It is not possible to live if there is no whisky.


by sakelife

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
日記~日々の思いを綴る~
酒蔵~酒への思いを綴る~
遊戯~趣味に関して綴る~
特攻~挑戦した事を綴る~
時事~気になる事を綴る~
議題~私的意見を綴る~
酒樽~酒の貯蔵所~
住処~Richardson place~
事件簿~日々の事件を綴る~
Success story~転職記~
Tokimeki Memorrial
Shadow Run Report
Marmalade Boy Report
Madara2 Report
DS

Link

粗茶の水博士のとろけるナトリウム
~粗茶さんの仲間の寄り合い所~

Uoo!Haa
~ゆる氏のmixi主婦日記~

はんてん屋
~日記をほぼ毎日更新する神~

へっぽこ戦記
~夫婦で三国志TCG生活~

天声人語風メーカー
~〇日新聞社風社説作れます~

mixi入口
~やっている人は使って下さい~



以前の記事

2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:住処~Richardson place~( 15 )

Land Hunter

土地を買うとしてどこにするのかを考えなければいけなりません。
最寄り駅を変えないのは基本としたいと思います。

我が家の場合、第一に現在利用している保育園圏内は外せません。
出ると別の園に入れるかなど考えなくてはならないので面倒です。

その範囲にある学区は3校です。

息子の通う学校は必然的にその三校から選ぶ事になりますので土地もそこを中心に見ていく事にします。

調査の結果は以下の通りです。

候補1

物件件数 少
坪単価 60万~
希望者 多

候補2
物件件数 並
坪単価 40万~
希望者 並

候補3
物件件数 多
坪単価 30万~
希望者 並




間違いなく3を選ぶべきでしょう。

そこで家族会議を実施しました。

するとそんな現実は無視されます。
子供が希望する学区に合わせて「候補 1」で探せとのお達しです。

正直そんな単価の土地を買うと家なんて建てる資金はありません。
ここで戸建て計画は挫折かという気になりますが、やるしかないと思い立ち始めたことです。
この程度の障害で諦めるわけにはいきません。

逃げ道はあります。
学区ギリギリの土地を探せばいいのです。

そんな訳で探してみました。
それでも待つのは厳しい現実です。

考える事は一緒です。
ギリギリのラインにある場所に売り地は皆無です。
ほんの数年前はそれなりにあったようですが今更です。

今でも有るには有るけど100坪からとか単位が変です。
もしくは接道なしで宅地にはならないとかなんかです。
でも夢物語だよなと思いつつ、家族にはこんな叱咤激励受けました。

d0052701_18484278.jpg



    頑張ります。

[PR]
by sakelife | 2011-05-22 18:49 | 住処~Richardson place~

ハウスメーカー

以前の突撃から約1ヶ月程経過した頃にハウスメーカーから連絡がありました。
その2週間後にアポを取ることを約束して展示場へと足を運びました。
五年振りにお会いしたT氏はお変わり無くお元気でした。
強いて変化を挙げれば多少は老けた位でしょうかね。
人の事は言えませんがね。

本来であれば土地も決めていないのにこうしてハウスメーカーを決めてしまうのはリスクでしかありません。
気に入った土地があっても「建築条件付」だったり、他のハウスメーカーとの相見積もりも意味を成さなくなります。
勝手に建築条件付を自分たちに科すどMな土地探しがこれで約束されたようなものです。

しかしながらこのハウスメーカーとであったからこそ私たちは戸建を欲しくなったのです。
俗に言う一目惚れです。
ですが当時とは状況が違います。
そのときはこのハウスメーカーだけが前面に押して出していたはずの住宅機能も今では各メーカー横並びです。
それでも再び夢を見るのであればとここに連絡を取ったのです。

当たり前ですが話し方も記憶にあるT氏そのままです。
多少の再会の挨拶を済ませて以前の打ち合わせから随分と時間が経ちましたがいよいよ本題へと進むことができます。

以前に購入まで行かなかったのは以下の通りです。

既に住宅ローンを組んでいる(返済期間もまだ3年ほどであった)。


社会的に信用がない(就職して5年未満であった)。

会社の信用がない(大手じゃないし仕方がない)。


思い返してみると理論としては下の画像のように諦めなくてはならないのは日本では当たり前です。

d0052701_16444694.jpg


のように以前の私達の希望は地と価格も合わずに企画すら立てられないでご破算になりました。
それなしても足を引っ張っているのが自分のことばかりだと思うと情けない限りです。

今回は違います。

その頃より年収が上がりました。
会社としては信用があります。
住宅ローンもしっかりと返済してきています。
住みたい地域の土地代は以前考えていた地域にに比べて7割程度です。

