It is not possible to live if there is no whisky.


by sakelife

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
日記~日々の思いを綴る~
酒蔵~酒への思いを綴る~
遊戯~趣味に関して綴る~
特攻~挑戦した事を綴る~
時事~気になる事を綴る~
議題~私的意見を綴る~
酒樽~酒の貯蔵所~
住処~Richardson place~
事件簿~日々の事件を綴る~
Success story~転職記~
Tokimeki Memorrial
Shadow Run Report
Marmalade Boy Report
Madara2 Report
DS

Link

粗茶の水博士のとろけるナトリウム
~粗茶さんの仲間の寄り合い所~

Uoo!Haa
~ゆる氏のmixi主婦日記~

はんてん屋
~日記をほぼ毎日更新する神~

へっぽこ戦記
~夫婦で三国志TCG生活~

天声人語風メーカー
~〇日新聞社風社説作れます~

mixi入口
~やっている人は使って下さい~



以前の記事

2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2005年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

なにかと忙しい日々

とにかく時間がない。
こうしてブログを書いているのは完全な現実逃避行為だったりする。
そして、こうしてインターネットに接続したらある程度はサイトめぐりをしてしまう。
そしてこんなサイトを見つけると嬉しくなってしまう。

その結果さらに時間を浪費してしまう。
まあ、こうしてストレスを解消しているのだと自分自身に言い訳をしながら今夜はこのまま寝ようかと思っています。
んで、ちっと面白い画像もついでに貼っておきます。

d0052701_2311415.jpg


ひねりも何もないがこれが現実的な対処でしょう。
[PR]
by sakelife | 2005-10-31 23:12 | 日記~日々の思いを綴る~

ザ・ハイロウズが2006年1月1日にベスト・アルバムをリリースする。

個人的には衝撃的なニュースです。
ナニがって、それは彼らの前身であるブルーハーツはベストアルバムを出して後に
解散したからです。
まあ、そんなこととは関係なくセールス的に出るだけだと信じたいのです。
そして収録局を閲覧してみると多少の不満があったりします。
以下は勝手な回想と曲を変えろという思いですのでハイロウズを知らない方はオタ
クの戯言と思ってください。


・ミサイルマン
ボキャブラ天国が懐かしい。
順当なエントリーですね。デビュー曲だったし。

・スーパーソニックジェットボーイ
実にハイロウズ的な一曲。
ドライブには欠かせない。

・胸がドキドキ
名探偵コナンがあんなにダラダラ続くとは思いもしなかったな。
ハイロウズの曲ではかなり無理してポップ調の作品。

・相談天国
ドライブ中に聴いていると無意識にスピード上げてしまう一曲。

・ロッキンチェアー
我が家では子供の子守唄です。
仕事を終えてからこれを聴くと非常にビールが飲みたくなる一曲。

・月光陽光
実はそんなに思い入れのない一曲。
これよりもどうアルバムの『俺軍、暁の出撃』の方が好きだ。

・千年メダル
文句なしの一曲。
分類としてはラブソングかな。ただし出だしが
「永遠に君を愛さなくていいか」
だったので我が家の結婚式では使用しなかったが、
やはり使えばよかったという思いのある痛恨の一曲。

