It is not possible to live if there is no whisky.


by sakelife

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
日記~日々の思いを綴る~
酒蔵~酒への思いを綴る~
遊戯~趣味に関して綴る~
特攻~挑戦した事を綴る~
時事~気になる事を綴る~
議題~私的意見を綴る~
酒樽~酒の貯蔵所~
住処~Richardson place~
事件簿~日々の事件を綴る~
Success story~転職記~
Tokimeki Memorrial
Shadow Run Report
Marmalade Boy Report
Madara2 Report
DS

Link

粗茶の水博士のとろけるナトリウム
~粗茶さんの仲間の寄り合い所~

Uoo!Haa
~ゆる氏のmixi主婦日記~

はんてん屋
~日記をほぼ毎日更新する神~

へっぽこ戦記
~夫婦で三国志TCG生活~

天声人語風メーカー
~〇日新聞社風社説作れます~

mixi入口
~やっている人は使って下さい~



以前の記事

2012年 03月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:Success story~転職記~( 17 )

そして一年が過ぎた

転職して一年が経過しました。
どうにかこうにか一年間は辞める事も、切られる事なく過ごすことが出来ました。

この一年でプライベートでの大きな変化としては子宝にも恵まれ、念願だったTRPGもなんとかやれるようになり充実してきたといえましょう。

転職をして一年が経過した時点での感想を言えば非常に成功だったと言えます。

会社への出社時間は一時間早くなりましたが、帰宅は二時間以上早くなりました。
残業は月平均60時間から10時間程度になりました。
休日日数は実質50日程度から実質120日となりました。
年収は100万円近く増えましたが支出は子供一人分増えたので差し引きは微妙です。
有給休暇は子供が熱を出たという理由でも取れるようになりました。
個人的に貯蔵している洋酒の数は倍近くになりました。
晩酌は会社でする事はなくなりました。
体重は6㎏減り、メタボリックの最終コーナーの心配は無くなりましたが腰痛が心配されます。

こんな感じで良い事が多いのですが、煩わしい事もそれなりにあります。
資格試験とか年間を通じての能力開発目標とかミーティングとか健康診断と棚卸がニ回もあるとかそういった文句を言うのもどうかという微妙な点です。

確実に前の職業より将来的な不安は少ないですし、気が楽です。
口だけのIT企業より工場勤務はなんとも気楽です。
毎日が同じような事の繰り返しだからつまらない生き方だと前職の上司は言っていましたが、口だけのIT企業より面白いです。
毎日同じ事をしていても毎日上手く事が運ぶことなんて無いのです。
そこにはファンブルもあればクリティカルもありますし、予定の変更もあります。
楽な一日だと思っていたのが忙しくなったり、忙しい一日が暇になったりとイベントには事欠きません。

今日の時点でどれくらい前の会社との差があるかを明確にする為に、転職直前にゃった会社の相性診断と、現職での相性診断を下記に並べてみます。


前会社の相性は 9% でした。

残り91%は不満です。

「ハブとマングース」級
~まさに天敵です~

不満指数
努力で改善できる不満

指数 82 /100
努力で改善できない不満

指数 100 /100


総合評価
不満だらけ、しかも努力で解決できない類のものだらけ。自力解決に限界があるため環境を変えるのも手だが、性格的にも状況からも動きづらいタイプ。
sakeさんにとって現在の会社は、相性が良いどころか天敵に値するほどの不満を抱いているように見受けられます。
状況はといえば、仕事では脂がのってきたころ、恋愛で言えば二十歳前後でしょうか。
その仕事バリバリの今なのに、これだけの不満に意識がいってしまっている現状は不健全だと言わざるを得ません。
まるで遠足の日に風邪をひいてしまう子の様相を呈しています。
軽々しく動ける立場ではないでしょうが、努力では変わらない不満が多い現状からしても、「次の恋人」という選択肢も持つべきでしょう。


最も不満が際立った点は、職務内容についてです。
例えばこの仕事にそもそも興味が持てなかったりして「人生とは何ぞや」「このままで何か得られるのだろうか」と考えてしまったり、いかにも「会社の部品」といった使われ方で甲斐性を感じないことなどを表しています。
状況はなかなか変わらない類のものなので、やり場のないストレスとなっているのかもしれません。


