かな・・・・

やり始めたその直後にこんな事件があると、何かの啓示みたいですよ。

そんな訳で私もレポートとか書くときに気をつけようと思いますが、もし盗撮とかに分類されそうだったら、なにとぞご一報ください。
[PR]
by sakelife | 2006-08-23 12:22 | 日記~日々の思いを綴る~

死亡フラグ

ふと、昨夜におもいついて調べて見ました。


“死ぬ”ことへの伏線。
フラグはゲーム・コンピュータ用語でこの場合「何かが起こるための見えない条件」といった意。
物語などで以下のようなことがあると、その人物はその後死ぬパターンが多い。

* ヤクザが“足を洗う”ことを示唆する。
* 風来坊が“根を下ろすこと”を示唆する。
* 寡黙な人が、身の上話をする。
* 厳格な人が、優しさを見せる。
* 戦争で「無事に帰ってくる」「生きて帰れたら結婚してくれ」などと約束をしたり、「もし帰れたら、小さな店を開きたいんだ」などとささやかな夢を語る。
* 戦時中に恋人の妊娠が発覚する。もちろん、幸せな家庭を一緒に築く約束を相手としている。
* 目立たない脇役が目立つ。一話まるまる脇役のエピソードになるなど。
* 今まで孤独だった人物が、愛や友情に目覚める。救いを求めて人と心が通じ合った直後など。
* 今まで悪役だった人物が、愛や正義に目覚める。勇気を出して悪の組織を裏切った直後など。
* 逆に、今まで仲間だった人間が敵方にそそのかされたり、人質などを利用されて脅されるなどして仲間を裏切った場合(洗脳されている場合を除く)。特に、RPGにおいて主人公たちのパーティにいた人間やパーティに良心的だった人間が裏切り行為を働き、その後敵として現れた場合間違いなく死ぬ。
* 「ここは俺にまかせて先に行け」
* 「今日は暑い一日になりそうだ」
* 「殺人犯と一緒にいられるか!俺は自分の部屋で寝る!」(※ミステリー・推理物など)
* 急に自分の大切なものを我が子や親友などに託したり、遺言めいたことを言う。この時、「縁起でもないこと言うなよ」とツッコまれた場合、縁起でもなくなる確率が上がる。
* 愛弟子に最強の必殺技を伝授し、自分自身がその技の試し台になる。この時、弟子が師匠を「勘違いで憎んでいた」場合、まず死ぬ。
* 一人でシャワーを浴びに行く、カップルが二人っきりでイチャイチャするなど。(※ホラー映画限定)
* 殺人事件などが起きたとき、主人公よりも先に犯人の正体に気付いてしまうと、次の被害者への道が開かれてしまう。(※ミステリー・推理物など)
* ホテルのロビーに響き渡る大声でフロントに凄い剣幕でキレる。(※ミステリー・推理物など)
* 宇宙戦艦ヤマトの艦長に就任する(特に劇場版)
* 「君を絶対に死なせない」と真顔で約束される
* クビになったり部隊を除隊になったりして身を持ち崩していた人物が、かつての仲間の前で見事な働きを見せる。
* 主人公の白人男性と仲の良い、三枚目な黒人男性(※ホラー・パニックムービー限定?)
* 主人公やその恋人以外の美女(※ホラー・パニックムービー限定?)
* 犯人が子供をターゲットにする。
* 悪役が自分の過去に起こした犯罪の手口(多くは残忍なもの)やその背景にある事実を、とつぜん得々と語り出す。またその場合、これから手を掛けようとする相手の前で、わざわざ語ってみせる。
* 地下室をさぐって物音に驚き、「何だ、猫か・・・・」で振り向くと・・・・!
* 予感がしたから振り返ると誰もいない、何だ・・・と思って前を見ると・・・・!

