It is not possible to live if there is no whisky.


by sakelife

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
日記~日々の思いを綴る~
酒蔵~酒への思いを綴る~
遊戯~趣味に関して綴る~
特攻~挑戦した事を綴る~
時事~気になる事を綴る~
議題~私的意見を綴る~
酒樽~酒の貯蔵所~
住処~Richardson place~
事件簿~日々の事件を綴る~
Success story~転職記~
Tokimeki Memorrial
Shadow Run Report
Marmalade Boy Report
Madara2 Report
DS

Link

粗茶の水博士のとろけるナトリウム
~粗茶さんの仲間の寄り合い所~

Uoo!Haa
~ゆる氏のmixi主婦日記~

はんてん屋
~日記をほぼ毎日更新する神~

へっぽこ戦記
~夫婦で三国志TCG生活~

天声人語風メーカー
~〇日新聞社風社説作れます~

mixi入口
~やっている人は使って下さい~



以前の記事

2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:事件簿~日々の事件を綴る~( 4 )

世にも奇妙な出来事

その日は朝から結婚式に出るために出かけました。
前日までスケジュールの都合がつかず髪の毛は伸び放題だったために息子と共に少しだけ早く出ました。

それがこの事件の始まりでした。

そもそもこの結婚式は乗り気ではなかったので朝から憂鬱な気分でした。
天気はそこそこでしたが優雅津には崩れる模様。
予定は以前からを空けたのですが、この十月にはいっての数週間は土日にイベント続いていたので疲労もピークでした。
正直休みたかったのですがすがそこは親族ということもあるので致し方ないとなんとか予定時刻には家を出発しました。

駅に向かう途中、視線を感じました。
後ろからついてきている息子がジッーっと私を見ています。
前日にこっぴどく叱っていますがそういっ時の目ではありません。
何か不思議なものを見るような目で私を見ています。

そのときは珍しくスーツ姿なのでそれを不思議がっているのであろうとさして気にも留めませんでした。

駅で電車を待つ間に軽い朝食を済ませていると又、息子から視線を感じます。
振り返るといつもより遠くに息子が不思議そうに地面にあるものを眺めています。

黒い物体です。
何かのゴミが不思議で見ているのかと思いながらもなぜか息子は私を不思議そうに見つめます。

少しだけ妙な気分になりました。
ここで私は息子の視線の意味を深く考えるべきでした。
ここで気がつけばまだあの不幸を回避できたはずなのです。

それでも時間に追われていた私は訝しく思いつつも急ぐことにしました。
暫く電車に揺られ、私鉄から別の沿線に乗り換えるためにとある駅に降りました。

十分ほど歩くのですが歩くたびに息子の視線を感じます。
振り返ると又、黒い物体を眺めています。
そして私を見つめます。
全く同じようなものがよく落ちていると思いつつ意味をさして考えませんでした。

数分歩くとまた息子の視線を感じます。
そして黒い物体

だんだん怖くなりました。
ある黒い物体は何なのであろう。
引き返して手にとって見るべきなのではないだろうか?
私の中でそう問いかける声がありましたが時間が押しています。

息子を急かせ早足に乗り換え駅を目指しますがまた視線を感じます。

いい加減黒い物体の存在を考える必要があります。
あの黒い物体は何であろうか?
どうして私の歩いた後にあるのであろうか?

薄々気がついてはいたのです。
その場に立ち止まり私はそっと足元を見てみました。

そこには崩壊したゴム底があったのです。

いや、歩き難いとは思っていたのですが靴が崩壊するなんて初めての経験で全然分かりませんでした。
[PR]
by sakelife | 2010-10-25 18:36 | 事件簿~日々の事件を綴る~

嫌いなおばさん

その人は年に一度か二度ぐらいしか必要としていないのに絶望感を味あわせるのが許せないのです。

私の不注意な行動が原因ですがもうちょっと相手の事も思いやってもらえるといろいろと付き合いやすいと思うのです。
そんなおばさんとはこの人のことです。

d0052701_23293849.gif


このクレアおばさんにいつも騙されるのです。

女房が仕事なんで晩飯を作ろうと思い浮かんだのがシチュー。

幸いにもキャベツがあるので心は完全にシチューモード。
ルーをみたらクリームとビーフがあったのでビーフをチョイスしました。
帰宅して早速スープを作ろうとルーを取り出したらこいつが入っていたのです。

d0052701_23325992.gif


店も店です。いくらなんでもビーフシチューとかの横に置かなくたっていいじゃないですか。
そんなわけで二週連続でカレーでした。
[PR]
by sakelife | 2010-05-09 23:42 | 事件簿~日々の事件を綴る~

