It is not possible to live if there is no whisky.


by sakelife

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
日記~日々の思いを綴る~
酒蔵~酒への思いを綴る~
遊戯~趣味に関して綴る~
特攻~挑戦した事を綴る~
時事~気になる事を綴る~
議題~私的意見を綴る~
酒樽~酒の貯蔵所~
住処~Richardson place~
事件簿~日々の事件を綴る~
Success story~転職記~
Tokimeki Memorrial
Shadow Run Report
Marmalade Boy Report
Madara2 Report
DS

Link

粗茶の水博士のとろけるナトリウム
~粗茶さんの仲間の寄り合い所~

Uoo!Haa
~ゆる氏のmixi主婦日記~

はんてん屋
~日記をほぼ毎日更新する神~

へっぽこ戦記
~夫婦で三国志TCG生活~

天声人語風メーカー
~〇日新聞社風社説作れます~

mixi入口
~やっている人は使って下さい~



以前の記事

2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:Tokimeki Memorrial( 3 )

Tokimeki Memorial Report 3

いよいよ最後の年である。
ここまでは順調に進めてきたが、この最後の年でどうなるのか分かったものではない。
リハビリで行った一回目では二年生の末に清川を登場させたゆえ、
そいつとエンディングになってしまった。

ここは慎重に進めていくとしよう。
三年になってしまえばもう能力をいくら上げても新しい女は登場しないで済む。
今までの遅れを取り戻すべくバリバリと進められるはずである。
もっともボスとの親密度は上げなくてはいけないのでそれも忘れずいなくてはいけない。

進めていると、ボスとデートの約束した場所に当り屋が現れてしまう。

d0052701_15545848.gif


・・・これは不味い展開である。

このキャラクターが登場するということは、エンディングでボス攻略に失敗すればこいつと迎えるフラグが立ってしまったのだ。
エンディングで高い能力を誇り、他の女からの告白を受けられない場合にはこいつが登場するのだ。
困ったものである。まさしく想定外であるが仕方なく進めることにする。


この後は問題なく進めることができたので、ボスとの最後の夏を満喫させてみる。

d0052701_15555072.gif
d0052701_1556223.gif

d0052701_15563923.gif


・・・これでかなり点数を稼げたはずである。

合宿では主人公は必殺技を得ることができた。
これを使って三年生最後のデートの際に発生するゲーム的な邪魔者たちと戦う力を得ることができた。
で、それを使うことになったのが以下の戦闘である。

d0052701_1557320.gif


まあ、これはイベントの一種でこれに成功すると一緒に戦った相手との親密度があがります。
おまけだから深くは考えないで良いものである。


その後、最後の文化祭ではこの戦闘の結果がよかったためにボスからの誘いを受け順調なことを確認できる。
新年までとにかく能力の上昇と邪魔者たちの情報操作とを潜り抜けながら進め、

最後の神頼みにボスとともに向かう。
ここでボスは意味深な言葉を残すが、どんな親密状態でも同じ台詞なので気にしてはいけない。

d0052701_15573324.gif


新年を向かえ、いよいよインターハイだがあっさりと優勝して終了。
ここで、他の機種だと親密度の高い相手から労いがあるのだが、容量的にカットされたみたいである。

いよいよ最後のバレンタインだが、伊集院から親切な解説があり、三人からチョコを渡される。

d0052701_15575721.gif


三人の内、二人との親密度を気をつけながらそのまま三月まで怒涛のラストスパートに突入する。
なんとか能力値を上げたのだが、ボスと同じ一流大学へと進学を挑戦するが失敗する。

・・・これは不味い展開である。

はっきりいってボスは肩書きに弱いのである。

とにかく『一流』のものに属さないと最後のシーンにもっていけないのである。
バスケでインターハイ優勝だったので『バスケで渡米』もあったが、これは罠である。

相当にボスとイベントをこなしていないとこれを選んだ時点でアウトになるのだ。
なので一流企業に就職を選んでおく。
なんとかギリギリ入社できそうなので、そのままダラダラと時間を進める。
いよいよ最後である。

いったい誰とのエンディングになるであろう・・・・
この三年間の成果がいよいよ試されようとしている。

d0052701_15593321.gif


急いで駆けつけるこのシーンも何度見たことであろう・・・
昔はここので現れるシルエットだけで誰が告白してくるかを判別できたもものだ。
流石に十年前の記憶ではそこまで判断するのは難しい。
このシルエットから判断できるのは髪の長い女であることだけである。
これではメットかボスかは微妙であるが・・・

d0052701_1602433.gif


よっしゃー!! 成功だ!