【データ】
名前:酒
勤続年数:7年
環境変化耐性:低
フットワーク:重

仕事職務内容 ×

この仕事が向いているかといえば向いていないのでしょう。さらに、その仕事の進め方など細かいところでは強く不満を持っていて、このままでいいのかと未来にも不満を持っています。他が完璧な会社でも、この手の不満はダイレクトにストレスが溜まるので日々の仕事に疲弊するかもしれません。例えるなら、良い学校、良い指導、でも楽しくない、このように重要なところが欠けているのです。
仕事の仕方 ×
将来・キャリア形成 ×

会社・事業・知名度
イメージ ○

知名度や会社のイメージは良いかどうかは別として、あなたが不満に思っているわけではなさそうです。しかし経営や、事業内容、その将来などには不安を抱えているようで、立派な船だが舵取りも天候も不安に思っていると言えます。舵取りも天候も、おおよその場合、自力では何も変わりませんが、これが日々疲れるようなタイプのストレスでないことだけが救いです。

事業内容・将来性 ×
経営のあり方 ×
職場環境・人間関係 ×

人間関係がうまくいっていない職場というのは、通うのも憂鬱になるもの。さらに会社の雰囲気もあまり良くはなく、そもそも企業風土といったものが合っていません。普段から仲良くなれないようなタイプの人たちばかりの職場でいるのが場違いな感覚になったり、そりの合わない同僚や上司などで日々神経をすり減らしているのかもしれません。針で刺されるような痛みと蚊に刺されたようなイライラ、両方味わっていると言えるでしょう。

風土・雰囲気・物的環境 ×
組織運営 ×
待遇・雇用形態 ×

待遇面については、全滅です。肝心な給与だけでなく、その評価方法や待遇面でも全く満足いくものではなかったと言えます。恋愛に例えるならば、恋人のファッションが好きではないとか、遠距離で嫌だとかそういうレベルではなく、恋愛感情が起きないぐらいの根本問題かもしれません。ストレスとはならなくとも、仕事のエネルギーとなる根本が足りていないのですから、栄養失調気味だと言えるでしょう。

考課 ×
給与 ×
勤務条件・ワークスタイル ×

ここは完全に不満だらけだと言えます。勤務地、勤務時間、休日の取り方など、身体疲労に直接的に影響しそうな項目なので、わかりやすい不満が蓄積されていると言えるでしょう。例えるなら、恋人とのデートにお金がかかりすぎるとか、遠距離で連絡が滅多にとれないようなもの。どういう人が好みだとか愛情がどうこうとか言う前の諸条件であって、こうした負担が愛情を削る可能性もあるのではないでしょうか。

休日 ×
勤務地 ×

天職さまのお言葉
◆ 薄々勘付いているのかもしれんが、まぁその会社にとってみれば、おおよその社員は「駒」なのだろうな。
◆ この仕事を面白いとは思ってないのがわかるぞ。それでええのかの。
◆ 激務じゃのぉ。それがおぬしの成長に役立っていればええがの。
◆ 頑張ったとしても報われない無力感はあるのかもしれんのぉ。愚痴のひとつも言いたくなる状況じゃ。
◆ ほどほどに体を休めんと、結局は効率も下がるぞい。言われなくても分かっているじゃろうがな。
◆ 多少職場では空回りしている人だと思われているかもな。人一倍、仕事に真摯なのはおぬしのほうなんじゃが。



酒さんと
現在の会社の相性は 86% でした。
残り14%は不満です。

「おり姫とひこ星」級
~運命の相手かも!?~
不満指数
努力で改善できる不満

指数 10 /100
努力で改善できない不満

指数 18 /100


総合評価
おおむね満足で順風満帆。年齢的にも環境を変えるなら今だが、家族もありあまり軽々しい冒険には出られない?
酒さんと現在の会社との相性は、とても良好のようです。不満は散見されますが軽度だと言えます。それなりに仕事の中核を担うような年齢になり、会社をまさに背負っていると思われます。恋愛で言えば、思春期が終わって18歳~22歳くらいの花盛りとも言えるころです。家庭や年齢を総合的に考えればあまり独断で軽々しく動ける立場でもないでしょうし、不満の少なさからしても現状維持が現実的な路線なのでしょう。あまり野心的なタイプでもないですし、波風立てる時期ではないのかもしれません。