・ローリングジェットサンダー
実はあまり思い出せない一曲。
なので不死身のエレキマンにしてもらいたかった。

・罪と罰
小心者としてはここまで開き直って生きてきたかったと思う。

・ハスキー(欲望という名の戦車)
嫌いな曲ではないですが、これを入れるなら『夏の地図』にして欲しかった。
そういえば王様のブランチってまだ続いているね・・・

・青春
いい選曲だと思います。
これを聞いた頃にハイロウズへの情熱が再燃した覚えがあります。

・十四才
これを聴くと青臭い気分になります。
でも出だしのジョナサンという仇名の友人がいたせいだけではないはず。

・いかすぜOK
これの後半部分は削って『夏の朝にキャッチボールを』をいれて欲しかった。
ひょっとして削ってあるのかな

・Too Late To Die
嫌いではないですが『死人』の方がいいかな。
いまだに何故CoCo壱番のCMに使われていたのか謎の曲である。

・夏なんだな
これを削って、『バームクーヘン』と『コインランドリー』を
いれてもらいたい。

・日曜日よりの使者
ゼブラーマンは楽しかったが『ジャングルジム』の方ががいいな。

・荒野はるかに
オリンピック競輪の応援ソングだったけど西部劇系なら
『シェーン』の方が好きです。

・サンダーロード
最近バイト情報誌のCMに使われていましたが、これよりも
『真夜中レーザーガン』の方が青春していると思われるのでそっち
にしてほしかった。


とここまで書いといてなんですが、既にこの上記の編曲みたいなものは
CDに焼いて車に常備しているのでこのアルバムを買う必要性がないことに
いまさら気づかされる。
[PR]
by sakelife | 2005-10-27 12:45 | 遊戯~趣味に関して綴る~

最近の響鬼

特撮サイトなどではいろいろ騒がれているのでまずはその経緯を簡単に。

髙寺成紀氏が東映側のチーフプロデューサーとして響鬼が始まる。
この人は「激走戦隊カーレンジャー」「仮面ライダークウガ」など担当。
                ↓
ネット上では「仮面ライダーとしてどう?」と議論が沸騰
                ↓
ネット上では「否定派」と「肯定派」とで議論が落ち着く。
                ↓
響鬼の劇場版として「仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼」が決定する。
このプロデューサーは 白倉伸一郎氏が担当することになった。
この人は「仮面ライダーアギト」「龍騎」「555」を担当していた。
                ↓
ネット上では「いまさら彼が響鬼にどうしてかかわってくるのか?」と議論が沸騰
                ↓
ネット上では「劇場版は糞作品(良作派意見)になるのではと」議論が沸騰
                ↓
TV版も第30話以降は白倉氏が担当することになる。
                ↓
これによれ作品の雰囲気が変化。
                ↓
響鬼の肯定派内において、白倉氏の作風に否定派、肯定派に分かれる。
                ↓
この交代の原因についてネット上では
(1)主力玩具商品の売り上げが低かったため
   →響鬼の変身セット等が売れなかった。ディスクアニマルは好調

(2)制作スケジュール管理に問題があった
   →野外(遠方)での撮影が多かった。

(3)制作予算の乱れ
   →ロケとCGなんかで経費を超過してしまった。
※いずれの意見も推測である。

過去に商業的不振などからいわゆる「テコ入れ」が行われた作品はあっても、
東映側制作トップのチーフプロデューサーが交代するという事態は極めて異例のため
(過去にサブプロデューサーの交代はあった)、通常では有り得ない何らかの理由が
あったこと特撮マニアたちは結論付けている。

なことがあり、響鬼の様子を見ておきたかったのと、こうして説明してプログ書くのが
面倒だったので今まで沈黙していました。
私としては響鬼については以下の気持ちです。

d0052701_1861656.jpg


私は今回の響鬼は肯定派ですが、正直この交代劇以降の響鬼についてはこんな気分です。
でも、白倉氏の作風自体は肯定派でもあります。
劇場版の響鬼については別世界として見に行ったので面白かったし、
「555」と「アギト」は好きでした。(龍騎は嫌いでした。)
それをいきなり響鬼に持ってこられたので戸惑ったのですが、その要因は以下のような理由からです。

サプライズがない。
 →放送中の展開が予想できてしまう。

CG等が稚拙な作りになった。
 →明らかに予算を削った感が強い。

ダラダラ戦闘シーンをしている。
 →殺陣が水戸黄門的。

明日夢パートと響鬼パートの時間の割り当て変化。
 →半々ぐらいの割合が戦闘パートが入っために三分の一づつの割合になった。

話を無理やり進めるためだけのキャライメージ変更。
 →性格の簡略化。

不要なまでの笑い要素。
 →コメディー的な笑いを捻じ込んでくる。

でも、白倉氏の脚本で二、三話見ていくと「これはこれでありかな?」という気分になりました。
(オタクって大きな子供な要素が多いからそういう心の切り替えって下手なんですよ)
そう思えるのは白倉氏の脚本が安定しているからなのでしょう。
今後の響鬼は今までのは微妙に忘れて楽しもうと考えて最近は見ています。
[PR]
by sakelife | 2005-10-18 12:53 | 遊戯~趣味に関して綴る~