時速160km

少し前の事です。
その日は久々に職場の同僚たちに同行して遊びに行ってきました。

職場から現地までは車で一時間半かかるのですがいろいろな施設があるので遊ぶには重宝する場所です。
千葉県の地理に詳しい方なら浜野辺りの某所で察しがつくと思います。

当初はダーツで適当に遊んで、ビリヤード、アーケードゲーム、ロッククライミングと順当に遊んでいました。
しかし、週末の仕事帰りで時刻は十時を回ってくるとアルコール抜きではなんとなくテンションが維持できません。

そんな訳で締めとしてバッティングセンターに行きました。

時速80キロメートルは普通に打てました。
それは打球を見てから振れば間に合うからです。
それでも二塁打が限界の当りです。

時速100キロメートルは当てるのに必死でした。
それは打球を見てからでは振り遅れるからです。
意外と当てるだけで三塁打になる当たりです。

時速120キロメートルは打てました。
それは打球を見てから振れば間に合うからです。
イチローなら一塁に間に合うでしょう。

そしてメインイベントである

時速160キロメートル


ちょっとこの設定は間を端折り過ぎている気がしますが楽しそうなので良しとしましょう。
正直、掠るのが精一杯です。
それもヤマを張ってバットを振ったらあたりました位です。
打球なんて見てからでは既に通過しています。
高めの玉が飛んで来た時はちょっと死を感じてしまう位です。

そんな球でも十打席も経てば徐々に機械の癖を捕らえて当てられるようになります。
何度か掠めるようになり、私は最後の打席にすべてをかけることにしました。

やはり完全に当てるのは無理です。
ですが掠ってはいます。
打球は見えているのではなく感じられるようになりました。
これならいける。

私は確信しました。

何球か豪快な空振りをした後、絶好球が来ました。
狙い通りです。

内角低め。

振りぬけばいける。

迷うことなく振りぬきました。
鈍い音ともに打球は初めて前方へ内野ゴロの当たりです。

そして私の人差し指と中指には激痛が。

バットではなく人差し指と中指でジャストミートしてしまいました。

幸い軟球でしたので骨折はしませんでしたがぶつけた直後は指が倍に腫れてやばいかと思いました。
そんなわけで微妙に指がぎこちなかったので更新せずにいましたがとりあえず無事に完治しました。

年甲斐も無く危険なことはすべきではないと悟ったそんな事件でした。
[PR]
by sakelife | 2009-08-17 21:59 | 事件簿~日々の事件を綴る~

酒飲み中年男の迷宮入り事件簿1

世の中にはそれこそ漫画や小説に出てくるような名探偵が必要な事件が溢れています。

私もつい先日そのような事件に巻き込まれてしまいました・・・

その日は休日だった事もあり普段後回しにしていた予定を済ます為に家族とドライブに出ました。
何事もなく予定を終え、帰路に着く際に私たちは何点かの飲料水を買い足しました。
息子には大好きな乳酸菌飲料。妻には確か娘と飲める麦茶か何かだったと思います。私自信は目に留まった発酵ウコン茶を買いました。
息子は苦手ですし、妻は進んで飲む程好きな訳ではないので完全に一人で飲める予定でした。

しかし事件は行ったのです。

帰路は渋滞もなくすんなりと帰宅する事が出来ました。
道中で飲み終わるはずの飲料水でしたが妻と私はほぼ半分が残っていました。
家に戻り多少の片付けを済ませて休日の恒例である子供達と昼寝をする事にしたのです。

その時から悲劇の歯車は廻り始めたのです。

眠りから目覚め、喉の渇きを潤す為に私はウコン茶を手に取ろうとしました。
しかしあった筈の場所にありません。
先に目覚めていた息子と妻に聞いても所在が掴めません。

家中を捜索したのですが一向に見つかりません。
完全な密室から動く筈のない物が消え去ってしまったのです。

悪い事に季節は夏。

既に開封済みの飲料水。

その上発酵ウコン茶。



このまま行方が分からなければ長期発酵ウコン茶になりやがては超長期発酵ウコン茶になり最後は考えたくもない事態になります。

誰かこの難事件を解決して下さる名探偵をご存じでしたらお知らせ下さい。

ちなみに私の希望は村上春樹さんとナッチの訳じゃないフィリップ・マーロウを希望です。
[PR]
by sakelife | 2009-07-25 22:08 | 事件簿~日々の事件を綴る~