最も不満が際立ったジャンルは「考課」についてです。つまりは会社に正当に評価されていない、またはノルマが厳しい、などという不満でしょう。通常この手の不満は給与のほうに向くものなのでしょうが、それ以上に、自分の仕事が尊重されていなかったり能力の使い方がそもそも間違っているという点が問題なのかもしれません。恋愛と同じで、パートナーにはよき理解者が必要なのでしょう。


【データ】
名前:酒
勤続年数:1年
環境変化耐性:低
フットワーク:重

仕事・職務内容 ◎

仕事の内容や、その仕事のやり方などはおおむね満足しているものと思われます。しかし、将来のキャリア形成や自分の経験などを考えた場合には不安があるようで、言ってみれば、カップラーメンはうまいが健康を考えるとどうなのだろう、という問題と近いものがあるのでしょう。今が快適なだけに余計に不安が際立つのかもしれません。仕事外で何か動くのもひとつの解決かもしれません。

仕事の仕方 ◎
将来・
キャリア形成 △
会社・事業知名度・イメージ◎

会社そのものについては不満はほぼないと言っていいでしょう。知名度や会社イメージが悪いと思っているわけでもないですし、その将来性が不安になったり経営に不満を持つこともないようです。会社を友達に言い出しづらいような人もいる中でこの点では安心です。そもそもこの点は就職前からおおよそわかっていることのはずで、今さら不満を持つべきではないのでしょうし自力で変わらないことなので、この結果は望ましいものと言えるでしょう。

事業内容・将来性 ○
経営のあり方 ◎
職場環境・人間関係 ◎

会社の雰囲気は決して悪くありません。人間関係なども良好で、居心地の良さは折り紙付き。職場環境としてはあなたにとって満足のいくものであるようです。雰囲気の良い職場というのは、日々ストレスを感じにくい職場でもあり、なかなか得られないものです。他に不満があっても離れがたい職場なのではないでしょうか。人間関係などに敏感なあなたにとっても貴重だと言えます。

風土・雰囲気・物的環境 ◎
組織運営 ◎
待遇・雇用形態 ○

自分を会社がどう評価するか、その評価方法においては納得がいかない部分があるようですが、おおよそ給与や待遇については不満がないように思われます。最低限の栄養補給がされているので、まだ走り続けることはできるのでしょう。とはいえ考課に不満を持っていれば、いずれ給与も不満ということになるかもしれません。栄養補給が充分でなくなればストレスはなくとも、走るスピードは鈍化するでしょう。

考課 △
給与 ○
勤務条件・ワークスタイル ◎
勤務条件については満足しています。勤務地やワークスタイルにあまりこだわらなかったり、単にタフなだけかもしれません。勤務条件が問題ないということは物理的にかける負担が少ないということで、恋愛で言えば、家が近いとか学校が同じでよく会える、といった状況と同じです。だからこの会社が好き、とはつながりませんが、条件としては整って欲しいものが揃っていると捉えるべきでしょう。

休日 ◎
勤務地 ◎

天職さまのお言葉
◆ その会社では昇進などという階段は絵空事じゃの。自分の重要性を認めさせることができればええのじゃが。


辞めたがっていた会社との結果を比べればどちらが良いのかは歴然ですがここまで結果に差があるとは思いませんでした。
比べてみるとよくあんなに続けていたとちょっと悲しくなりますが良い経験をしたのだと今なら思えます。

本当に転職してよかったです。
[PR]
by sakelife | 2008-10-28 23:03 | Success story~転職記~

電話すらしたくない


転職が終わりこのカテゴリーもあとは就職先と前職を冷静に比べた総評で終わりだろうと思っていたらどうやらそうもいかなくなりました。

先日、現職場の総務からこんな連絡を頂きました。

「君の前の会社がまだ離職届を出していないね。ちゃんとした会社だったの?」


離職届けってのがなんなのか私にはいまいちわかりません。
分かっているのは駄目な会社だということです。

どうせ言われた事をそのまま電話しても返ってくる答えはわかっています。

「離職届って何かわからないと提出できない」

いつだってこういわれてきたので間違いありません。
しかも説明しても

「おまえの言い方はいちいち難しい。分かるように言え!」

こういってくるのです。
仕方ないので今朝は離職届けというものを調べてみてついでに更新しています。
調べるとどうやら雇用保険の関係で事業主が管轄の職業安定所に提出するものの様です。
現職の方はとりあえず手続きは済ませてるといっていたので現状の私の立場は二社に在籍しているようです。