Marmalade Boy Report 5



2月1日


光希が所属しているテニス部は2月7日に地区大会に出る事になっていた。
残念ながら光希は男の尻を追うのに夢中のため、選手には選ばれていなかった(予想)。
しかし、出場する予定だった名もなき選手がケガをしたため、代役として光希が出場する事が決定する。
光希が自信がないと騒いでいると銀太が

『俺がコーチしてやる』

と現れました。

d0052701_23163187.jpg


・・・君もその大会に出るんじゃないの?それとも出れない程度の選手なのにコーチする気?・・・

お断りしたかったが、出来きない仕様になっていました。




2月2日


夜。光希は懲りずにコンビニにフラフラと向う。
その途中で亜梨実が登場する。
この女は遊と過去に付き合ってた時期があり、いまだに彼に夢中という設定です。
光希を発見した彼女は無理矢理ファーストフード店へと連れ込む。
そこで、
『自分はずーっと遊が好きだったからわかる。今の彼には本当に好きな人がいる。だから、自分はもう彼の事はあきらめる』

と涙ぐみながら言い始める。
同情する光希は彼女に何か話しかけようとすると、

「でも、須王君(銀太)と一緒にいると凄く安心するの?あなたは彼の事、どう思ってるの?ただの友達?」

・・・尻軽女どもめっ!!!・・・

d0052701_23174493.gif


ここで、遊が現れてこの話は次回持ち越しと相成りました。




2月3日


銀太の猛特訓でクタクタになった光希は帰宅途中で、銀太が自分の練習をしているのを目撃する。
自分の練習を後回しにして、自分の特訓に付き合ってくれた彼に光希は心が揺れ動く。

・・・このパターン飽きたよ・・・

彼の練習を邪魔しないように声をかけない選択を選ぶと、とある人物を発見。
亜梨実だ!

・・・消えてしまえ!!・・・

d0052701_23203438.gif




2月5日


連日の特訓のためにバイト先で疲労がピークに達する光希。
倒れそうになった光希を蛍は抱きつくような形で助ける。
いそいで離れるが抱きしめられた事が嬉しいのか、しばらく光希はそのことを思い返していました。

・・・いっその事、そのまま牛のように反芻しつづけていろ!!・・・




2月6日


たかだか三日の特訓でテニス選手として覚醒した光希。
その上達ぶりに銀太からお褒めの言葉をいただける。
明日に備えて今日の特訓は終わりということになり、彼が片づけを引き受けてくれる。
その言葉に甘えて帰ろうとする光希にあの尻軽女二号が声をかけてくる。

『私は須王君(銀太)が好きだから、あなたに私の気持ちを伝えてもらえない?』

とのお願いを受けます。
どうして自分がそんなことしないといけないのかと思う光希だが、押し切られる形で引き受けることになってしまう。
でも、どうしても聞かなくてはいけないことを最後に訪ねる。

『遊はもういいの?』

『今は遊よりも、須王君(銀太)の方が好きなの!』

とのこと。

・・・じゃあ、今後その比率が戻ることもあるのね・・・




2月7日


テニス選手として覚醒した光希は大会でシングルス8位という成果を達成する。
皆から祝いの言葉をかけられながら、光希は尻軽女二号の気持ちを銀太に伝えようと彼にコンタクトを取ろうとする。だが、彼は先生に呼ばれてその場から去っていってしまうののであった。