ただ、最初にわざとフラグを見せて観客にその人が死ぬと思わせておいて、最後に死んだと思ったら実は生きていた、といった演出に使われることもあるので、一概に信じ込むことはできない。
実際の人が死ぬ前にこのようなフラグを出していた、という場合は「虫のしらせ」と言われる。


ちゃんと検索に引っかかるのがすばらしい。
まあ、使用例としては以下の感じですね。

「俺、この戦いが終わったら村に帰って結婚するんだ」
「見ろよこの写真、俺に似て可愛い娘だろぅ。もうすぐ1歳になるんだ」


いろいろとあるけど、この二つが一番分かりやすいし、使いやすいですね。
会社で嫌なところに行くときに、

「見ろよこの写真、妻に似て可愛い息子だろぅ。もうすぐ2歳になるんだ」

とか無駄に脳内演出して頑張っていたりします。

空しい話です。
で、他に検索に引っかかったところで100選が乗っていたので、どこかで浸かってみてはいかがでしょうか?



*「俺 この戦争が終わったらこいつ(恋人の写真を見ながら)と結婚するんだ」


*「んなもんこの世に存在しやしねえんだよ!」


*「殺人鬼と一緒の部屋で寝れるかよ!! 俺は自分の部屋に帰るぜ!!!」

*「ここは俺に任せて、お前は先を急げ!なーに、すぐにでも追いつくからさ・・・。行け!」

*「帰ったら、みんなで一緒にうまい酒でも飲もう」

*「闘いの最中に告白」

*「大丈夫、俺なら死なねえから先いってろ!」

*「で、出口だ!!さっさとこんなとこからオサラバしようぜ!!」

*「様子を見てくる。お前たちは残れ」

*「イヤァ!私は死にたくないの!こないで!!!」

*「俺一人ならここを突破できる!だから先に行っててくれ!必ず脱出してみせる。無事に逃げられたら二人で静かな場所で暮らそう。」

*「みろジャック!こいつはここまでの人間だ!」

*「貴様何故生きている!?完全に倒したはず・・・」

*「いいかここを動くなよ。5分たってもおれがここに来なかったらここから逃げるんだ。」

*「お、お前・・・まさか・・・・うわあああああああああああああああああ」

*「ちくしょう、遭難しちまった。とりあえず今日はこの山小屋で一晩過ごそう。」

*「勇者達は逃げ出した!しかしまわり込まれてしまった!」

*「お前はもう死んでいる・・・」

*「明日テストだけど何にも勉強してないや。」

*「おい!動けよ!動けって!!」

*「私はソ連に亡命する」

*「謀ったなシャア」

*「おまえともっと早く会いたかったよ。」

*「帰ってきたら豪勢な夕飯を奢れよ!」

*「お、俺はただ幸せになりたかっただけなのにーー!!!!うわぁぁぁぁぁぁぁっぁぁぁぁああああああああああああ」

*「ねんがんのアイスソry」

*「ブ.ブレーキが利かない!!!!」

*「皆で一緒に帰ろう・・・・」


*「絶対、みんなで帰ってこような!」

*「ビートマニアをしていて、ギャラリーに話しかけ始める」

*「悪い、ちょっと先に行っててくれ…寄りたい所があるんだ」

*「内藤くん…あたしのロッカーに、何の、用?」

*「内藤くん…あたしのピアニカに、何の、用?」

*「ここがお前の墓場だ」←こいつの墓場になる

*「バイバイみんな!」

*「ヒャッハー!!ここは通さねぇぜ!!!」

*「待て、話せば分かる。」

*「お前は逃げろ!!!」

*警備員「ん? おい、そこにだれかいるのか!」

*「目が!目がぁぁぁぁああああ!」

*「つうこんの いちげき!!」

*ばからしい俺は帰るぞ「…つり橋が…切られてる…」「…電話線も切られていた。」

*「わかったのよ…この事件の犯人が!でも今は言えない…明日またここに来てくれるかしら?」

*「でも私、本当にお兄ちゃんのことがすきだったよ!」

*「1・2・3で振り向いてズドンだ。1・2・・・・」ズドン「おめーならやると思ってたさ。」


*「なぁ…俺たち、もっと別の出会い方をしてたら親友になれたかなぁ?」

[PR]
by sakelife | 2006-08-22 13:08 | 日記~日々の思いを綴る~

池袋「乙女ロード」に改名の危機?