早く法的にも前職から足を洗いたいですが面倒だな・・・
[PR]
by sakelife | 2007-10-19 06:24 | Success story~転職記~

本日最終日


たまたま最終日というのに修理返却品が帰ってきたので処理をする事にしました。
作業的には三分で終わるのでどうでもいいのですが上司たちは何故だか大騒ぎです。

まず、返却品の梱包箱が破損していたためです。

その時点で運送屋が悪いと写真をとりだしたので、一応指摘しておきました。


「客先の精密機器の取り扱い指示表記がないですよ。」


上司はなんとも不満そうですが納得したフリをしてくれました。
それなのにまだ運送屋に責任を求めそうなんですが、それをやったら本当にどうしようもない会社だよな。・・・しそうだけどね。

そして修理依頼を出すために管理番号等を取っていると、またまた上司が騒ぎ出します。


「この管理番号ってうち(会社)の出荷記録にないぞ!どうしてだ!!」

もう慣れているのでクールに答えます。


「その管理番号は納入元の番号なんで気にしないで下さい。」



「じゃあ、納入元とうちの番号を共通にしないといけないじゃないか!」


さらにクールに答えます。


「・・・うちの番号はうちの番号で取ってありますから問題ないですよ。」



「問題ないってどういうことだ!!別の番号で依頼が来てるんだぞ!うちの番号はどこで確認するんだ!」


心の中で「クールクールクール」と叫びつつ


「だから裏に番号がありますよね?」


いや、もうこのやり取りはここ数日ウンザリです。
なんで理解していただけないのか私にはまるで分かりません。
ここまでの会話の流れで分かりにくい所ありませんよね?

更に驚くべきは二種類の番号を確認してからの上司の台詞です。


「どうやって番号を見分ければいいんだ?
 
   だいたい気にするななんていわないで

  『番号を確認してください。』

 と最初から言えば分かり易いだろう!

お前の言うことはいちいち難しすぎるんだよ!」


こう一言いたかったな。
確認しろよ!

最初に確認していないのがそもそもおかしいのですが、この上司への最後の引継ぎはこれで終わりだと思うので忘れるとしましょう。

別れの言葉は心の中にしまっておきます。

糞ったれめ!


この後は午後に突入するのですが、更に問題の上司に製品の組み立て実演しないといけないのです。

ここ数日の引継ぎで分かったのですが、この上司はせっかく作った資料なんて見てもしませんし、出力すらしていません。

別件で二週間以上前に渡した資料を平然と無くしておいて「もらってない」と言い張ります。
私の眼前でUSBメモリーで開いていたのにな・・・。
ちなみにそのメモリーからデータを消していたようで中を見たけどもらっていないと言い張る始末です。

で、出力しないし見ても居ないので実物見せたりするのですがここにも難関があります。
検査方法とか見せるのですが、上記のようにすこし分かり図らい説明をするといちいちふざけた台詞を一言ずついいます。


「君と違って、この年になって新しいこと覚えるのは大変だよ!」


逆ギレなんてどうでもいいのてず。
いつものことです。私の心はこう叫びたいのです。

手前はいつも丸投げしてるだろ!