私もよくこんな不毛な時間を過ごしたのだ。

d0052701_16142100.gif

・・・よく言うよ。

d0052701_162892.gif

目移りしてしていたんだよな・・・知ってるよ

d0052701_1623234.gif

プチ自慢だね。一度も貰ったことのない男に対して・・・

d0052701_1624714.gif

・・・能力値が低い相手ばかりだったんだね。

d0052701_164353.gif

アレだけデートして唯の幼馴染とはつれないね。

d0052701_1642565.gif

他を見つめたら情報操作されるしね。

d0052701_1654255.gif

はいはいワロス・・・・

d0052701_1665123.gif

告白を終え、互いの気持ちを確かめたボスの頬には美しい涙が・・・・


ふー。長かった・・・
確かにクラブばかり選択していたな。
他の能力値を上げるのは危険だったからな。

と、まあこんな感じのゲームです。
このシリーズは二作目、三作目とあり、女性向け版もでております。
来年当たりにはオンライン版もでるという発表もありますので興味を示されたなら是非ともやってみてください。
私はこの一作目で力尽きていますので・・・
d0052701_1671286.gif

[PR]
by sakelife | 2006-02-27 12:54 | Tokimeki Memorrial

Tokimeki Memorial Report 2

さて、待望の二年目です。
学校へと向かう主人公に突然声をかけてくるロリ女がいます。
相手はこちらを知っているようですがこちらは思い当たる人物がいない。
あたふたしている主人公に救いの神である好雄が現れる。
で、こいつが好雄の妹と判明する。

d0052701_12152456.gif


他の女の設定が高校生というのも無理があるが、
こいつの場合は小学生の間違いだろ。
ちなみに妹(以後、早乙女優美は妹と呼称)の情報はこんな感じ。

d0052701_12155839.gif


・・・だからどうして妹のスリーサイズまでチェックしている
イベントはここで終了。


衝撃の出会いが終了後ボスと戦闘を試みると、イベントが発生する。
公園で昔話に花を咲かせているのですが、

d0052701_121717.gif


この格好で芝生の上に座る奴はおるまい。

二年目も一年目同様に能力を上げるのだが、今年はボスの好感度をしっかりと上げなくてはいけない。
好感度とは、その人物から見た場合の主人公に対する階級だと考えてくれればよい。
自分より上の階級の奴にはここに出てくる女たちは直ぐに尻尾を振ってくるのである。
好感度を上げるのに後二年間もあるのだが、三年目は学業系と邪魔者たちの相手に専念しないといけないからである。
その上、ボスに関しては好感度を上げられる強制イベントの数が残り少ないからである。
ここで卒業までのイベントを整理してみよう。

期末テスト 5回
体育祭 2回
クリスマス 2回
修学旅行 1回
初詣 2回
夏合宿 2回


こうしてみると多いが、実は期末テストは相手を凌駕する点数でとらねばならないのである。
なので他のキャラクターなら慌てる必要もないがボスの場合は、現状の能力値から推測して残りは一回と考えなくてはならない。

また、親密度を上げる勝負の年でもある。
上記でも記したように三年は邪魔者の攻撃が多いので、二年のうちにアグレッシブにボスとの対決しなければならないのだ。
と案がまとまったところでゲーム再開する。

ゴールデンウィークに作戦の成果が六月に早くも出た模様。
去年はつれないボスだったが、

d0052701_12175696.gif


今年はこの通りである。

d0052701_12181168.gif


・・・手のひらを返したようなこの反応は面白いな。

実際にいたら引くけどね。
そのまま能力とボスとの親密度をあげながら夏休みまでは当り屋に二度ほど体当たりされたぐらいで何事もなく進む。
恒例の夏祭りにボスを誘い、後はプールに引っ張り出すかと画策していると好雄からの電話がある。
突然遊園地に呼び出された主人公を待っていたのはボスとNo.3であった。
二人とのダブルデートであり、ここで下手にNo.3の好感度を上げないように注意しながらボスとの親密度を上げておく。

後日、予定通りボスと水中戦闘を行っているとイベントが発生。

d0052701_12185830.gif


・・・これはセクシーシーンに部類しているらしいが、まあ気にしないでくれ。


気を取り直して夏休みを終え、新学期の開始である。
今年は修学旅行があるらしく、どちらにいくかを選択することになる。
行き先は『中国』か『オーストラリア』。迷うことなくオーストラリアを選択肢。