・・・どうでもいいときには現れるのにな・・・

その夜。バイトを終えて帰ってきた光希は部屋で自分の気持ちが分らないと呟くのであった。

d0052701_23264722.gif


・・・知ってるよ。皆好きなんだろ?・・・

そんなときに尻軽女二号から電話があり、早く私の気持ちを彼に伝えろよ。ゴラァとお叱りを受けるのであった。

d0052701_2323485.gif


・・・・・・



2月8日


翌日。銀太に尻軽女二号の気持ちを伝えるべく電話をかける光希。
公園で呼び出して、尻軽女二号の事を伝えると銀太がキレる。

『なんでお前がそんな事を俺に伝えるんだ!』

その怒りのまま、光希の唇を強引に奪う。

『俺はお前の事を好きだが、お前は俺をどう思っていんだ』

と問い詰めてくる。

・・・普通に強姦だろこれは・・・

そんな彼に光希はバレンタインデーまで待って欲しいと言う。
銀太は渋々納得したので、光希は帰ろうとする。
そんな光希を銀太が呼び止める。

『受け取って欲しいものがある』

と、何かを取り出す。『メダイユ』というものらしい。
どうもこれには好きな人の写真を入れると恋が成就するという「メダイユの伝説」あり、桐稜高校(光希たちが通う高校)に入学するともらえるらしい。

・・・今、バレンタインデーまで待つって言わんかった?・・・

どうしてそんなものを渡されるのか分らないが、丁重に受け取らない選択肢を選び光希はその場を去るのであった。




2月9日


茗子に銀太の事を相談しようとお茶をしていると、蛍が突然現れ光希を外へ連れ出しまう。
そして、期待を裏切らずに

『お前にずっと側にいて欲しい』

と告白をしてきました。

昨日に引き続きの突然の告白に混乱した光希はその場から逃げ出す。
逃げる途中に振り返るかの選択肢があったが、
振り返えれば今度はこいつに唇を奪われる
と思うので振り返らない選択を選びました。

・・・打ち切り漫画みたいな展開だな・・・




2月10日


光希が夜の街を彷徨っていると、遊を発見。
彼は幼馴染となにやら話しこんでいる模様。
幼馴染は涙を流しながら彼に何かを訴えている模様。
そんな彼女を置いて彼は光希のいる方向に歩いてくる。
そこに選択肢が登場する。

逃げるか、逃げないかだ。

ここは逃げてはいけない場面と判断し、逃げないを選択する。
そこに遊がやって来て、幼馴染に告白された事を告げる。
それを聞いた光希はショックのあまり思わず逃げ出してしまう。

・・・まだ何かを言う様子してんだろ・・・

家に帰り着いた光希は茗子に相談しようとするが、電話に彼女は出なかった。
立て続けに起きた告白事件と遊との事で、

『皆、私の気持ちなんて全然考えてくれないから嫌いだ』

と泣き出してしまう光希であった・・・。

・・・貴様も考えてないから・・・




2月11日


夜。遊の幼馴染から光希に電話があり、自分が遊に告白したと教えてくれる。
何事もなかったかのように振舞う光希に彼女はどうなったかも教えてくれる。

『断られたの。私の事は二番目に好きだけど、他に一番の女の子がいるからって・・・きっとあなたの事よ』

そう言って彼女は電話を切る。
そんな事は信じられないと自問自答する光希。
そこにタイミングをうかがっていた遊が登場。

『俺はお前の事が好きだ』

そういって『メダイユ』を主人公に渡してくる。
受け取るという選択肢を選ぶが、

『バレンタインデーまで受け取れない』

と光希は断るのであった。

・・・受け取ってもう終わらせてくれよ・・・



2月12日


茗子に自分がどうすればいいかを相談する光希。

『三人の男の子を選び放題って思って、いつも通りにしてればいいじゃない』

という答えを聞いて何故だか納得する光希。

・・・どこを納得すればいいんだ、てか、自分で決めろ・・・




2月13日


唐突にあなたが本当に好きな人は誰かを選択しろとゲーム進行役が現れました。


いよいよ選択の時が来た。

最後瞬間が!

d0052701_23331649.gif


で、数度確認されつつ選ぶとこの日はいきなり終了。




2月14日



・・・本当に長かった・・・

告白の言葉は自分で入れてね
とのことなので少しだけ気の利いた言葉を考えてみる。

俺はこの言葉に全て賭ける!!



d0052701_232625.gif



さあ、こんなに面白そうなゲームをしない手はない。
みんな今すぐ中古ソフト屋に行くんだ!


追伸
他の男を選択してもとりあえず成功はするが、
後日談で他の女が好きななったと光希はフラれます。

・・・いい様だ・・・
[PR]
by sakelife | 2005-10-07 23:34 | Marmalade Boy Report