そんな上司はいつも分からないことがあったら出来る人に聞けと私にいいます。
自分はいつもそうしていると言い放ち、更にはお前は人に聞くのが下手すぎるといわれ続けておりました。

で、実際に私が聞くとこういうのです。


「素人じゃあるまいし・・・・」


だいたいこの台詞の後は適当なことを言って、取引先の誰かに聞けといいます。
んで、上司の言ったことは間違いだったという事が分かります。
取引先がこの上司と仕事するのは嫌だとボヤいていた理由が良く分かりました。

こんな感じが午後もあると考えると世話になったけど、世話になったという感慨が一向に沸きません。

帰ってウィスキー飲む事しか考えられません。
その瞬間にきっとこう思うのです。

辞めてよかった

前職辞めたときはそんな風には思わなかったのです。
世間で言われている、零細・家族経営・IT・団塊経営者は本当にブラックなんだと思います。
そんなところに勤めている人は義理人情はともかく転職を常に考えた方がいいと思います。

それがこの転職で培った一番の教訓でした。
[PR]
by sakelife | 2007-09-28 12:45 | Success story~転職記~

退職まで・・・残り二日


ようやく引継ぎでゴタゴタやるような事もなくなり、身辺整理を始めました。

この身辺整理はかなり慎重にやらなくてはいけません。
日用品とかそんなものはどうでもいいのですがパソコンの中身が問題です。

ここの更新時間とかを見ても分かるように私は休憩中にはネットにつないだりしておりますし、いろいろとダウンロードもしたり、ブログ用にちょっとしたメモとかをいろいろと残しております。

データの内容とかは社会的にヤバイものはないのですが、個人的にはそれなりにヤバイものがあります。
具体的に言えば2chのレスを保存したものとか、転職に際して会社への不満をぶちまけたものとかです。

午前中に見ただけでもかなりのヤバイものが見つかりました。
しかも表面上だけです。

いろいろと残っているだろうふかーい所もこれから漁るつもりですがどれくらいで終わるかな?
[PR]
by sakelife | 2007-09-27 12:32 | Success story~転職記~

退職まで・・・残り三日


朝起きると会社に行きたくないというなんとも駄目駄目な退職予定者になっていました。
今日は過去に類を見ないほどやる気が出ないかったのですが何とかこうして出社して、昼休みに更新なんぞをしております。

どうにもやる気が出ないのは機能の帰り際の出来事のせいなんです。

私の退社後の製品をダンボールに入れて保管していたのですがこいつが酷いことになっていました。

なんと製品の板金を破損されていたのです。
もちろん破損では出荷できません。

私の知ったことでは無いのですが破損理由を検証してみました。

製品を置いていた横には移動式の作業台があります。
その作業台は普段は使わないオシロスコープという検査用の道具等が置いてあります。

作業台の角とダンボールのぶつけた跡は一致しているのです。

なので私は上司にこう告げました。

「この間、オシロを出したときにぶつけませんでしたか?」

上司からの解答は私の予想通りでした。

「出したがちゃなんと退かしてやったぞ。それにこの破損は相当な力を入れないと破損するわけ無いだろう!!」

上司は正直ものを退かすという発想はありません。
都合の良い時だけ(客先等)だけ急に私に注意してくる方です。
更に私がやる気がなくて運送屋から入荷した時に確認したダンボールのままで放置していたという状態です。
そしてそんなものをわざわざ退かしているなんてありえません。
その上には雑誌ゴミが詰まれていました・・・

そこは過程の域を出ないので仮説としましょう。
ではここで問題になるのは作業台の重量です。
どれくらいの重さがあるかというと120キロぐらいはあります。
恐らく変形したサイコガンダムの様に無駄に頑丈です。
それが成人男性の力で軽く引いて、角が誰かの足にでも当たった時の痛みは想像できるはずです。

私の中の結論は出ましたが上司の発想は違います。

「運送屋が何処かで投げつけたんだな。じゃないとこんな風に凹むわけが無い!!」

ご丁寧に写真まで撮っておりました。

作業台の角とダンボールのぶつけた跡は一致は一切無視です…
私が退社した後は取引先になんと言って利用されるかがよ~くわかった出来事でした。
[PR]
by sakelife | 2007-09-26 12:44 | Success story~転職記~

退職まで・・・残り四日


女房と子供の非難を浴びながらも週末は遊び倒しました。
遊んでくださった方々は本当にありがとうございます。

おかげでなんとか本日も出社する事ができました。

今日からはしばらく退職までの実況中継的なものになりますので

それにしても残り四日だと思うといろいろと感情的になるのかな~と思っていたのですが、すでに

うんざりしております。

引継ぎをいろいろとやっているのですがふざけた事ばかり言われます。
本日とりたてほやほやのふざけた質問は以下の通りです。

保守製品が何故ないんだ。
→棚卸との時に邪魔だから予備はいらないと誰が言ったんですか?