そこで、ボスと自由行動をともにすることになる。

d0052701_1224661.gif


こちらに気のある表情をしているが、現段階での好雄評価であればそうでもない関係である。
友達以上、恋人より二段階下という程度である。


・・・やはり手ごわい



この修学旅行では階級を上げるチャンスが用意されている。
それがこいつとの戦闘である。

d0052701_1220813.gif


もっとも、最後はこいつに助けられて戦闘は終わるのだが。

d0052701_1222257.gif


この後、途端にボスからこちらに接近してくるようになる。


もっとも問題は他の敵たちも動き出したことである。
イグナイデッドもこちらに攻撃をついに開始しだしたのである。
この時点での好雄評価ではイグナイデッドの方がボスよりこちらの恋人気取りだということである。

d0052701_12245955.gif


なので、今年の文化祭でもイグナイデッドが一緒に行こうと誘ってくるが断ってボスと行くことにする。

このためににイグナイデッドが情報操作を行い始めるので一度だけデートをしておき、冬までコツコツと進めていく。
冬休みはボスとの雪上戦闘と神頼みに伺い、いい感じになっていくことに成功。(神頼みの効果である。)

その効果が功を奏して遊園地での戦闘時にイベントが発生。

d0052701_12264021.gif


これは観覧車に乗った際に、途中でそれが止まったのだがその程度でここまで騒ぐ女は滅多にいないだろう。

何事もなくバレンタインまでゲームを進めていくと、今年はボスから屋上への呼び出しをうける。
のこのことついていくと、美樹原愛を紹介される。

d0052701_1227918.gif


でたなメットめ!!

この女は本当に邪魔な存在である。
ナニが邪魔かというと、物語の後半に出てくるくせに、出た瞬間にはもう恋人気取りということである。
これは主人公のパラメーターが高いためなのだが、つれなくあしらうと直ぐに情報収集をしだすキャラなので厄介である。
プロフィールはムカつくので割愛させてもらう。

この後は当り屋に何度か体当たりされるぐらいで何事もなく三年生へと進む。
いい加減に当た屋には諦めた主人公

d0052701_12273996.gif

[PR]
by sakelife | 2006-02-15 00:12 | Tokimeki Memorrial

Tokimeki Memorial Report 1


d0052701_12314776.gif


伝説のゲームですね。
このゲームに私が出会ったのは中学三年生の春。
周りは受験だどうのにいっている頃でした。
一方の私はというとPCエンジンでこいつをしているか、
友達と覚えたての麻雀をしているかというなんとも充実した日々をすごしていたものです。

その後、多機種のハードに移植されていったのですが、
順番的にはプレステ、サターン、スーファミ。
どうしてスーファミにサターンの後に移植されたのかは謎です。
近年では携帯電話のアプリゲームとして配信されていたというけどこれを
携帯電話でピコピコしている人なんていたのであろうか?

いまさらこんなゲームをやり直す気になったのは『ゲームセンターCX』という番組で
これをやっていたのを知ったからです。
やるなら話題の人物と思って、この人にしてみました。

d0052701_12323242.gif


勢いだけで始めたのですが、このゲームはやはり面白い。
リハビリを兼ねて一度エンディングまでプレイしてみたが、当時は神懸り的にクリアできたのにそのときのプレイでは狙った相手とエンディングを迎えるのに失敗しました。
後のギャルゲーに多大に功績を残しただけあります。
このゲームとしてのバランス感がすばらしい。
これだけの作品が作れた当時のコナミはどこへいったのでしょうか・・・・
まあ、そんなことは過去のこととして、ここからリプレイを始めたいと思います。

d0052701_1233436.gif


懐かしい画面である。
この画面を私はいったい何度見てきたことであろう。
百数十回はくだらないであろう。
この主人公には憧れで幼馴染のヒロインがいる。
彼女と同じ高校に入るために必死に勉強して入学できたという設定である。
で、これが憧れの藤崎詩織だ!

d0052701_12411457.gif


・・・どうしてこの絵を許容していたのかがいまの私にはさっぱりです。
熱を上げるというのは恐ろしいものです。
なにはともあれ、こいつがこのゲームのボス(以後、藤崎はボスで呼称)だ。
いつを倒すのは一筋縄ではいかない。
そのために必要になってくる情報参謀・早乙女好雄だ!

d0052701_1241428.gif


・・・こいつの情報収集力は半端ではない。
出てくるヒロイン全ての情報を把握している。
後に出てくる自分の妹ですらスリーサイズを網羅していることに驚きを禁じえない。
さすがは好雄(以後、好雄で呼称)だ!