これだけ条件が違えば少しは希望を持てるのではないでしょうか。

そんなこんなで出された解答は我々が組めるであろう予算でなら土地代を相場以上に使わなければ可能との事です。

土地代がどうのは不安要素ですが、5年前とは違う良い結果です。

本当にいけるかもと考えてもいいかも知れません。

ではどの条件の土地ならいけるのでしょう。

d0052701_1658980.jpg


画像ぐらい厳しい状況ですが、以前に比べれば武装しているだけマシでしょう。

ではいよいよ土地を探して見ましょう。
[PR]
by sakelife | 2011-05-04 16:58 | 住処~Richardson place~

戸建入門 始動編③

建てたいけどどの土地住めるとかは何も決まってはいません。
けれどもハウスメーカーSHで建てたいという気持ちだけはあります。

なので連絡を取ってみることにしました。
このSHなのですが実は5年前に一時期契約交渉を進めていた事があります。

その時は以前に勤めていた会社の近場にと考えていたのですが、こうして思い返すとなんとも後ろ向きな理由で建てようと思っていたものです。

その頃の自分の状況をブログで振り返ると

こんなのやら

d0052701_22142833.jpg


あんなのやら

d0052701_22144417.jpg


まあ駄目な生活だった訳です。
この改善策として住み替えを考えていたのですがマンションでは現在の物件を超えるものは手が出ません。
でも隣の駅辺りだと戸建て買えそうだと思ったのです。

今にして思えば契約に至らずに良かったものです。
まあ契約に至らなかったのは私の年収が問題で手が出ないという事だったのですが、思い返していたらちょっとだけ不思議な事に気が付いてしまいましたがそこはまた別の話なんで割愛しておきます。

で肝心のハウスメーカーですが連絡をするにも名刺を無くしていました。
支社に電話しようかとも考えてみましたが奇しくも5月の連休中です。

展示場に突撃を試みました。

いや、迷惑だし不確かなのもわかりますが、そもそも以前の営業さんが在籍しているかも分かりませんので初心に返っての来場です。

やはり展示場に建ち並ぶ住宅はどれも立派です。
一部にローコスト住宅がありますがそういったものは決して安っぽく無いけどこの場では矢張り見劣りしますね。

目的である肝心のハウスメーカーですがこれが改めてみても立派です。

他の大手に負けない存在感があります。
まあ此方もかなり大手ですから当たり前ですけどね。

中では連休中のイベントで人がごった返しています。
その中に白々しく突入して受付を済ませて以前訪れた時と同じ様に説明を受けます。
一通り営業の方に説明を受けてからさて本題を告げます。

すると以前の営業T氏は変わらず勤めており、担当の展示場もお変わりないとの事でした。
只、本日は別のイベントを担当しておりご不在との事です。

折角なので軽くでもお話出来たらと思ったのですが仕方ありません。
帰ろかと思っていると本日担当してくれた営業さんが待ってくれと言います。

詳しい打ち合わせ出来る訳でもないですがお話だけでもとの事です。
でも随分と間が空いている私達のような客は珍しい存在の様です。

俗に言う厄介な客です。

そこで彼は他の営業と協議してとある人物に助力を仰ぎに向かいます。

客で賑わう展示場内で聞き耳を立てていると静かだけれども迫力のある声で叱りつけているのが分かります。

掻い摘んで言うとどんな客で有ろうと打ち合わせする事は同じだろう。対応した事のない事例でもきっちり営業しろとの事でした。

なかなか支店長クラスになると迫力がちがいます。

で結局その支店長さんとの打ち合わせになりましたので此方の現状を伝え、建築してみたいがどうかのを相談を近い内にしてもらう事になりました。

さてどうなる事やら…続きます。
[PR]
by sakelife | 2011-02-15 22:18 | 住処~Richardson place~

戸建入門 始動編②

前回からの続きですが戸建というものは私の人生において必然性はないのです。

寧ろ手を出さない方が良いものです。


現時点における戸建て購入は人生における非常に高価なオプションでしかありません。

その付加価値とは一体どれだけのものなのでしょうか。

想像できません。


なので実体験から検証してみます。

私は育ちが共同住宅です。
だから戸建ての煩わしさやら良さがピンと来ません。
でも戸建について羨ましいと思った事があります。
それは幼少の頃には友人と集まると言えば戸建て住まいの所だった事です。