注文があるかもしれないだろう。
→現行の別途製品が代替シリーズですよ?
 それにそいつは注文が五年無いですぜ・・・

注文はどこから取るんだ?
→聞いている製品についてはあなたが取引先は指定したんですよ?

君が辞めた以降の注文は待て
→別にいいけど「わからない」と電話掛けてくるなよ。

とこの上司との引継ぎは製品ごとに同じことを聞かれるのです。
いい加減二年以内に注文とかないものについては引継ぎとかいらないでしょうに・・・・。

でこの午前中最大の問題発言は別の上司ですね。
やり取りは以下の通りです。

この製品の出荷時に添付品は無しでいいんだろ?

ありますよ。記載されているじゃないですか。

だって別梱包しないで、製品に組み込んでいるんだから無しだろ?

いや添付品はあります。
製品内に別途袋詰めしているじゃないですか。

だからそれが組み込んでいるっと言ってんだろ。だから添付品は無しでいいはずだろ

それは組み込んでいるといいませんよ。
これはあくまで添付品ですよ。

いいんだよ。書類に添付しないんだから添付品無しでわかるだろ!ちょっとはこっちの言ってることを理解しろ!お前は難しく言い過ぎるんだよ!!ちょっとはこっちの言ってることを理解したらどうだ。

ではこの添付とかは誰がするんですか?
外注がやってくれるんですか?

じゃあ、添付品の確認はどうするんだよ!

と言われて十分ぐらい見せて説明したのですが本当に馬鹿馬鹿しいやり取りでしたね。

こんなにこじれた理由は、この上司は自分のメモ帳に自分なりに仕事内容を書いているのですが、それにどうしても「添付品無し」との表記をしたいようなんです。

でも絶対にその書き方だとこの上司は忘れます。
この人が忘れて痛い思いを私が何度したことでしょう・・・・。
忘れるからやめてくださいと言っているの了承しないのは何とかならないものでしょうか。


と十分にでウンザリしていたのですが、止めがありました。
三十分後ぐらいのことです。

書類にあるこの添付品にある、予備てのはどうするんだ?

あのやり取りでの添付品ってあんたの中ではなんだったんだよ・・・・
[PR]
by sakelife | 2007-09-25 12:52 | Success story~転職記~

引継ぎ


いよいよ転職まで二週間を切りました。
依然として引き継ぎはいないままに上司に引き継ぐ事になったのですがこいつが微妙なんですよね。

以前から私の仕事について上司は常々こう仰っていました。

受注なんて直ぐ出来るだろう。
(在庫確認して、手書きで三十品とかですよ)

二時間で出来ないのはおかしいだろ。
(どう頑張っても半日製品ですよ)

お前の検査方法は効率的じゃない。
(全て規定内容ですよ。)

つまりは
俺のほうが仕事が速いぞ!


と言いたいのですがそんな人に引き継ぐ内容なんてあるのでしょうか?

と思っていたらこんなことを言われました。

君に全て任せていたから何も分からないんだよ。


分からないのにそんな適当な事を言われていたんだな~とついつい退職まで有給を申請したくなったそんな午前中でした。
[PR]
by sakelife | 2007-09-18 12:56 | Success story~転職記~

退職願


先日、ようやく退職願を出しました。

いろいろと文句を言われる事は覚悟しておりました。
なので帰り際にサラリと出して行くことにしました。

この件については二月、五月、六月末と話してきたので私の意志が固いのは十分に伝わっていたはずでした。

その為、出した時に言われた第一声には心底驚きました。

「一ヶ月前だなんて常識がなさ過ぎる!」



くどくどと文句を言われてこの上司の言っている事を整理してみると六月末に私といったことが原因だといいます。

私は最悪でも来年の二月までには退職すると伝えました。
当然ですが、その際に状況が変われば(就職先がきまれば)早まりもするという事は伝えてあります。
子持ちなので次が決まってから辞めたほうがいいとこのバカチンも言っておりました。

なのに彼はこう言います。

「私は来年の二月に君が辞めると言っていたからいろいろと計画を練っていたんだぞ。新しい案件だってこんな風になるなら受けなかったのにどうしてくれるんだ。」

ここで整理してみます。
新しい案件とは二種類の開発案件のはずです。

ですがその案件二つとも先月に入ってから受けたものです。
そして客先の話を聞くと十二月に試作を作り終え、年度末には評価を終え製品を順次発注して客先に納められるようにしていくことになっておりました。

試作の開発を終えて実際に発注がくるのは年度末です。

既に二月とかぶっちぎっているじゃないですか?