敵と仲間を確認しおえると次に現れたのはこのゲームにおけるライバルである。
それがこいつ、伊集院レイだ!

d0052701_12421299.gif


・・・正直、敵というよりはうざいだけの奴である。
こいつの存在意義は一年に一度開いてくれるクリスマスパーティーだけである。
会話が終わると入学初日が終わり、ボスと一緒に下校することになる。
その際にこの学校の伝説というのを聞かされる。

d0052701_12434147.gif


・・・いまやどこの街にもある伝説ですが、これが先駆けに違いない。

この伝説をボスに実行させるのが最終目標である。

これがこのゲームの基本画面である。

d0052701_12424532.gif


このゲームはステータスアップを図りボスを打倒するのである。
その合間にボスをデートに誘い出し、親密度をアップして卒業式を迎えなくてはならないのである。

というわけでここで今年の計画を立てておく。
まず一年目適度にデートをするが、それよりも急ぐのには能力のアップである。
そして、ボスとの親密度を上げやすくするために同じ部活に入っておく必要がある。
そのためにバスケ部に入部しておく。

d0052701_12441719.gif


この入部した際のボスの迷惑そうな表情。この表情が非常にムカつく。
殴りつけてやりたくなるほどである。
ボスの部活は本来であれば好雄にでも確認するところだが、そこは昔とった杵柄。
ボスの誕生日と誕生月の数字から導き出す事はたやすい。
(実際は昔よく使った誕生日に設定したのでそれを覚えていただけ)
黙々とパラメータアップに勤しみだす。

入学して一ヶ月。
ゴールデンウィークがやってきたので、一度だけボスとの戦いに費やす。

d0052701_12445412.gif


・・・ちょっと前に中学生だった女が着るような服なのであろうか?


パラメータを上げていると途中で部活の方でイベントが発生する。
三ヶ月ごとにある他校との交流試合である。
この試合に三年間勝ち続けるとインターハイに進出できるのである。
今回の結果は・・・

d0052701_12455262.gif


この試合の結果は部活をどれくらい行ったかが重要なので今後もこのペースで部活を進めていけば問題ないはずである。
このようなイベントで活躍すると何故だかとある人物との遭遇率が高くなる。
これはイベント成功による知名度が上がっているためらしいが、
隠しパラメーターなのでここら辺はよくわからなかったりする。
遭遇率が上がるのはこの女、館林美晴である。

d0052701_12581268.gif


・・・今後、この女と出会うのはいつも体当たりをかましてくるので、当り屋と命名する。

このゲームではパラメーターアップに励んでいると大抵、以下の連中が登場してくる。

文系の場合


d0052701_12475461.gif


極度の貧血気味という設定の読書好きの女である。
こいつはこの作品の中で一番人気がなかったと記憶している。
ときメモ仲間のHが萌えていたキャラクターの一人である。(曖昧)

理系の場合


d0052701_12481610.gif


超天才的な頭脳をもった科学者という設定の女である。
この女の場合が登場する際には強制的に自分の所属している部活に編入させるという洗脳イベントが
あったはずである。
意外とツンデレ系の走りなので人気が高かった女である
ときメモ仲間のHが萌えていたキャラクターの一人である。


芸術の場合

某栄誉監督も真っ青な似非英語を駆使する芸術女である。
この役をやっていた声優はアメリカで仕事をしているので実は堪能な英語が喋れるらしい。
ときメモ仲間のHが萌えていたキャラクターの一人である。


運動の場合

d0052701_12483577.gif


とにかく応援しかしない女である。
何でも気合で乗り切れると言い切るその姿に当時の私は萌えたものです。
勢いだけで人生を乗り切れると信じていたあの頃が懐かしい・・・
ときメモ仲間のHが萌えていたキャラクターの一人である。

根性の場合

d0052701_12495779.gif


とにかく運動をしている女である。超高校級の水泳選手らしいが、毎朝50Km走っている設定に違和感を感じたものである。
リハビリにプレイした際には二度しかデートしてないのにこいつから告白されました。
一番攻略しやすいキャラクターのようである。

雑学の場合


d0052701_12502245.gif


流行にうるさいという設定でしたが、ゲームがでた頃の流行だったりするので時代遅れだったりする。
このゲームにおいては唯一女子高生らしいキャラ立てではないでしょうか。
ときメモ仲間のHが萌えていたキャラクターの一人である。

容姿の場合


d0052701_12504749.gif


女版伊集院レイという役柄である。実は学校ではそういう態度をとっているだけという設定だが、
そんな設定が分かったからといってどうこの女に萌えろというのであろう。

・・・Hの奴は女なら誰でもよかったのではないか?