ちょっと前の記事が目に付いたので読んでみました。


 今や池袋の新名所として定着しつつある「乙女ロード」。
ここは女性向け同人誌の品揃えが豊富な書店が密集していることから、全国の腐女子(BL系ややおいなどをこよなく愛する、言わばオタク系)が集う聖道と化している。

 ところが、この「乙女ロード」の名称に一部疑問の声があがっている、というのだ。
なんでも、“腐女子御用達なのに「乙女」ってちょっと美化しすぎなんじゃないの?”という意見から、投稿サイト「喪ゲ女」では新名称を考えようと論争が繰り広げられている。
候補としては、「腐海」「腐士道」「腐女捨て山」「ロード~第801章」「池袋の住人の皆様ここ通ってごめんなさいロード」などなど・・・。

 ウマイ!っとつい思ってしまうようなネーミングもあるが、「腐海」や「腐女捨て山」は、
いくらなんでも女子にはキツイのでは!? 名前が変わることによって、腐女子の
皆さんが池袋に来づらくなるような状況は避けたいもの。この危機を伝えるべく、
池袋に急行。その道行く腐女子の方々にその胸中を聞いてみた!

 「あんまり気にしない」(20歳)
 「乙女ロードのほうが響きがかわいいから、このままがいいですね」(23歳)
 「放っといてほしい」(19歳)

 と、新名称の提案について苦笑いで答えてくれた。
「気にしない」という意見がほとんどではあったが、やっぱり不愉快に感じていることは表情から感じとれた。
では、もし名称が変わってしまったら来づらくなる?

 「フツーの友だちを連れて来づらくなっちゃう。だって『腐海』に行こ! とか『腐女捨て山』につき合って、なんて言えないじゃないですか~」(23歳)

 確かにごもっともな意見だ。当たり前だが、ここに来る誰しもが腐女子とは限らないのだ。
しかも、突然のインタビューにも関わらず足を止めてくれた(腐)女子の皆さんは、「オススメの漫画家は?」などの質問には声高に瞳をうっとりさせて答えてくれた。
こっ、これぞまさに「乙女」の姿!?

 腐っても女子。いくつになっても、何かに夢中になり胸キュンする心が乙女なのだ。
まさに、彼女たちこそが「乙女ロード」を歩くにふさわしいと言えるのではないだろうか。

http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2321116/detail


いや、最初に見たときは儲かっている店舗がどこかに移転しまくっているのかと思ったら馬鹿馬鹿しい噂話記事でした。

しかし、「腐海」と「ロード~第801章」は秀逸なネーミングですね。

まあ、私としては「腐海」が一番いい名前だと思います。

「ロード~第801章」はヤオイだからと気が付くと笑えるけど深さがない。

「腐海」はもうドロドロぷりと広がり続けるという深さがありますからね。

ただ、これって男女問わず使えるな。
いった奴は男のオタクなんだろうけど、自分の首を絞めているとか考えないのだろうか?

「秋葉原腐海にいこうぜ!!」とか「中野腐海にいこうよ」にできるもんな。

・・・流行すると面白いな・・・

もう秋葉原は『萌えオタクの聖地』であり、それ以外のオタクには優しくなくなっているしね。
私に的には時間を10年ぐらい前に戻してもらいたいな。
あの頃が適度に雑多なオタクいたし、店もいろいろと種類があったもんな。

しかし、『男オタク』と『女オタク』はなんでこんなに互いを馬鹿にし合えるのであろう。
いずれ検証してみようかと思います。
[PR]
by sakelife | 2006-08-21 12:43 | 日記~日々の思いを綴る~