こういったいい加減な考え方が原因で微妙に適当な図面とかのために大変な事になったのは今まで何度あったでしょう。
そのために周りは徹夜したりで対応させられてきたのです。
ちなみにこの周りには疎遠になった客先も含まれます。

その度にこの上司はこう言います。

「若いうちには苦労は買ってでもしろというしな。」



本音は隠しつつ、オブラートに包んで徹夜が嫌になったので辞めると言いいました。

他にもいろいろとおかしな事を言われたのですが思い出すだけでムカっ腹が立つので辞めておきます。

とりあえずを裏切り者と罵られましたが退職が決まったので良しとしましょう。
[PR]
by sakelife | 2007-09-04 12:39 | Success story~転職記~

求職者のお盆


お盆休みは土日休みも含めて四日間合ったのですが微妙に休んだ気がしませんでした。

休めなかったのは女房が仕事なので土日は子守で潰れました。
なのでいつもどおりの休日なんですがいままでとは違うことがあります。

ハローワークでの職探しです。

そうです。
世間はお盆休みでも月曜日などの平日ならハローワークはやっているのです。
このチャンスを逃す手はありません。
午後は子供を保育園に引き取り行ったりサボり気味の掃除とかをするので両日とも午前中だけの勝負ですがお盆期間なので求人も増えることはないでしょうから十分でしょう。
この時期に求人かける会社には勤めたくありませんしね。

以前、良い求人があって一週間ぐらいして行ったら既に求人を締め切っていたという苦い思いをしたので今回は前日迄でに募集している求人をピックアップしなくてはいけません。

何社かにめぼしをつけてハローワークに望んだのりですが、結局一社だけなんとか募集もしたままで私の希望に限りなく近いものが残っていました。

それでもこれだけ近いものは滅多にお目にかかれるものではありません。
通勤に千葉県が誇るある意味究極の沿線「京葉線」を使うのが問題ですがこの際、目をつぶるとしましょう。風が吹かなければ良いのです。

それでも譲れない点はばっちりです。

土日祝の休み、通勤時間一時間圏内(電車、徒歩のみ)、日勤のみ、残業時間は月二十時間以内、福利厚生をちゃんとする。

かなり贅沢な条件ですがハローワークとかに限らず結構こういった求人はあることはあるのですね。

ただ、家族経営が多いのです。

私は家族経営の会社と自衛隊だけはお勧めしません。
自衛隊は転勤が多いのと夜勤が不満ですが、家族経営は気分で就業規則が変わるのです。

その上で珍しく女房も休だった日に無理やり出勤された挙句、

「子供をプールとかに連れて行かなきゃ駄目だ」

とか

「お盆は墓参りに行かないと駄目だ」


とか

「休みは何処か行ったのか?」


と言われながら滅多にない外部での作業をさせられるのです。

もううんざりです。

今日は見つけた会社に電話して面接日を決められる予定です。
まだ求人しているといいな。
[PR]
by sakelife | 2007-08-16 12:47 | Success story~転職記~

嫌がらせ


退職の方向へといろいろと動いているのですが肝心の次の職が見つからないのですが、
そんな私に毎日のように求人を紹介してくれるのが転職サイトのいいところです。

暇を見つけては求人チェックに余念が無いのですが、この求人だけはムカつきました。


http://employment.en-japan.com/search/desc_job.cfm?return_url=sp&WorkID=106624


いや、それは過ぎた道なんです。
まして年齢に引っかかるではないですかね?

そんな訳で今夜も求人サイトを彷徨います。
[PR]
by sakelife | 2007-07-26 22:43 | Success story~転職記~