思春期に入ると集まりは更に戸建て住まい限定になっていきました。
そんな集まりが出来る家に住んでいる奴から大人の階段を登っていったものです。
そんな奴らは私にこう質問してきたものです。

d0052701_205061.jpg

※映像はイメージです。特に性別年齢は脳内変換してください。

ここまで堂々とは言えていなかったですが、心の底でこう思っていました。
実に羨ましい

ついでにいうと趣味のテーブルトークやるのも戸建て住まいなら場所借りたりしなくて良いなと幾度も思いました。

既に過ぎ去った事なので致し方ないですが、これからそういった時期の来る連中がいます。

残念ながら我が家ではリフォームをしても子供部屋はリビング横の部屋しか割り当てる事ができません。
そこに友達を呼ぶのは兎も角、親密な異性との会話やら自分のプライベートな行為やらは厳しいかと思います。

これは問題ですね。

過ちを繰り返してはいけません。
過ぎ去った過去のことと忘れてはいけません。

思い出すべきなのです。

d0052701_20554468.jpg


まだこの現状を改善する時間があるうちに手を打たなくてはなりません。


親が子供からアレする機会を奪わない為に戸建てを買うべきである。

こう書くと何か哲学的な感じですね。

個人的には細かい欲望はありますがそんなものはなんとでもなります。
ですが故郷に甘酸っぱい思い出一つ位残してもらいたいという欲望は親としては我慢できないですね。

それもマンションを少しリフォームして叶う気もしますが細かい欲望も解決できるかも知れないので戸建てを買う価値はあると考えた訳です。

さした理由ではないですが思いは固まりました。
さてここからが本当に戸建てを買うためには何をすべきかを考えていかなくてはいけませんがそちらはまた次回という事で。
[PR]
by sakelife | 2011-02-01 20:57 | 住処~Richardson place~

戸建入門 始動編①

突然という訳ではではないですが戸建てを買う事にしました。

正確に言えば先日、無謀にも土地の契約をして来ました。

現在居住している分譲マンションに大きな不満はないのにも関わらず、戸建てが欲しくなったという理由でそんな事をしてきました。

自分の状況を確認しつつ契約した不動産の営業さんを含めて数ヶ月かけて話しを進めてきました。

買うきっかけになったのは気に入った住宅メーカーが見つかったからです。
でも身分には不釣り合いな所でした。


住みたい地域も決まっています。

今住んでいる所が良いのです。

でも同じ学区の坪単価は手がでません。

資金は売ったり買ったりの手数料ぐらいしかありません。

マンションと車のローンがあります。

戸建てを買うには私一人の年収だけでは無理です。


とまあ気楽に買えるわけではない事が話し合いやらをして良く解りました。

それでも諦めきれないので色々と足掻きながらようやく買うまでに至ったので、ついでにブログネタにしていきたいと思います。


そんな訳で第一回目としては当然の話題取り上げようと思います。


そもそも戸建てを持つ必要性はあるのか?


これが無くては先には進めませんね。
この手の話題は必ず住宅週刊誌やらに取り上げていますが結論はいつも本人次第となる訳です。


先にも述べたように現状の分譲マンションに満足しています。
これは当然の事ですがマンションでならです。

部屋が狭いかと言えば先の事を見据えれば多少広過ぎるぐらいかもしれません。

ローン返済が辛いかと言うとこんなものだろうと思います。
私も転職して稼ぎが普通になったので共働きの利点で以前より余力があります。

少し話題が逸れますがこの余力が厄介なのです。

余力を使って悠々自適に遊びに出掛けたり、将来を見越して貯蓄したり、控えている子供の出費に回すなどやれへん事が色々あります。

これは私の価値観でいうとテーブルトークのヒーローポイントみたいなものにあたります。
一般的な価値観で表すならどこぞのTポイントに近い感覚です。

いつか使おう。

今度使おう。

まだまだ使い所ではない。


こういった考え方は大切です。
堅実だと思います。
あれば安心です。

その考え方を大事にし過ぎてしまい、使う事なく期限切れになったりして後悔する傾向が私にはあるようです。
そういった傾向を踏まえ、この「いつか」 というものは機会がある時に使ってしまう事にしても良いのではないかと思うのです。

この余力をそういったポイントみたい扱うのもどうかとは思います。

間違いなくこの余力を使えば自らの首をいずれ絞める事になります。

しかも苦しい思いをするのは私だけでなく妻も大変な思いをしてしまいます。
しかし余力が無ければ買い替える気すら起きないでしょう。
話しを戻しますがそれでも戸建てを買う必要性はあるのでしょうか?

結論は既に書いた通りです。

d0052701_1743492.jpg


もう手付金払ったしというのもありますがそれは次の機会に書きたいと思います。
[PR]
by sakelife | 2011-01-23 17:05 | 住処~Richardson place~