この女たちはどれも厄介である。
勝手にこっちの彼女面をして、構わなければ変なうわさを流し、せっかく上げた他の女との親密度を下げるのである。
こいつらを出さない方法はただひとつ。
学校がある平日にはこれらのパラメータをあげないことだが、そうするとボスを倒す事が難しくなってくる。
実によくできたゲームである。
バランスよくパラメーターを上げていれば夏休みまでこいつらを出る事はない。
問題は夏休みの後である。
部活があるので正直な話、運動のパラメーターだけは過度に上昇してしまうので、
虹野は登場させざる得ないであろう。
仕方ないがこれが妥協点であろう。

夏休みも引き続き能力の上昇に費やし、バスケ部の夏合宿に参加する。
ボスと新密度を上げる作戦は夏祭りに誘い出すだけに留めておく。
その際の様子が以下のものである。

d0052701_12512538.gif


・・・しかし、本当に迷惑そうな面で現れるものである。

夏が終わり、案の定奴が接近を試みてきやがった。

d0052701_12515428.gif


・・・ちっ、邪魔なやつめ。こいつのコードネームはグフイグナイデッド(以後はイグナイデッドで呼称)としよう。青いからな。

登場したイグナイデッドだが、まだまだこいつが本当の意味で邪魔になるのはまだ先の話である。
まだ、互いに同じ壇上には上がっていない。こちらのパラメーターが奴の理想値を超えたあたりから執拗なストーカー攻撃をしてくるはずである。

で、そのまま、クリスマスまで能力アップに励む日々が続く。
ここでイベントの発生である。
伊集院のクリスマスパーティーである。

d0052701_1253958.gif


この執事はこちらの容姿が低いと中へとは通してくれないが、
実は運動が高ければ入れてくれたりする。その理由は彼の業が深い性癖のためである。
今回は問題なくスルーしたので中に入ると、伊集院の演説で迎えてくれた。
その後、愚痴いっていいると彼がやってきて挨拶をして去っていくが、当時はうざいと感じた
こいつも随分と可愛く見えるものである。

d0052701_12534576.gif


・・・俺も丸くなったものである

このパーティーでは必ず女が三人登場する。
ボスとイグナイデッドは既に登場しているために確定で現れるが、残りの一人はランダムである。
当然のことながらこれ以上邪魔者は出したくない。
ならば三人目はなるべくかかわりがないキャラクターがいい。
文系などのキャラを出すと、能力を上げているだけで勝手にこちらに好意を持ち出して非常に邪魔である。
なので、ここは半分隠しキャラクターのような奴がよいということで納得がいくまで何度かパーティーシーンをやり直す。

ようやく目的のキャラクターが現れる。

d0052701_1254155.gif


こいつはテニス部に所属していない限り、滅多なことでは現れないアンコモンなキャラクターである。
マイペースおっとり系キャラクターで私のときメモ仲間のZが萌えていたキャラクターである。
マニアから人気は高く虹野、片桐、についで三位ぐらいだった気がする。(以後、No.3と呼称)

こいつならそうそう邪魔になることがないので良しとしてゲームを続ける。
パーティーが終わると直ぐに冬休みが始まる。
休みは能力のアップとボスと一度だけスキーに行く。
そして迎えた新年。
新密度を上げるべくボスを初詣に誘い出すと、何故だか晴れ着姿で現れる。

d0052701_12555319.gif


ボスの晴れ着を褒め、神社へと向かう。
ここでは三種類の願掛けを行うことができる。

『学業成就』・・・文系、理系の能力アップ
『恋愛成就』・・・誰かの新密度を上げる
『健康祈願』・・・体力の回復とストレスをゼロにする。

ここは迷わずボスとの仲をお願いしておく。
学業に関しては後で上げることができるが親密度を上げるのは少々骨が折れるからである。

年が明けてからは特にやることもないので能力上昇に励む。
春休みに入ると、ボスの誕生日があり、プレゼントを渡しておく。
ちなみに主人公の誕生日も同じに設定していたので、他の方々からプレゼントをいただけて魂の叫びがある。

d0052701_1256279.gif


・・・まあ、自分の名前を入れていた当時は漢だったな・・・


一応、補足しておくと誕生日は二回目から変更したので、実際のホリエモンとは違う日付になっています。昔よく使った設定にしておきました。理由は春休みに誕生日でボスと同じだった場合イベントあったと記憶があるからです。

ここで春休みが終わり、いよいよ二年生へと移る。
[PR]
by sakelife | 2006-01-27 12:57 | Tokimeki Memorrial